« 2008年10月1日 | トップページ | 2008年10月15日 »

2008年10月8日

 スペイン語翻訳者になろう vol.092

 おはようございます。アースです。
 金融危機のニュースが毎日続いていますが、同じ話題をスペイン語、英語、
 日本語の3ヶ国語で追っているといろんなことに気がつきます。たとえば
 「救済」ということば。スペイン語は rescate を使っているのですが、
 英語は rescue と bailout の2つの言い方があります。動詞 bail の
 もともとの意味は「保釈する」。
 「しょうがないので金を払ってウォールストリートの連中を助けてやる」
 みたいなニュアンスなのでしょうか。
 スペイン語は rescate なのでそのまま「救済」と訳せばいいのですが、
 英語翻訳者さんは bailout と rescue を訳し分けているのだろうか?
 もし訳し分けるとすると bailout はどうしているのだろう・・?と
 気になる今日この頃です。(報道文ではすべて「救済」に統一して
 しまっているようで、つまんないですね。もっとも英和辞典には
 bailout=「政府による緊急救済」という意味が載っている
 ようですから、当然といえば当然ですが)

 さて、そういうわけで本日は bailout に関するちょくねりです。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇本日の課題
Las plazas de America Latina cerraron hoy con bajas, al igual que
Wall Street, pese a que la Camara de Representantes de Estados Unidos
dio su visto bueno a la iniciativa de rescate financiero disenado
por el Gobierno, ya que este hecho no disipo' los temores
a una recesion mundial.(EFE)

【構造図】
Las plazas de America Latina cerraron hoy con bajas,
  al igual que Wall Street,
  pese a que la Camara de Representantes de Estados Unidos
          dio su visto bueno
            a la iniciativa de rescate financiero
                      disenado por el Gobierno,
  ya que este hecho no disipo' los temores a una recesion mundial.

【語注】
Wall Street:ここでは「ニューヨーク株式市場」のこと
Camara de Representantes:(米国の)下院議会
dio su visto bueno: dar el visto bueno で「承認する、OKする」
rescate financiero:金融救済
disipo'<disipar:一掃する
recesion:景気後退、リセッション

【直訳】
米国の下院議会が政府によって策定された金融救済法案を承認したにも関わら
ず、ラテンアメリカ各国の株式市場はウォールストリート同様に下げて引けた。
この事実は世界の景気後退に対する不安を一掃しなかったからだ。

※plazas は辞書に「(食料品の)市場」などと載っていますが、「株式市場」
 を指すこともあります。ここももちろん las bolsas latinoamericanas の
 ことです。複数形ですから、「ラテンアメリカの各国市場」ということです
 ね。

※誰もが苦手とする iniciativa ですが、今回はまさに、辞書の語義をそのま
 ま使ってはいけないケースです。辞書にある「自発性、発意、主唱」等々の
 うち、いちばん近いのは「発意」かと思いますが、そのままでは使えませ
 ん。ここでは、起草はされたもののまだ議会で承認されておらず「法律」に
 なっていない状態、つまり「案(=発意)」に止まっている段階を
 iniciativa と表現しているのでしょう。

 今回の場合は「金融救済法案」か、日本のマスコミでよく使われている「金
 融安定化法案」、または法律の正式名称の「緊急経済安定化法案」としてし
 まってOKです。

【練り訳案1】
米国政府が策定した金融救済法案を米下院が承認したにも関わらず、ラテンア
メリカ各国の株式市場はニューヨーク市場と同様に下げて引けた。法案が承認
されても世界的な景気後退懸念は払拭されなかったためだ。

【練り訳案2】
米政府提出の金融安定化法案が下院で可決されたものの世界的な景気後退懸念
は払拭されず、ラテンアメリカ各国の市場はNY市場と同じく下落して引け
た。

※ya que 以下をどう処理するか難しいところです。案1のようにスペイン語
 の構造通りに訳すと、 esto hecho が「法案を下院が承認したこと」を受け
 ているので、全体としてちょっとしつこい感じになりますね。そこで案2で
 は「下院で承認」の部分をひとつにまとめてみました。

-[▽PR]-----------------------------------------------------------

 ■翻訳を学びたい人、読解力をつけたい人に最適の解説書、発売!■

   『スペイン語実務翻訳講座
      〜ちょくねりメソッドで確かな翻訳力をつけよう』

    〜本メルマガ発行人アース&ピーチの共著です〜

       ・A4サイズ・約130ページ
       ・定価4,000円(税込)
       ・当面はPDFファイルでのダウンロード発売

   ご予約・お申込みはこちらから
       →http://pie.vc/textbook/index.html
       ◆内容のサンプルが上記アドレスでご覧になれます◆

-----------------------------------------------------------[PR△]-

◆編集後記◆
ピーチノ介です。
秋ですね。
「天高く馬肥ゆる秋」の諺をはじめとして、
巷では「秋は太る」説が優勢みたいですが、
「はて、そうかなあ?秋ってほんとに太る?」
と思案してみたところ、思い当たりました。
どうやら、
「秋は太っちゃう〜」
という人のほとんどが、夏には食欲不振に陥って
痩せるタイプの人であるらしい・・ということに。
どんなに暑くてもまったく食欲が落ちない輩(誰?ぎくっ・・)
にとっては「太る季節はなにも秋だけじゃない」ってことです。

(前書きの高尚さに比べ、この後記のくだらなさ。
知的格差とはこのこと・・?)

|
|

« 2008年10月1日 | トップページ | 2008年10月15日 »