« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

 スペイン語翻訳者になろう vol.069

 おはようございます、ピーチです。
 前々号以来、アルゼンチン人シンガーソングライター&ギタリストの
 「アリエル・アッセルボーン氏」のコンサートについてお知らせして
 まいりましたが、今回はアリエル氏のブログをご紹介したいと思います。
   http://blog.arielasselborn.com/
 スペイン語で書かれていますが、su esposa(ハポネサです)が
 訳をつけてくれていますので、スペイン語中・上級者はもちろん、
 初心者の方々にも楽しく読んでいただけるページです。
 コンサート情報なども沢山載っていますので、ぜひご覧に
 なってくださいね。

            ★  ★  ★

さて、今号はふだんとは少し趣を変えて参ります。

本メルマガ発行開始から、あと1ヶ月でなんと1周年を迎えます。
そして「2007年度」は今号が最後の発行です。

これまで、スペイン語の実務翻訳を効率的に行うにあたって必要な
ありとあらゆる事柄をさまざまな切り口でお伝えしてまいりましたが、
いかがでしたでしょうか。今後も惰性に陥ることなく、新しい試みを
続けていきたいと思っていますので、どうぞ応援してくださいね。
もちろん厳しいご意見もお待ちしております。

この11ヶ月間に私たちは、メルマガ発行の他に計3回のセミナーと
期間4ヶ月の翻訳講座(セミナー含む)を開催してまいりました。
現在もまた、

 1)5月31日・名古屋にて「スペイン語翻訳力UPセミナー」開催
 2)スペイン語界初!本格的な「翻訳解説書」の発売

を目論んでおります。

1)の名古屋開催セミナーに関しては先週号でもお知らせ致しましたが、
今号の後ろの方にも掲載しましたので、興味のある方はぜひご覧ください。

 詳細は→http://www.pie.vc/course/index.html

3月の東京開催セミナーは、ネット調査と経済翻訳に絞ったものでしたが、
名古屋では初の開催ということもあり、ネット調査とスペイン語翻訳全般を
バランスよく網羅するものにしたいと思っています。

本メルマガでもいつもお送りしているネット調査や翻訳に関する講義を
「生で」聞くチャンスです。ぜひご参加くださいね。先着順ですので、
早めのお申し込みをお勧め致します。

メルマガではどうしても紙面の幅に制限があって情報を制限せざるを
得ないのですが、アース&ピーチ企画セミナーでは「惜しむことなく
すべてをさらけ出す講義」などと、いずれも大好評をいただいています。
そのぶん、講義を聞く方の皆さんは大変だと思いますが(笑)。

メルマガ、セミナー、翻訳講座のいずれも、私たちの目標はただひとつ。
「現場で通用するスペイン語翻訳力」を持った翻訳者さんを育てることに
あります。そのただ一点に注力したセミナー作りをしているからこそ、
このような感想をいただけるものと自負しています。

2)の「翻訳解説書」も、「現場で通用するスペイン語翻訳力」を
身に付けることを目標としたものであることに変わりありません。
詳細については近々改めてご紹介する予定ですので、ご期待下さいね。

皆さんが相応の能力を効率良く身につけ、一日も早く私たちの「同業者」
になってほしい、というのが私たちアース&ピーチの切なる願い。
まだ発掘されていない「埋もれた才能」はたくさんあるはずです。

以下に、3月のセミナーに出席してくださった皆さんのご意見・ご感想を
一部ご紹介します。これを読んで私たちの試みに参加していただき、
スペイン語翻訳者になるという夢を叶える人が一人でも多くなればと
願ってやみません(笑)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●「スペイン語翻訳者のためのネット調査術+PC講座」セミナー

◎普段は調査も訳も一緒くたにやっているので、改めて、調査方法を振り返っ
 てみられたのは、今後もっと効率的かつ正確に翻訳をしていくのに、役に立
 つような気がします。

◎日本語をしっかりと吟味すること(=専門用語では何と言うかを調べたり、
 特定の組織・分野での定訳を確認したり、複数の和訳の候補があるときに、
 その文脈で一番ふさわしいものを選ぶことなど)の重要性が分かりました。
 この部分を手抜きしていたから、自分のこれまでの翻訳は荒かったのだな、
 と分かりました。

