« 2008年2月20日 | トップページ | 2008年3月5日 »

2008年2月27日

 スペイン語翻訳者になろう vol.065

 おはようございます、アースです。
 以前の「気が散る話」に書いたように、わたしの頭の中は「音」が
 最優先なので、ある音楽を聴くとその時代(とくに自分の状況)が
 さっとフラッシュバックします。故郷とはまったく違う雪景色が窓から
 見える今でも、ビリー・ジョエルの Just The Way You Are などを
 聴くと、受験勉強をしていたころが思い出されます。(トシがばれる?)
 冬の朝5時頃。
 暗く寒い部屋のなかで、ちょうど大学受験だった姉と一緒に、
 白い息を吐きながら問題集を解いている情景です。
 青春だなぁ〜。
 あのころのわたし、がんばれ〜!
 ついでに、いま大学・高校受験の生徒諸君もがんばれ〜!

 さて、現代に戻って、毒物餃子事件です(?)。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

-[PR]-----------------------------------------------------------
★メルマガ「SOHOさんのための確定申告講座」
  平成19年度の確定申告を自力でやりたい!とお考えのSOHOさん
  のための講座です。おかあちゃん税理士の直井利恵が、初めて申告
  されるという方にも親切にわかりやすく解説いたします。
  購読申し込みはこちら: http://www.mag2.com/m/0000250636.html
----------------------------------------------------------[PR]--

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇本日の課題
Una intoxicacion masiva de gyozas(empanadillas) congeladas
importadas desde China ha provocado esta semana un notable descenso
de afluencia a las celebraciones del An~o Nuevo chino de Yokohama,
la ciudad que acoge el mayor chinatown de Japon.(EFE)

【語注】
intoxicacion masiva:集団中毒
empanadillas    :(小さな)エンパナーダ。ここではもちろん餃子の
           ことを指しています。
notable descenso  :著しい低下、激減
celebraciones   :複数形で「祝賀(記念)行事」の意味があります。
An~o Nuevo chino  :中国の正月、すなわち、春節(旧正月)のことです。

【直訳】
中国から輸入された冷凍餃子の集団中毒が今週、日本で最大の中華街を収容す
る街である横浜の、中国の新年祝賀行事への流入の著しい減少を引き起こした。

※afluencia の辞書の代表的な語義としては「流入」「流れ」「殺到」などが
 ありますが、少々抽象的ですね。それよりも、小学館の西和辞典にある
 「(人・ものが)沢山はいってくること[量]」という訳語が参考になりま
 す。つまり、来訪者数のことを指しているわけです。例年なら「流れ込むよ
 うに殺到」していた客足が、今年は餃子騒ぎによって激減してしまった、と
 いうことです。

※acoger を西和辞典で引くと、まず「迎える」「受け入れる」「保護する」
 などの意味が載っていますが、この場合一番近いのは、語義の一番下のほう
 に身を潜めている「収容する」でしょう。ただ、練り訳ではこの訳語をその
 まま使えませんので、ひと工夫が必要です。

【練り訳:案1】
中国製の輸入冷凍餃子による集団中毒の影響で、国内最大の中華街を擁する横
浜で今週開催された春節の祝賀行事は、客足を大きく減らした。

【練り訳:案2】
中国製の輸入冷凍餃子による集団中毒の影響で、横浜で今週開催された春節行
事への来訪者数は激減した。横浜の中華街は国内で最大の規模を誇る。

【練り訳:案3】
国内最大の中華街を擁する横浜で、今週、中国の旧正月の祝賀行事が開催され
たが、中国製の輸入冷凍餃子による集団中毒が原因で、来訪者数は激減した。

◆編集後記◆
ピーチです。
二月は逃げる月と言いますが、ほんとに短かったです。
ということで、今回の後記も二月に負けないくらい短いです(・・・)
次回お目にかかるのは、もう三月!
皆様、残り少ない二月を楽しんでくださいね。
(冬命のわたしは、二月との別れがさびしいです(;;)

|
|

« 2008年2月20日 | トップページ | 2008年3月5日 »