« 2008年2月13日 | トップページ | 2008年2月27日 »

2008年2月20日

 スペイン語翻訳者になろう vol.064

 おはようございます。ピーチです。
 前にも書いたとおり、現在「カラマーゾフの兄弟」の新訳(全5冊)を
 果敢に読書中でありますが、何せ1冊あたりが分厚いのと、内容を味わう
 (・・・といえば聞こえがいいが、要は難解箇所を理解したり、ずっと
 前のほうの内容を思い出したりする)のに時間がかかるのとで、読了はまだ
 先になりそうです。
 そんななか書店に行ったら、「漫画版カラマーゾフの兄弟」なるものが
 売られていました。
 いったい何分冊なんだろう?と調べてみたところ、なんと「全1巻」だった
 ようです。
 あの内容を1冊で・・・!!?(しかも、漫画)
 どんなストーリーになっているのだろう?
 ドストエフスキー先生にこの事実を知られたら、日本に悪霊を送りこまれ
 ないだろうか?
 「故人なのだから大丈夫さ」とお考えの方、読みが甘いです。
 彼はこの瞬間にも、千の風になって日本中の書店を検閲しているのかも
 しれないのですから。

 ・・・と、tontisimaな話はここまでにして、今号も学びどころ満載です。
 さっそくスタートしましょう。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  Web時代の翻訳術 〜調査力を磨こう〜
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【調査に使用できるサイト(その4)】

前回は、翻訳の際に「地図を使った調査がなぜ必要なのか」から、
翻訳において調査を行うことの効能についてお話ししました。きょうは
地図に話を戻し、具体的にサイトをご紹介します。

はるか昔の5月28日付け第9号「最低限必要な資料をそろえよう」では、
翻訳を行ううえで「大判の地図」があると良い、とご紹介しました。
これはもちろん、紙の地図の話です。

※第9号はこちらでご覧下さい。
http://espanol-traduccion.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/28/index.html

なんのかんの言っても紙の地図は液晶画面に比べて見やすいですし、
ページの行きつ戻りつが簡単なので、道路や川などをたどっていく際には
たいへん便利です。地図帳でなく、ぺらっと一枚の地図の場合ですと、
床に広げてその上にはいつくばって道をたどる・・ということも。
(うう、たのしい)

というわけで紙は紙なりの利点がいろいろとありますが、
きょうはネット上の地図をご紹介します。

ふつうネット上の地図というと、Yahoo! の地図や Google マップなどが
浮かぶと思います。確かに、あれらがなかったら、初めてのお店には
絶対行けな〜い。ので、使っている人も多いでしょう。

しかし Yahoo! も Google も、スペイン語圏の地図はデータがまだまだ
という感じなので、私は実際の仕事では使っていません(使えるケースも
あるでしょうけれど)。いちおうアドレスをお知らせしておきますと、

 

http://maps.google.es/maps?hl=ja&tab=wl
 http://espanol.maps.yahoo.com/

です。これで例えば Buenos Aires と検索してみると、いちおう
アルゼンチンの首都が出ては来るのですが、書いてあるのはせいぜい
幹線道だけで、とても300万都市の地図とは思えません。

さて、そこで私が愛用しているのは、multimap.com というサイトです。

http://www.multimap.com/map/places.cgi?client=M4&db=w3&width=700&height=400

左上の Town のところに Buenos Aires と入れて、"Find"してみてください。
世界地図の下に、なんと世界中の Buenos Aires が25ヶ所もリストアップ
されています。ショック!(これで Yahoo! や Google のデータが
不完全であることがわかると思います・・)

リストのひとつひとつをクリックすると、詳しい地図が出てきます。
これもかなり大ざっぱなものではありますが、お店を探すわけではないので、
これで十分役に立ちます。

私がもうひとつ愛用しているのは、「絞り込み方式」で目的地を探すサイト
Global Gazetteer です。

http://www.fallingrain.com/world/

に行きますと、ずらっと国の名前が並んでいますので、例えば Costa Rica
をクリックします。すると provincia を選べるようになっていますので、
例えば Puntarenas を選びます。すると今度は地名の頭文字を選ぶように
なっていますので、Bを選びます。このようにして次々と選択していくと、
最後には該当の地名のリストページにたどり着くのです。

問題の Buenos Aires が Puntarenas 州には2つあることや(!)、それらの
緯度と経度、標高などが示されます。大きな都市の場合は、近くの都市までの
距離とか、近くの空港、晴天率や降水量なんかが出てくることもあります。
(provincia や estado がわからない場合は、国名を選んだ次のページの
下の方にあるアルファベット選択から直接選んでいくこともできます)

いかがだったでしょうか。私が好きなのは、データがいろいろ入っている
Global Gazetteer のほうですが、仕事ではそこまで言っていられないので、
この2つを場合によって使い分けています。

おそらく私が知らないだけで、地図のサイトはもっとたくさんあると
思いますので、ご自分でも探してみてくださいね。そして使えるサイトが
あったら、ぜひご報告を(笑)!

◆編集後記◆
アースです。
今年は寒いけど雪が少ないなあと言ってたら、ドカッと
やってきました。早めに確定申告しに行こうと思ったのに、
とても無理!!道路の雪が減るまで待つしかないなあ。
(役場まで20km、管轄の税務署までは30km)
雪道で車が滑り始めたらどうするのかって?きっぱり「諦める」。
というのは半分冗談ですが、無理にあがいて状況を悪化させる
よりは、おとなしく止まるのを待つほうが良いです。このあたりの
人は雪道に慣れているはずですが、毎年必ず、車が田んぼに
落ちているのを見ます。路上で一回転している車も見たことが
あります。雪道、あなどるなかれ。

|
|

« 2008年2月13日 | トップページ | 2008年2月27日 »