◎これで完璧だと思った調査の仕方にも不備があったということもしばしば
 で、とにかく厳しい評価の仕方に満足しています。

◎調査→翻訳までの過程を具体的・実践的に示していただけた点、プロの技
 を教えていただけた点が満足でした。

◎前もってできることはすべて準備し、セミナー当日は事前提出課題の解説
 とPC調査術の伝授・質疑応答のみに時間を使っていたこと、セミナーの
 準備が万全だった点が満足でした。

●「プロ半歩手前の人のための実戦翻訳講座〜経済〜」セミナー

◎自分が全く意識せずに見過ごしていた大事なポイントや自分の癖について
 改めて気づくことがあり、今後の翻訳の作業に活かしていけることがいく
 つも見つかりました。

◎自身の訳を読み直して、意味が良くわからない、何か変だとうすうす感じ
 たところは案の定問題があった箇所でした。

◎いかようにもとれる原文を、意味のある翻訳にするために、日々経済に関
 する研鑽を積むことの重要性を、ひしひしと感じました。

◎商品になるかならないかの違いを指摘いただいたことが満足でした。

◎“事前課題の答えあわせ”ではなく、文章の中で登場した経済用語という
 か経済のしくみの大枠を整理して解説してもらえたのが助かりました。

◎課題に取り組んでいる最中はそれほど難しいと思わなくても、セミナーに
 参加すると自分の翻訳が丁寧でないことがよくわかり、いい刺激になりま
 す。

◎文章が伝えたいことの大枠と、個々の文章表現と、つねに両方を意識しな
 がら翻訳しなければいけないということを、今回も思い知らされました。
 簡単なことではないですが、講座ごとに進歩していけたらいいなあと感じ
 ております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   『 ス ペ イ ン 語 翻 訳 力 UP セ ミ ナ ー in Nagoya 』

  実務翻訳では必要不可欠な「インターネット調査術」と、正確で読み
  やすい「商品としての訳文」を作るための翻訳術を学ぶセミナーです。
  実際にネットに接続しての「検索実演」や、事前課題を用いた訳文の
  細かい検討など、生の講義ならではの体験を存分にしてください。

  これまでのアース&ピーチ企画のセミナーに出席していただいた方か
  らは、「こんなに充実した講座は初めて」「実践的で非常に役に立っ
  た」から、「時間が短すぎる」との苦情(?)まで、大好評をいただい
  ています。「現場で通用する翻訳力」を鍛えるというただその一点に
  注力した私たちの講座に、あなたも参加してみませんか?

  近県・近府からのご参加も大歓迎です。

   開催日時: 2008年5月31日(土) 13:30 〜 16:30
   場所  : 名古屋国際センター(名古屋駅から徒歩約7分・
         地下鉄桜通線「国際センター」駅すぐ)
   申込締切: 2008年4月20日
   対象者 : 実務翻訳者を目指している方、インターネットを用いた
         翻訳調査スキルを極めたい方、自然な訳文が作れるよう
         になりたい方など。

     ◆当日のセミナーに加え、事前提出課題があります。
     ◆定員を超える場合は、先着順とさせていただきます。

   詳細・お申し込みはこちら→http://www.pie.vc/course/index.html

   ※前回までのセミナーの様子はこちらでご覧になれます。
     →http://www.pie.vc/report/course_report01.html(7月)
     →http://www.pie.vc/report/course_report02.html(11月)

◆編集後記◆
アースです。
土井さんの国際宇宙ステーション(ISS)での任務が無事終わり
ましたね。無重力でブーメランを飛ばす映像、絶対見たかったのに、
NASAのケチ!ぷんぷん。
大方の科学者が予想しているように、螺旋を描きながら上昇していく
とわたしも思ったのですが、報道では「戻ってきた」という表現に
なっており、非常に気になるところです。
スペースシャトルとISSがドッキングした瞬間(といっても数時間
かかりましたが)、わたしはNASAテレビをずーーっと口を開けて
見ていました。
http://www.nasa.gov/multimedia/nasatv/index.html
では、常に「ライブ」映像が流されているんですよ。すごい時代に
なったものです。しかし、うーん。映像だけでは物足りない・・

