« 2008年3月12日 | トップページ | 2008年3月26日 »

2008年3月19日

 スペイン語翻訳者になろう vol.068

 おはようございます、アースです。
 けさ、今年はじめて聞きました!ウグイスの声。
 この時期のウグイスの鳴き方はまだヘタヘタで、一瞬なんの鳥か
 わからないくらい。でも春が近づいているんだなぁ〜(^^)。
 チューリップさんたちもぞくぞくと芽を出しているし、
 なんだかウキウキします。
 空気がピンと張った冬の朝も大好きだけれど、
 麗らかな春の朝も大好き〜。
 何かをやろう!という気がもりもり湧いてきます。
 というわけで本号ではなんと、名古屋セミナー開催のご案内を
 しております。ぜひご覧下さいね。
 では68号です。

  ==<もくじ>=======================
    1) RSSで新聞記事をつまみ食いしよう
    2) 名古屋開催セミナーのご案内
  ==============================

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ RSSで新聞記事をつまみ食いしよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日々の翻訳の学習の中で、すべての皆さんが悩んでいる点といえば、
おそらく「できるだけ毎日、できるだけたくさんの原文を読みたいけれど、
難しい!」ということでしょう。

私たちはセミナーなどの受講生さんに対して、「少量の原文を
とことん追求する場面とは別に、細部にはこだわらなくていいので、
とにかく大量の文章に触れる」機会を設けると良いですよ、
といつも言っています。

かくいう私たちも、仕事でもない限り、自主的にはなかなかスペイン語の
文章を読む気にならないものです。いえ、スペイン語とは限らないかも
しれません。例えば日経新聞のM&Aに関する記事を毎日読もう!と
決心したとしても、ふと気がつくと3日分たまっていたりします。
(そこにも、ほら・・)

紙の新聞は、広告の下に埋もれたり鍋の下に敷かれたりした時点で
視界から消えてしまうし、ネット上の新聞などは、自分からそのページに
アクセスするまで目の前には出てきてくれません。

たとえばスペインのABC紙のサイトに毎日アクセスして全体をざっと一瞥
するだけでも、スペイン語に触れるという点ではかなり有効なのですが、
なかなか毎日行くのは難しいし、面倒ですよね。情報ソースが偏るという
点でも、ちょっと気になるところです。

そこで、きょうは「とにかく毎日さまざまなスペイン語に触れる」
きっかけになりそうなものをご紹介します。

このメルマガをきっちり読んでいる皆さんは、すでにかなりの Google の
使い手になっていることと思います(?)。翻訳で発生した疑問を解決する
のに日々大活躍の Googleですが、おそらく、ふだんは

 

http://www.google.co.jp/

をそのまま使っていらっしゃる方が大半でしょう。もちろんこれでも
十分に使用に耐えますし、検索するだけならそれほど問題はありません。
でもきょうご紹介するのは、別の機能。iGoogle です。

具体的なやり方は、ここで説明するより、おそらく

 

http://www.google.co.jp/help/ig/product/

で見ていただいた方がわかりやすいでしょうから、やってみたいと
思われた方は、後でそちらをご覧ください。

ここではRSSという機能が使われており、「複数のサイトの
最新見出し一覧」を作ることができます。

RSSをご存知でしょうか?これは Rich Site Summary の略で、
ぐちゃぐちゃとした説明をすべて省いて一言で言うと、「あるサイトの
最新見出しを勝手に取りに行って表示してくれる」ものです。

だから、目的のサイトが更新されたかどうかを自分でいちいち見に行く必要は
ありません。表示された見出しが新しくなっていて、それが気になったら、
クリックしてそのサイトに行けばいいのです。

Yahoo のトップにある「トピックス」なども、常に最新のトピックス
タイトルが表示されますが、あれは膨大なニュースの中から一部だけを、
しかも Yahoo さんが選んだものですので、自分の目的の分野が表示されるとは
限りません。それに日本語だけですし。

だからこれをカスタマイズしちゃおう、スペイン語も入れてしまおう、
というのです。

iGoogle では、好きなだけの数の「コンテンツ」をひとつのページに
一覧表示させることができます。この場合の「コンテンツ」とは、例えば
「ある時点の日経新聞の記事見出し」や「ある時点のABC紙の記事見出し」
のこと。お天気やゲームなんかもあります。

