« 2008年7月9日 | トップページ | 2008年7月23日 »

2008年7月16日

 スペイン語翻訳者になろう vol.084

 おはようございます、ピーチです。
 さて、7月も早くも半ば。
 世間的には夏休みシーズン♪なのでしょうね(私たちには無縁ですが)。
 その間メルマガをお読みになりにくい方も多いと思いますので、
 来週からお盆休み明けまでの4回にわたって「アンコールシリーズ」
 ということで(「誰もアンコールなんてしとらんぞ」なんて言わないで
 くださいまし^^;)、メルマガ初期の読み物のなかから、翻訳道を志す人に
 是非読んでいただきたいものを選りすぐって再録します。
 毎号のメルマガで技能的な部分を磨いてきて頂いていることと思いますが、
 ここらでちょっと初心に帰って、「訳すということ」と改めて向き合って
 いただければと思います。
 既読の方も「もう読んだ」と思わずに、フレッシュな気持ちで再読してみて
 頂ければ嬉しいです。

 ==<もくじ>===========================
   1) 時事ワードをスペイン語で学ぼう【京都メカニズム】
   2) 実際に訳してみよう
 ==================================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ 時事ワードをスペイン語で学ぼう 【京都メカニズム】
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

洞爺湖サミットが終了しました。
皆さんはどのような感想を持たれたでしょうか?

さて、今号も地球環境がテーマです。

地球温暖化防止のためのさまざまな義務や努力目標を定めた
「京都議定書(Protocolo de Kioto)」のことは御存じですね。
今年は、同議定書の実効期間である第一約束期間(5年間)の
初年度にあたります。

京都議定書では温室効果ガス削減のための経済的手法として、
「京都メカニズム(Mecanismo de Kioto)」を導入しています。

これは、おおざっぱに言ってしまえば、

 「国や企業などが、別の国や企業が行った排出削減を
  自らの削減達成に換算することを可能にする仕組み」

のことです。大別して3つの仕組み(方法)が用意されています(後述)。

それでは、京都メカニズムに関連する用語で、ぜひ押さえておいて
いただきたいものを以下にいくつか紹介します。

もしも、意味をよく知らない用語があれば、御自分で調べてみてくださいね
(そのような小さな努力を惜しまない姿勢が翻訳者には必須ですので)。

排出権
credito de emision/derecho de emision/bono de carbono/bono verde

■排出権取引(ET)
comercio de derechos de emision/comercio de emisiones

■共同実施(JI)
implementacion conjunta/aplicacion conjunta

■クリーン開発メカニズム(CDM)
Mecanismo de Desarrollo Limpio(MDL)

認証排出削減量(CER)
Certificado de Reduccion de Emisiones/
Reduccion Certificada de Emisiones

初期割当量、割当排出量(AAU)
Unidad de Monto Asignado

排出削減単位(ERU)
Unidad de Reduccion de las Emisiones(URE)

欧州排出権取引制度(EU-ETS)
Esquema Europeo de Comercio de Emisiones(EECE)

注:■は、前述した「京都メカニズムが用意している3つの仕組み(方法)」
  です。

★お得情報★
私たちが編著者をつとめた『スペイン語経済ビジネス用語辞典』には、
このような環境関連用語も豊富に収録されています。
これからの時代、ますます重要性や必要性が高まってくる分野ですので、
是非参考にしてくださいね。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│ 実際に訳してみよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇El protocolo de Kioto contempla una serie de instrumentos que
permiten que los paises desarrollados cumplan con sus metas de
reduccion de emisiones de gases de efectos invernadero, con
flexibilidad y a un menor costo.
京都議定書は、先進諸国が柔軟に且つ低コストで温室効果ガスの排出削減目標
を達成することを可能にする一連の手段を見据えている。

◇Mediante el Mecanismo de Desarrollo Limpio (MDL) del Protocolo de
Kyoto, los paises desarrollados podran cumplir con sus metas de
reduccion de emisiones de gases de efecto invernadero materializando
en paises en vias de desarrollo, inversiones en proyectos que reducen
dichas emisiones.
先進諸国は、京都議定書のクリーン開発メカニズム(CDM)を通じ、開発途
上国の排出削減プロジェクトに投資することで、温室効果ガスの排出削減目標
を達成できるだろう。

◇Esto significa que una empresa chilena que disminuye sus emisiones
de CO2 puede vender esta "reduccion" a paises desarrollados que esten
obligado a emitir menos gases de efecto invernadero, generando
beneficios tanto economicos como ambientales.
これはつまり、あるチリの企業が二酸化炭素排出量を減らせば、その「削減分」
を、温室効果ガス排出削減義務を有する先進国に対して売却することができ、
経済・環境の両面で利することになるということだ。

◇En el Protocolo de Kioto, se fijan las metas de reduccion de
emisiones de gases de efecto invernadero (GEI). Para el periodo
2008-2012, los paises desarrollados deberan reducir el 5% de las
emisiones totales de GEI (Gases de efecto Invernadero).
京都議定書では温室効果ガス(GHG)削減目標が設定されており、
2008-2012年の間に先進国全体でGHG総排出量の5%を削減しなければなら
ない。

※単に「先進国は5%を削減しなければならない」と訳すと、まるで先進各国
 のどの国の数値目標も一律5%のように読めてしまいます。しかし実際には
 5%より多い国も少ない国もあり、「全体として5%」ということですの
 で、この事実に基づいて「全体で」と補足しました。

◆編集後記◆
アースです。
「衝動買い」とは無縁のわたしですが、ひとつだけ我慢できないものが
あります。それは「楽器」。ギターに始まって、オカリナ、複音ハーモニカ
(リードが2列になっているもの)等々。
十年ほど前には、トランペットを買ったことがありました。文部省唱歌
(ふるっ)程度は吹けるようになったのですが、独学では限界があり、
近くの中学生に安く譲りました。
その何年か後、こんどはサックスが欲しくなり、同じ過ちを繰り返しました。
サックスはまだ手元にありますが、やはり独学では限界があるのと、意外に
音が大きくて、田舎といえどもそれほど気楽に練習ができないのとで、
ごく稀に吹くだけの状態に(だからちっとも上達しない)。
そしてまた・・今度は「ドラム」がほしくなってきました。
どうしよう。買ってもいいですか?

|
|

« 2008年7月9日 | トップページ | 2008年7月23日 »