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.068

 おはようございます、アースです。
 けさ、今年はじめて聞きました!ウグイスの声。
 この時期のウグイスの鳴き方はまだヘタヘタで、一瞬なんの鳥か
 わからないくらい。でも春が近づいているんだなぁ〜(^^)。
 チューリップさんたちもぞくぞくと芽を出しているし、
 なんだかウキウキします。
 空気がピンと張った冬の朝も大好きだけれど、
 麗らかな春の朝も大好き〜。
 何かをやろう!という気がもりもり湧いてきます。
 というわけで本号ではなんと、名古屋セミナー開催のご案内を
 しております。ぜひご覧下さいね。
 では68号です。

  ==<もくじ>=======================
    1) RSSで新聞記事をつまみ食いしよう
    2) 名古屋開催セミナーのご案内
  ==============================

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ RSSで新聞記事をつまみ食いしよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日々の翻訳の学習の中で、すべての皆さんが悩んでいる点といえば、
おそらく「できるだけ毎日、できるだけたくさんの原文を読みたいけれど、
難しい!」ということでしょう。

私たちはセミナーなどの受講生さんに対して、「少量の原文を
とことん追求する場面とは別に、細部にはこだわらなくていいので、
とにかく大量の文章に触れる」機会を設けると良いですよ、
といつも言っています。

かくいう私たちも、仕事でもない限り、自主的にはなかなかスペイン語の
文章を読む気にならないものです。いえ、スペイン語とは限らないかも
しれません。例えば日経新聞のM&Aに関する記事を毎日読もう!と
決心したとしても、ふと気がつくと3日分たまっていたりします。
(そこにも、ほら・・)

紙の新聞は、広告の下に埋もれたり鍋の下に敷かれたりした時点で
視界から消えてしまうし、ネット上の新聞などは、自分からそのページに
アクセスするまで目の前には出てきてくれません。

たとえばスペインのABC紙のサイトに毎日アクセスして全体をざっと一瞥
するだけでも、スペイン語に触れるという点ではかなり有効なのですが、
なかなか毎日行くのは難しいし、面倒ですよね。情報ソースが偏るという
点でも、ちょっと気になるところです。

そこで、きょうは「とにかく毎日さまざまなスペイン語に触れる」
きっかけになりそうなものをご紹介します。

このメルマガをきっちり読んでいる皆さんは、すでにかなりの Google の
使い手になっていることと思います(?)。翻訳で発生した疑問を解決する
のに日々大活躍の Googleですが、おそらく、ふだんは

 

http://www.google.co.jp/

をそのまま使っていらっしゃる方が大半でしょう。もちろんこれでも
十分に使用に耐えますし、検索するだけならそれほど問題はありません。
でもきょうご紹介するのは、別の機能。iGoogle です。

具体的なやり方は、ここで説明するより、おそらく

 

http://www.google.co.jp/help/ig/product/

で見ていただいた方がわかりやすいでしょうから、やってみたいと
思われた方は、後でそちらをご覧ください。

ここではRSSという機能が使われており、「複数のサイトの
最新見出し一覧」を作ることができます。

RSSをご存知でしょうか?これは Rich Site Summary の略で、
ぐちゃぐちゃとした説明をすべて省いて一言で言うと、「あるサイトの
最新見出しを勝手に取りに行って表示してくれる」ものです。

だから、目的のサイトが更新されたかどうかを自分でいちいち見に行く必要は
ありません。表示された見出しが新しくなっていて、それが気になったら、
クリックしてそのサイトに行けばいいのです。

Yahoo のトップにある「トピックス」なども、常に最新のトピックス
タイトルが表示されますが、あれは膨大なニュースの中から一部だけを、
しかも Yahoo さんが選んだものですので、自分の目的の分野が表示されるとは
限りません。それに日本語だけですし。

だからこれをカスタマイズしちゃおう、スペイン語も入れてしまおう、
というのです。

iGoogle では、好きなだけの数の「コンテンツ」をひとつのページに
一覧表示させることができます。この場合の「コンテンツ」とは、例えば
「ある時点の日経新聞の記事見出し」や「ある時点のABC紙の記事見出し」
のこと。お天気やゲームなんかもあります。