 

http://www.google.co.jp/ig?hl=ja

を見ていただくと、なんとなく感じがつかめるかと思います。
このひとつの枠が、ひとつの「コンテンツ」です。(このページは
カスタマイズ前のものです)

例えば私(アース)の場合ですと、常に日米欧の9つの新聞や通信社の
最新記事のタイトルをいくつか表示するように設定しています。ちょっと
長くなりますが、以下のような感じです(15日時点)。

【El Economista - Todas las noticias】
Colombia pide investigar relacion mexicanos-FARC
Tratado de ajedrez al estilo Da Vinci
Chihuahua: temperatura hasta 43 grados
No se ha roto el dialogo con sindicato: UAM
Decomiso historico en Colombia; Mexico, su destino

【ELPAIS.com - Ultima Hora】
El PP recupera un senador por Tenerife a costa de CC tras un segundo
recuento del voto emigrante
Gasol se lesiona el tobillo izquierdo
Warhol revive en Nueva York con sus 'Diez retratos de judios del siglo
XX'
Campesinos guatemaltecos secuestran a cuatro turistas belgas

【asahi.com】
立山の雪の下、熱帯植物の種 外国人観光客の靴に付着か
名神高速で1人死亡、3台絡む追突事故 愛知
女子中学生が自殺、携帯メールが原因か 秋田
臨界隠しの志賀原発、運転再開申し入れ 今月にも試運転
缶コーヒーの指紋が決め手 連続空き巣容疑逮捕

【Bloomberg On The Economy】
Crescenzi Sees Opportunities in Muni, Corporate Bonds
Soss of Credit Suisse Says US Probably in Recession
Boren Says US Must Endeavor to Foster Bipartisanship

【Reuters: ビジネス】
Bスターンズの流動性が大幅悪化、NY連銀がJPモルガン通じ緊急融資枠
世界の不均衡是正に向け、経常赤字国通貨の下落が必要=英中銀副総裁
再送:政府は武藤氏以外で日銀総裁候補を調整へ、民主の意向を反映も
米経済は深刻なリセッションに陥る恐れ=NBER所長
米国株式は大幅反落、Bスターンズへの緊急融資でクレジット懸念再燃
・・・

これらが横3列×縦3列にコンパクトにまとまっているので、17インチの
モニターなら、9つの新聞・通信社のタイトル(約5つずつ)を
なんとか一瞥できます。

このうち、例えば El Economista の Chihuahua: temperatura hasta
43 grados の記事にぴぴ〜んと来たら、これをクリックすれば、
El Economista のまさにその記事のページに一直線、というわけ。

iGoogle を、自分の使っているブラウザの「ホームページ(ブラウザを
立ち上げたときに最初に表示されるページ)」にしておけば、毎日
ブラウザを立ち上げたときに、スペイン語のタイトルが否応無しに
目に飛び込んできます。

「タイトルだけ」というのがいいのです。たとえば El Mundo 紙に行けば
大量のスペイン語がそこにあることはわかりきっていますが、見ているだけで
溺れてしまいそうですよね。でも、日本語や英語の間にちょこちょこあるだけ
なら、「読んでやるか」という気になります(傲岸不遜?)。

そうしてスペイン語のタイトルを毎日一瞥するだけでも、かなりの効果が
あると思います。見出しというのは省略されていてわかりにくいですから、
最初は何を言っているかちんぷんかんぷんかもしれませんが、毎日
目にするうちに、そのうち何となくわかってくるはず。それに、タイトルの
意味がわからないと、かえって中身が読みたくなるものです。

たとえばいまもちらっと見たところ、Plan B para Semana Santa という
記事がありました。「聖週間の従来とは違う過ごし方」とでも言いたい
のでしょうか、真相を知るためについ読みたくなります。

その記事が長すぎたり難しすぎたりして挫折したとしても、
べつにいいんです。次の新たな記事に飛べばいいのですから。
最初に言いましたように、ひとつの文章に集中すべきときもありますが、
「いまは適当につまみ食いする時」と決めたら、とことんつまみ食いに
徹しましょう。「つまみ食い」も積もれば山となるときが
きっとやってきます。

