« 2008年10月15日 | トップページ | 2008年10月29日 »

2008年10月22日

 スペイン語翻訳者になろう vol.094

 おはようございます。アースです。
 まだ暑いような日もありますが、徐々に秋も深まっているようですね。
 我が家の近くの金木犀も、ほのかな香りを放っています。
 むかししばらく住んでいたことのあるM市には、金木犀が
 あちこちの家のお庭にありました。一家に一本あるのでは?
 というくらい。当時わたしはバイクで移動していたので、
 強烈な香りがヘルメットの中にこもって頭がガンガン。
 それ以来、金木犀の香りはほんの少しでも苦手になってしまいました。
 まるで、大好きだからというのでポテチを山ほど食べて最後には
 嫌いになってしまったときのような悲しさです。(ポテチはいまでも
 好きですが)

 さて、きょうは久しぶりに「調査力を磨こう〜会話de調査〜」を
 お送りします。そのあと、読者の皆様にセミナーに関するアンケートを
 お願いしております。ぜひご協力くださいね。

 ==<もくじ>===========================
   1) Web時代の翻訳術 〜調査力を磨こう〜会話de調査〜
   2) 開催するかもしれないセミナーに関するアンケート
 ==================================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ Web時代の翻訳術 〜調査力を磨こう〜会話de調査〜
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

翻訳者A(以下A):今回調査してみるワードは parasistema です。

翻訳者B(以下B):簡単だ!「システムのために」!・・なわけないですね。

A:そりゃあんまりでしょう。para- は「共存・近接」を意味しますから、せ
  めて「システムに類するもの」くらい言ってくれなきゃ。

B:そうですね、失礼。類似の例として辞書には、parasito(寄生虫)、
  parafrasis(意訳)等が載っています。

A:parasistema としては、西和辞典はもちろん、西西辞典にも載っていない
  ですよね。

B:仕方がないので、具体例を見ていきましょうか。

A:ヘレミアス(注:ベネズエラ人の両親を持つ英国出身のシンガーソングラ
  イター)のインタビュー記事に

  Estudie' en cualquier cantidad de colegios, porque de todos me
  botaban, me gradue de bachiller en Parasistema, en la noche
  (risas). Andaba con mi guitarra para todos lados, era un caso
  perdido, la oveja negra de mi familia, el tipo que no queria
  estudiar.

  とありました。

B:「(笑)」というのが苦手な私としては、(risas) が気になるところです
  が、それはいいとして(risas)、これを見ると、夜学のことみたいです
  ね?

A:そうですね。これ以外の例をざっと検索してみても「夜間学校」の意味で
  使っている例は多いようです。

B:ただ、ほとんどがベネズエラなんですよね。もしかしてこの意味で使うの
  はベネズエラ限定?

A:ベネズエラのケースを除外するために、「−Venezuela」を加えて、

  parasistema -Venezuela

  で Google 検索してみましょう(マイナスは半角で)。・・ええと、コス
  タリカの学校のページがありました。

B:どれどれ。あ、これ分かりやすいですよ。

  Para efectos del presente, el  Sistema Educativo Costarricense
  ha sido ordenado en tres componentes:
  el sistema regular que incluye el sistema formal(中略), sean,
  preescolar, primaria, secundaria (academica y tecnica) y
  universitaria;
  el parasistema de apoyo al sistema formal, que incluye la
  educacion de adultos  (primaria y media), la educacion especial,
  y la educacion parauniversitaria;
  y un subsistema de educacion no formal que involucra una amplia
  gama de opciones de estudio que no demandan los requisitos de la
  educacion formal y en la mayoria de  los casos no tienen
  reconocimiento del Estado.

  とあります。

A:つまり、まずは就学前・小中高大を含む sistema regular(正規のシステ
  ム)があり、次にその正規教育の補助的役割としての大人向けの教育や特
  別教育、大学予備校などがあり、さらにその下に行政に認可されていない
  ことの多い非正規教育機関がある、ということですね。

B:parasistema は、夜学かどうかはともかくとして、政府の認可を受けた学
  校ではあるようです。

A:ボリビアの例で

  El Parasistema de Educacion de Adultos, esta conformado por tres
  niveles que son: Educacion Basica Acelerada (EBA), Educacion
  Media Acelerada (CEMA) e Instituto Boliviano de Aprendizaje (IBA)

  などというものがあり、これなどは「成人教育」の意味みたいですね。

B:なるほど。ただ、夜学や成人教育の意味で使っている場合は訳すのも楽で
  すけれど、それ以外の意味で使われているらしい例も多いんですよね。

A:それが問題なんです。ベースは最初に言った「システムに類するもの」だ
  と思うのですが。

B:う〜ん、手ごわい。それでは、そのあたりは来週また考えることにしま
  しょうか?

A:そうしましょう。それまで、読者の皆さんも御自分で調査してみてくださ
  いね。

B:たくさんの例に目を通して、大体の感じに当たりをつけるだけでも調査感
  覚は養われますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│開催するかもしれないセミナーに関するアンケート
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、アース&ピーチです。

昨年4月に本メルマガの発行を開始して以来、わたしたちはのべ5回の
スペイン語翻訳セミナーを行い(東京4回、名古屋1回)、いずれも
大好評をいただいて参りました。

今春を最後に、半年ほど御無沙汰しておりましたところ、最近
「セミナーはもうやらないんですか?」の声をちらほらいただいて
おります。そこで、皆さんのご要望を探るべく、簡単なアンケートを
用意してみました。

ご協力いただける方は以下のアドレスにアクセスしていただき、ご記入を
よろしくお願い致します(「まぐまぐ!」サイト内に入ります)。

http://form.mag2.com/riohoutouc(アンケート募集は終了致しました)

アンケートに答えたからと言って、セミナーに参加しなければならない
というわけでは全くありませんので、気軽にお答えいただければ
幸いです(匿名可です)。

-[▽PR]-----------------------------------------------------------

 ■翻訳を学びたい人、読解力をつけたい人に最適の解説書、発売!■

   『スペイン語実務翻訳講座
      〜ちょくねりメソッドで確かな翻訳力をつけよう』

    〜本メルマガ発行人アース&ピーチの共著です〜

       ・A4サイズ・約130ページ
       ・定価4,000円(税込)
       ・当面はPDFファイルでのダウンロード発売

   ご予約・お申込みはこちらから
       →http://pie.vc/textbook/index.html
       ◆内容のサンプルが上記アドレスでご覧になれます◆

-----------------------------------------------------------[PR△]-

◆編集後記◆
ピーチです。
皆さんが達成感とか充実感を感じるのはどんな時でしょうか?
自分の場合はなんだろ〜?とあれこれ考えてみましたが、
やはり最大のものは、
「靴下の片割れをなくしたけれど、一応もう片割れを取っておいて、
数週間後とか数ヵ月後とかに、予想もしない場所から行方不明の片割れが
でてきたとき」
です。
いや〜なんという充実感でしょう!
こんなときは、あるべき姿(一対)に戻った靴下を並べて、
しばしニヤニヤニタニタしちゃいますね。
(「いい訳ができたとき」や「苦労した翻訳を無事納品できたとき」
などの答えを想像された方、期待(?)を裏切ってすみませぬ)

|
|

« 2008年10月15日 | トップページ | 2008年10月29日 »