 

http://www.google.co.jp/ig?hl=ja

を見ていただくと、なんとなく感じがつかめるかと思います。
このひとつの枠が、ひとつの「コンテンツ」です。(このページは
カスタマイズ前のものです)

例えば私(アース)の場合ですと、常に日米欧の9つの新聞や通信社の
最新記事のタイトルをいくつか表示するように設定しています。ちょっと
長くなりますが、以下のような感じです(15日時点)。

【El Economista - Todas las noticias】
Colombia pide investigar relacion mexicanos-FARC
Tratado de ajedrez al estilo Da Vinci
Chihuahua: temperatura hasta 43 grados
No se ha roto el dialogo con sindicato: UAM
Decomiso historico en Colombia; Mexico, su destino

【ELPAIS.com - Ultima Hora】
El PP recupera un senador por Tenerife a costa de CC tras un segundo
recuento del voto emigrante
Gasol se lesiona el tobillo izquierdo
Warhol revive en Nueva York con sus 'Diez retratos de judios del siglo
XX'
Campesinos guatemaltecos secuestran a cuatro turistas belgas

【asahi.com】
立山の雪の下、熱帯植物の種 外国人観光客の靴に付着か
名神高速で1人死亡、3台絡む追突事故 愛知
女子中学生が自殺、携帯メールが原因か 秋田
臨界隠しの志賀原発、運転再開申し入れ 今月にも試運転
缶コーヒーの指紋が決め手 連続空き巣容疑逮捕

【Bloomberg On The Economy】
Crescenzi Sees Opportunities in Muni, Corporate Bonds
Soss of Credit Suisse Says US Probably in Recession
Boren Says US Must Endeavor to Foster Bipartisanship

【Reuters: ビジネス】
Bスターンズの流動性が大幅悪化、NY連銀がJPモルガン通じ緊急融資枠
世界の不均衡是正に向け、経常赤字国通貨の下落が必要=英中銀副総裁
再送:政府は武藤氏以外で日銀総裁候補を調整へ、民主の意向を反映も
米経済は深刻なリセッションに陥る恐れ=NBER所長
米国株式は大幅反落、Bスターンズへの緊急融資でクレジット懸念再燃
・・・

これらが横3列×縦3列にコンパクトにまとまっているので、17インチの
モニターなら、9つの新聞・通信社のタイトル(約5つずつ)を
なんとか一瞥できます。

このうち、例えば El Economista の Chihuahua: temperatura hasta
43 grados の記事にぴぴ〜んと来たら、これをクリックすれば、
El Economista のまさにその記事のページに一直線、というわけ。

iGoogle を、自分の使っているブラウザの「ホームページ(ブラウザを
立ち上げたときに最初に表示されるページ)」にしておけば、毎日
ブラウザを立ち上げたときに、スペイン語のタイトルが否応無しに
目に飛び込んできます。

「タイトルだけ」というのがいいのです。たとえば El Mundo 紙に行けば
大量のスペイン語がそこにあることはわかりきっていますが、見ているだけで
溺れてしまいそうですよね。でも、日本語や英語の間にちょこちょこあるだけ
なら、「読んでやるか」という気になります(傲岸不遜?)。

そうしてスペイン語のタイトルを毎日一瞥するだけでも、かなりの効果が
あると思います。見出しというのは省略されていてわかりにくいですから、
最初は何を言っているかちんぷんかんぷんかもしれませんが、毎日
目にするうちに、そのうち何となくわかってくるはず。それに、タイトルの
意味がわからないと、かえって中身が読みたくなるものです。

たとえばいまもちらっと見たところ、Plan B para Semana Santa という
記事がありました。「聖週間の従来とは違う過ごし方」とでも言いたい
のでしょうか、真相を知るためについ読みたくなります。

その記事が長すぎたり難しすぎたりして挫折したとしても、
べつにいいんです。次の新たな記事に飛べばいいのですから。
最初に言いましたように、ひとつの文章に集中すべきときもありますが、
「いまは適当につまみ食いする時」と決めたら、とことんつまみ食いに
徹しましょう。「つまみ食い」も積もれば山となるときが
きっとやってきます。