※きょうご紹介した機能を使うには、まず Google アカウントを取得しなけれ
 ばなりません。Google はいや!という方は、他の Yahoo などでも同じよう
 なサービスをしていますので、そちらで試してみてください。基本概念は
 まったく同じです。

※iGoogle の「コンテンツ」は、例えば El Economista なら同紙自らが配信
 しているものが基本です。
 http://www.google.co.jp/ig?hl=ja
 上記のページ左下にある「トップニュース」は、Google 自身が配信してい
 るニュースのようですね。これらの他にも何千何万(?)という企業や個人が
 コンテンツを提供しており、iGoogle にログイン後、その中から選択して
 「コンテンツを追加」することで、自分の iGoogle のトップページに加え
 ることができます。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│ 名古屋開催セミナーのご案内
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガの発行開始から10ヶ月。私たちはすでに4回にわたって
スペイン語翻訳セミナーをお届けしてきました。

しかし!その開催場所はいつも東京でした。

メルマガ読者の皆さんは全国津々浦々、いえいえ、世界中に散らばっている
というのに、それでいいの? スペイン語のプロ翻訳者になりたい人たちは、
首都圏以外にもいるんです!・・・という至極当然な声にお応えして、
「アース&ピーチ企画セミナー」は、ついに東京から飛び出すことに
しました。

今年5月31日(土)、名古屋市にて、「スペイン語翻訳力UPセミナー」を
開催いたします。今回は自身も地方出身・地方在住の翻訳者であるアースが、
これまで東京で行ってきたものと同レベルの高品質な講座をお届け致します。
会場はJR名古屋駅からごく近い場所ですので、名古屋市のみならず近郊・
近県(府)からのご参加も心よりお待ちしております!

 ※すぐにも申し込みたい!もっと詳しいことが知りたい!という方は
  こちらへどうぞ
     →http://www.pie.vc/course/index.html

          ★☆ セミナー概要 ☆★

   『 ス ペ イ ン 語 翻 訳 力 UP セ ミ ナ ー in Nagoya 』

  実務翻訳では必要不可欠な「インターネット調査術」と、正確で読み
  やすい「商品としての訳文」を作るための翻訳術を学ぶセミナーです。
  実際にネットに接続しての「検索実演」や、事前課題を用いた訳文の
  細かい検討など、生の講義ならではの体験を存分にしてください。

  これまでのアース&ピーチ企画のセミナーに出席していただいた方か
  らは、「こんなに充実した講座は初めて」「実践的で非常に役に立っ
  た」から、「時間が短すぎる」との苦情(?)まで、大好評をいただい
  ています。「現場で通用する翻訳力」を鍛えるというただその一点に
  注力した私たちの講座に、あなたも参加してみませんか?

   開催日時: 2008年5月31日(土) 13:30 〜 16:30
   場所  : 名古屋国際センター(名古屋駅から徒歩約7分・
         地下鉄桜通線「国際センター」駅すぐ)
   申込締切: 2008年4月20日
   対象者 : 実務翻訳者を目指している方、インターネットを用いた
         翻訳調査スキルを極めたい方、自然な訳文が作れるよう
         になりたい方など。

     ◆当日のセミナーに加え、事前提出課題があります。
     ◆定員を超える場合は、先着順とさせていただきます。

   詳細・お申し込みはこちら→http://www.pie.vc/course/index.html

   ※前回までのセミナーの様子はこちらでご覧になれます。
     →http://www.pie.vc/report/course_report01.html(7月)
     →http://www.pie.vc/report/course_report02.html(11月)

◆編集後記◆
ピーチです。
先週号の本メルマガに掲載した、アリエル・アッセルボーン君のソロ・
コンサートの案内記事に関しまして、1つ訂正があります。
アリエル君は現在日本にお住まいだそうで、「来日記念コンサート」では
ないのだそうです。
嗚呼・・・わたしのうっかりミスでございます。
アリエル君、関係各位、そしてメルマガ読者の皆様、申し訳ありません
でした。お詫びして訂正させて頂きます。
日本を拠点に活動されているということで、ますます親近感がわきますね!
ご興味とお時間のある方は、ぜひぜひコンサートにお運び頂ければアリエル
君もわたしも喜びます♪(ピーチが喜ぼうが悲しもうがどうだっていいっ
と思われることとは存じますが^^;)

|
|

« 2008年3月12日 | トップページ | 2008年3月26日 »