※きょうご紹介した機能を使うには、まず Google アカウントを取得しなけれ
 ばなりません。Google はいや!という方は、他の Yahoo などでも同じよう
 なサービスをしていますので、そちらで試してみてください。基本概念は
 まったく同じです。

※iGoogle の「コンテンツ」は、例えば El Economista なら同紙自らが配信
 しているものが基本です。
 http://www.google.co.jp/ig?hl=ja
 上記のページ左下にある「トップニュース」は、Google 自身が配信してい
 るニュースのようですね。これらの他にも何千何万(?)という企業や個人が
 コンテンツを提供しており、iGoogle にログイン後、その中から選択して
 「コンテンツを追加」することで、自分の iGoogle のトップページに加え
 ることができます。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│ 名古屋開催セミナーのご案内
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガの発行開始から10ヶ月。私たちはすでに4回にわたって
スペイン語翻訳セミナーをお届けしてきました。

しかし!その開催場所はいつも東京でした。

メルマガ読者の皆さんは全国津々浦々、いえいえ、世界中に散らばっている
というのに、それでいいの? スペイン語のプロ翻訳者になりたい人たちは、
首都圏以外にもいるんです!・・・という至極当然な声にお応えして、
「アース&ピーチ企画セミナー」は、ついに東京から飛び出すことに
しました。

今年5月31日(土)、名古屋市にて、「スペイン語翻訳力UPセミナー」を
開催いたします。今回は自身も地方出身・地方在住の翻訳者であるアースが、
これまで東京で行ってきたものと同レベルの高品質な講座をお届け致します。
会場はJR名古屋駅からごく近い場所ですので、名古屋市のみならず近郊・
近県(府)からのご参加も心よりお待ちしております!

 ※すぐにも申し込みたい!もっと詳しいことが知りたい!という方は
  こちらへどうぞ
     →http://www.pie.vc/course/index.html

          ★☆ セミナー概要 ☆★

   『 ス ペ イ ン 語 翻 訳 力 UP セ ミ ナ ー in Nagoya 』

  実務翻訳では必要不可欠な「インターネット調査術」と、正確で読み
  やすい「商品としての訳文」を作るための翻訳術を学ぶセミナーです。
  実際にネットに接続しての「検索実演」や、事前課題を用いた訳文の
  細かい検討など、生の講義ならではの体験を存分にしてください。

  これまでのアース&ピーチ企画のセミナーに出席していただいた方か
  らは、「こんなに充実した講座は初めて」「実践的で非常に役に立っ
  た」から、「時間が短すぎる」との苦情(?)まで、大好評をいただい
  ています。「現場で通用する翻訳力」を鍛えるというただその一点に
  注力した私たちの講座に、あなたも参加してみませんか?

   開催日時: 2008年5月31日(土) 13:30 〜 16:30
   場所  : 名古屋国際センター(名古屋駅から徒歩約7分・
         地下鉄桜通線「国際センター」駅すぐ)
   申込締切: 2008年4月20日
   対象者 : 実務翻訳者を目指している方、インターネットを用いた
         翻訳調査スキルを極めたい方、自然な訳文が作れるよう
         になりたい方など。

     ◆当日のセミナーに加え、事前提出課題があります。
     ◆定員を超える場合は、先着順とさせていただきます。

   詳細・お申し込みはこちら→http://www.pie.vc/course/index.html

   ※前回までのセミナーの様子はこちらでご覧になれます。
     →http://www.pie.vc/report/course_report01.html(7月)
     →http://www.pie.vc/report/course_report02.html(11月)

◆編集後記◆
ピーチです。
先週号の本メルマガに掲載した、アリエル・アッセルボーン君のソロ・
コンサートの案内記事に関しまして、1つ訂正があります。
アリエル君は現在日本にお住まいだそうで、「来日記念コンサート」では
ないのだそうです。
嗚呼・・・わたしのうっかりミスでございます。
アリエル君、関係各位、そしてメルマガ読者の皆様、申し訳ありません
でした。お詫びして訂正させて頂きます。
日本を拠点に活動されているということで、ますます親近感がわきますね!
ご興味とお時間のある方は、ぜひぜひコンサートにお運び頂ければアリエル
君もわたしも喜びます♪(ピーチが喜ぼうが悲しもうがどうだっていいっ
と思われることとは存じますが^^;)

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.067

 おはようございます、アースです。
 先週の土曜日、ネット調査と経済翻訳のセミナーが無事終了しました!
 1人でほぼ5〜6時間しゃべりましたが、皆さんの「やる気満々な顔」
 に支えられ、最後までわたしも倒れることなく(?)続けられました。
 午後は座って話そう・・と密かに考えていたのですが、結局最後まで
 立ちっぱなしで気力も衰えず、大満足の一日となりました。
 受講生の皆さんも同じように感じていてくださるといいな。
 さてそういうわけで、某ド田舎に帰って参りました。さ、さむい・・
 まだ雪がたっぷり残っています。それでも、上京した時よりは
 少し春のにおいがするかなあ・・

 そろそろ本論に入りましょう。しつこく餃子問題の3回目ですが、
 今回はちょっとした試みがありますので、お楽しみに。
 メルマガ後半には素敵なお知らせもありますよ!

  ==<もくじ>=======================
    1) 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
    2) 「アリエル・アッセルボーン」来日公演のご案内
  ==============================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

-[PR]-----------------------------------------------------------
★メルマガ「SOHOさんのための確定申告講座」
  平成19年度の確定申告を自力でやりたい!とお考えのSOHOさん
  のための講座です。おかあちゃん税理士の直井利恵が、初めて申告
  されるという方にも親切にわかりやすく解説いたします。
  購読申し込みはこちら: http://www.mag2.com/m/0000250636.html
----------------------------------------------------------[PR]--

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇本日の課題
Tanto los comerciantes del Chinatown de Yokohama, el mayor de Japon,
que suelen hacer su agosto en esta cita, como los entusiastas nipones
que disfrutan esta semana con los coloristas desfiles han visto caer
en un pozo el gozo anual de comerse este tipico manjar.(EFE)

【語注】
el mayor de Japon: Chinatown de Yokohama と同格、つまり同じものを指し
         ています。mayor の後ろには Chinatown が省略されてい
         ると考えると良いでしょう。
hacer su agosto :大いに稼ぐ
entusiastas   :熱狂者、ファン
esta semana   :直訳すれば「今週」ですが、ここでは「この週」、すなわ
         ち春節の週のこと。 
coloristas   :色とりどりの(形容詞)
disfrutar con...:〜を楽しむ
desfiles    :行列、パレード
caer en un pozo :忘れ去られる
manjar     :おいしい料理。este tipico manjar はいうまでもなく
         「餃子」のことです。

【構造図】
この文章は主語が長く、主動詞がなかなか登場しないので、構造がとりにくい
ですね。以下の図をご覧下さい。主語(主部)の部分が非常に長いのがよくわ
かります。主部のうち、(1)の que 節は comerciantes に、(2)の que 節は
entusiastas にかかっています。

(主部)
Tanto los comerciantes del Chinatown de Yokohama, el mayor de Japon,
      (1)que suelen hacer su agosto en esta cita,
como los entusiastas nipones
      (2)que disfrutan esta semana con los coloristas desfiles
(述部)
   han visto caer en un pozo
       el gozo anual de comerse este tipico manjar.

【直訳】
この会合でいつも大いに稼ぐ日本最大の横浜中華街の商店主たちも、今週色彩
豊かな行列を楽しむ日本人のファンたちも、この典型的な御馳走を食べるとい
う毎年の楽しみが忘れ去られるのを見た。

※cita:西和辞書には「約束」や「会合」や「引用」などと載っていますが、
 Real Academia Espanola の辞典を引くと、
  Reunion o encuentro entre dos omas personas, previamente acordado.
 とあります。つまり「何かをきっかけに人が集まること」の意味があるよう
 です。今回の場合も、前段落の celebracion del An~o Nuevo Chino、つま
 り新年のお祝い行事のことを言っています。練り訳ではそのように言ってし
 まったほうがわかりやすいでしょう。

※han visto caer en un pozo el gozo anual de: ver+直接目的語+不定詞
 で「〜が〜しているのを見る」の意味で、ここでは目的語が el gozo anual、
 不定詞句が caer en un pozo なので、無理やり直訳すれば「〜という毎年
 の楽しみが、井戸に落ちるのを見る」になります。上にある通り、caer en
 un pozo で「忘れ去られる」の意味ですから、全体としては「〜という毎年
 の楽しみが忘れ去られるのを見る」ということになります。gozo と pozo
 が連続して出てくることで、耳馴染みのよいリズム感がかもし出されていま
 すね。

【練り訳】
例年ならこの行事で大儲けをする日本最大の横浜中華街の商店関係者も、この
週は色とりどりのパレードに熱狂する日本人客も、代表的な御馳走である餃子
を食べるという毎年の楽しみをあきらめなければならなかった。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│ 「アリエル・アッセルボーン」来日公演のご案内
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Webデザイナー(有限会社ピエのHPの製作者)で、ピーチの友人でもある
木村信子さんから、「アリエル・アッセルボーン」来日公演のご案内です。
voz encantador の持ち主だということで、ピーチもぜひ行ってみたいと
思っております。皆様もいかがですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アルゼンチン・ブエノスアイレス生まれのギタリスト&シンガー・ソング
ライター、アリエル・アッセルボーン君のソロ・コンサートのご案内です。
繊細で柔らかな音色のギターと、一度聴いたら虜になる美声が魅力的な
アーティストです。

   アリエル・アッセルボーン ソロコンサート2008
   ギターと歌による「我が心のブエノスアイレス」

華やかなブエノスアイレス、そして南米大陸の光と風から生まれた歌の数々。
アストル・ピアソラの亡き父に捧げられた旋律「アディオス・ノニーノ」、
ラプラタ地方が誇る名曲「ラ・クンパルシータ」、大衆に愛されたギター界の
重鎮カチョ・ティラオ「ミロンガ・デ・ドン・タコ」、「澄み切った空」で
知られるキケ・シネシの「セラス・ベルダ?」など。ブエノスアイレスを
映し出すギターの音色のプログラム。

歌曲では、アルゼンチン南部のパタゴニア地方の民謡と、名峰「チャルテン」
のテーマほか、アリエル新作の大地への祈り歌「パドレ・バーロ」や
「11月の月」など美しい歌の数々を披露します。
アルゼンチンの大地のギターと歌声に包み込まれるひととき。

  ■4月19日(土)17:30〜 
   名古屋・広小路ヤマハホール
   チケット:前売3,000円(当日3,500円)
   ヤマハプレイガイド 052-201-5251
   または cardenal@y6.dion.ne.jp まで。

  ■4月26日(土)19:30〜
   東京・ルーテル市ヶ谷センター
   チケット:前売3,500円(当日4,000円)
   オフィス・カルデール 042-488-2687 またはメールで。
   http://www.arielasselborn.com/concert/index.html

オフィス・カルデナール(Office Cardenal)
TEL.&FAX.: (042)488-2687
E-MAIL: cardenal@y6.dion.ne.jp
Official site: http://www.arielasselborn.com

◆編集後記◆
ピーチです。
セミナーはおかげさまで無事終わりましたが、わたしのほうは風邪が治らず、
あまり無事ではありません。
風邪で一番影響を受けているのは、じつは体でなく、頭のようであります。
いまも英和辞典で単語を引こうとしてキーをたたきながら、
「あれ?数字が出る。どうしてアルファベットが出ないんだ?
もう壊れたのか?おいおい」
とひとしきり毒づいたあと、気づきました。
自分が向かい合っているものが、電子辞書ではなく、電卓であることに・・。
「壊れているのはあんただよ。『おいおい』といいたいのはこっちだよ」
電卓さんのそんなぼやきが聞こえてくるようです。

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.066

 おはようございます、ピーチです。
 いよいよセミナーが今週末に迫りました。
 参加者の皆様のご期待をさらに大きく上回るものを提供できるよう、
 今回の講師のアースは準備に全力投球中です。
 楽しみにしていてくださいね。

 さて、前号のメルマガについて、訂正があります。
 ちょくねりコーナーで
  「国内最大の中華街を擁する横浜で今週開催された春節の祝賀行事は〜」
 のように訳した個所ですが、中国文化にお詳しい読者様から、

 ・華人が「正月の行事」の期間として認識しているのは2月1日〜15日の
  「半月間ずっと」であり、実際、横浜の春節祝賀行事の開催期間は
  12月から始めて3月半ばまでである。

 という貴重なご指摘をいただきました。
 すなわち、前回の訳のうち、「今週」を「開催された」にかける訳し方は
 不適切で、「今週」はこの文章全体の述部である ha provocado に
 かかるように訳さなければならなかったという ことになります。
 お詫びして訂正致します。

 さて、今回も餃子問題の続きです。
 さっそく本題に入っていきましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇本日の課題
Todo comenzo' con una intoxicacion masiva hace una semana que afecto'
a un millar de japoneses, aunque las autoridades solo han confirmado
una decena de casos.
El Gobierno nipon atribuyo' la contaminacion masiva a
unas empanadillas importadas de China solo una semana antes de
la celebracion del An~o Nuevo Chino, con consecuencias predecibles.
(EFE)

【語注】
intoxicacion masiva:集団中毒
un millar de...  :「1000の」の意味ですが、「日本人きっかり1000人」
           ではなく、単に「大勢の日本人」のこと。
una decena de...  :これも「10の」ですが、きっかり10件の事件と言って
           いるわけではなく、「10件ほどの」という意味だと思
           います。
contaminacion masiva:正確には「(輸入餃子の)集団汚染」ですが、ここで
           は前の段落に出てきた intoxicacion masiva と同じこ
           とを指していることは明らかですから、日本語では訳を
           揃えたほうが良いでしょう。
empanadillas    :(小さな)エンパナーダ。ここではもちろん餃子のこと
           を指しています。
con consecuencias predecibles:「予見できる結果とともに」

【直訳】
すべては、大勢の日本人に影響を与えた一週間前の集団中毒で始まった。当局
は10件ほどの事例しか確認していないのだが。
日本政府は集団中毒の原因を、予見できる結果とともに、中国の新年祝賀行事
のわずか一週間前に中国から輸入された餃子にあるとした。

※この文章で最も難しいのは最後の con consecuencias predecibles ですね。
 上記の文章だけではわかりにくいのですが、この記事  http://www.soitu.es/soitu/2008/02/09/info/1202553578_970378.html
 の最後のほうに、日本と中国との長年の緊張問題について書かれている箇所
 があります。そのあたりから推測すると、「予見できる結果」とはすなわち、
 のちのち何らかの問題(おそらく外交問題でしょう)が引き起こされること
 を日本政府は重々承知していながら、中毒の原因は中国側にあると発表した、
 と言っているのではないかと思います。
  「日本政府は〜と発表した。その発表が引き起こす結果は明らかだ」
 のように、予見しているのが日本政府ではなく、「この記事の筆者」とする
 解釈もありえるかもしれませんが、文法的に見て con 以下は atribuyo' に
 かかっていますから、「結果が予見できる状態で日本政府は〜と発表した」
 と考えるのが妥当でしょう。
 もちろん、この部分を「予見できる結果とともに」のままにしておくと日本
 語ではまったく文意が通じませんから、適宜補ってやる必要があります。

【練り訳】
すべては一週間前の集団中毒から始まった。これにより多数の日本人が影響を
受けたが、当局は今のところ10件ほどの事件しか確認していない。
日本政府は、中国との何らかの問題が発生することを承知の上で、中毒の原因
は春節のわずか一週間前に輸入された中国製冷凍餃子だったと発表した。

◆編集後記◆
セミナー開催を前に、ピーチがぐいぐいプレッシャーをかけるので、
押しつぶされそうなアースです(うそ)。
それにしても東京は「暑そう」で、何を着ていけばいいやら、
悩み中です。「マトリックス」みたいな格好でいこうかしらん
(Tシャツの上にコート)。
というわけで今週末には上京します。通常のイヤホンではなくて、
ノイズキャンセリングつきのまじなヘッドホンをつけ、iPod を
聞きながら楽しそうに(=ニヤニヤ)歩いている人がいたら、
例によってわたしだと思ってください。

|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »