« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

 スペイン語翻訳者になろう vol.061

 こんばんは、アースです。きょうは珍しく夜の発行です。
 今年の冬は寒いですけれど、それならそれで冬の楽しみがあります。
 きのうの朝、庭に出てみると、雪の上にぽちぽちとかわいい足跡が
 残っていました。
 ひとつは一見してわかるウサギの足跡。ふつうの四つ足動物とは
 異なる特徴的な配置で、「けんけんぱ」を逆さにしたような形です。
 もうひとつは、猫より一回り大きい四つ足の足跡。このあたりに
 野良犬はいないから、タヌキかキツネです。でも、しっぽを
 引きずった跡があったので、キツネとわかりました。
 ううむ、ひとが寝ている間に・・・

 さて、人間の世界に戻って第61号です。

  ==<もくじ>=======================
    1) 最新ワードをスペイン語で学ぼう 【バイオ燃料】
    2) 実例を見てみよう
  ==============================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ 最新ワードをスペイン語で学ぼう 【バイオ燃料】
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日は「バイオ燃料」関係のワードについて見ていきましょう。
「バイオ燃料」とは、Wikipedia を定義をお借りすると

 生物体(バイオマス)の持つエネルギーを利用したアルコール燃料、
 その他合成ガスのことで、二酸化炭素排出量が減ることから主に自
 動車を動かす石油燃料の代替物として注目されている。

です。

まず、「バイオ燃料」には biocombustible と biocarburante の
2通りの言い方があるようです。前者が中南米、後者はスペインで
使われていることが多いように思います。もうひとつ、biofuel と
いうのもありますが、この2つに比べると使用頻度は低いようですね。

おっと、その前にバイオ燃料を含む bioenergia(バイオエネルギー)
も覚えておきましょう。biomasa(バイオマス)から得られるエネルギー
全般を指すこともありますし、バイオ燃料と同義で使われることも
あります。

さて、バイオ燃料としては具体的にどんなものがあるのでしょうか。

 bioetanol   バイオエタノール
 biodiesel   バイオディーゼル
 biogas     バイオガス
 biogasolinera バイオガソリン
 biometanol   バイオメタノール
 biopetroleo  バイオ石油

ざっと検索したところでも、これだけ見つかりました。それぞれの
用途や特徴について興味のある方は、どうぞご自分で調査してみて
ください。ただしスペイン語で(笑)。

検索の過程で biopolimeros というのに当たり、調べてみたら、
「バイオポリマー」でした。これもある意味、バイオエネルギーと
言えるのかな??

それにしても、上記の単語群は現在の西和辞典にはほとんど載って
いません。この時代、それってちょっと寂しいなあ・・・

さて、次のコーナーでは長文の使用例を見てみることにしましょう。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│ 実例を見てみよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇本日の課題
A medida que avanza en el mundo la produccion de bioetanol y
biodiesel, para mezclar con naftas y apaciguar el poderio del
petroleo, se reduce la superficie cultivada de maiz, can~a de azucar,
soja y girasol destinada al consumo humano.

【語注】
A medida que...:〜につれて
naftas:ナフタ(ナフサ)。石油をガソリンに精製する途中でできる物質です
    が、とくに中南米では「ガソリン」の意味で使われます。
apaciguar:なだめる、おさめる
poderio:勢力、力
superficie cultivada:栽培面積
maiz, can~a de azucar, soja y girasol:トウモロコシ、サトウキビ、大豆、
    ヒマワリ
consumo humano:人による消費

【直訳】
ガソリンと混ぜるため、そして石油の勢力をなだめるため、バイオエタノール
とバイオディーゼルの生産が世界で進むにつれて、人の消費に向けたトウモロ
コシ、サトウキビ、大豆、ヒマワリの栽培面積が減少している。

※para mezclar con naftas y apaciguar el poderio del petroleo のあたり
 は直訳のままではおかしいので、文意をくみ取って適宜補足してやったほう
 が良さそうです。とくに apaciguar el poderio del petroleo は、「石油
 の勢力をなだめる」、つまり石油の使用量を減らすということを言っている
 のでしょう。

【練り訳:案1】
バイオエタノールとバイオディーゼルは、ガソリンと混合することで石油消費
量を減らせるため、その生産が世界中で進められているが、それにつれて人間
の消費用のトウモロコシやサトウキビ、大豆、ヒマワリの栽培面積が減少して
いる。

【練り訳:案2】
ガソリンと混合して使用することで石油消費量を減らせるため、バイオエタノ
ールやバイオディーゼルの生産が世界中で拡大しているが、それにつれて食用
のトウモロコシやサトウキビ、大豆、ヒマワリの栽培面積が減少している。

【練り訳:案3】
バイオエタノールとバイオディーゼルは、ガソリンと混合して使用することで
石油消費量を減らせるため、世界中で生産が拡大しているが、それによって食
用のトウモロコシやサトウキビ、大豆、ヒマワリの栽培面積が減少している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ★☆★ 3月8日開催セミナーのお知らせ ★☆★

    『スペイン語翻訳者のためのネット調査術+PC講座』

  実務翻訳では必要不可欠なインターネット調査術を生で学べる講座
  です。単なる検索術にとどまらず、調査する理由や検索結果の見極
  め方まで踏み込んで解説。PCコーナーでは、翻訳者として実務を
  行ううえで役に立つコンピュータスキルの一端をご紹介します。

    開催日時: 2008年3月8日(土) 10:00 〜 12:30
    場所  : 東京・渋谷
    申込締切: 2008年1月31日
    対象者 : インターネットを用いた翻訳調査スキルに興味がある方
          翻訳に役立つ効率的なPCスキルを知りたい方など

  ※申込締切は31日ですが、すでに残り「1名」となっております。
   お申し込みはお早めに!

   詳細・お申し込みはこちら→http://www.pie.vc/course/index.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆編集後記◆
ピーチです。
3月のセミナー、とても面白いものになりそうです。
アース氏は、調査術の課題をつくりながら、
「こんな問題を出されたら、大喜びで解いちゃう」
とうかれています。
そんな『スペイン語翻訳者のためのネット調査術+PC講座』の申し込み〆切が
明日に迫りました。
「残席1」だそうですよ。
お迷いの方は是非!
おススメです。

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.060

 おはようございます、ピーチです。
 寒い日々が続きますが、皆様お元気でしょうか?
 今日は、寒中見舞い代わりに(といってもこれでは全然暖は取れませんが)、
 プレゼントがあります。御好評いただいている、このメルマガの
 無料レポートを更新いたしました。最近のものを再読されたい方は
 ぜひお取り寄せ下さい。

 お申し込みはこちらから→http://www.pie.vc/

 さて、今号は初めての試み(?)で、アースとピーチが同時に語る雑記が
 ついています。
 題して「気が散らない雑記」・・・・名前を結合しただけじゃないか!
 芸がない!と怒られそうですが、中身は本当に一緒に書いたので、
 タイトルの安直さは御容赦くださいませ。

 それでは本題に入っていきましょう。

  ==<もくじ>=======================
    1) 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
    2) アースとピーチの気が散らない雑記
  ==============================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

-[PR]-----------------------------------------------------------
★メルマガ「SOHOさんのための確定申告講座」
  平成19年度の確定申告を自力でやりたい!とお考えのSOHOさん
  のための講座です。おかあちゃん税理士の直井利恵が、初めて申告
  されるという方にも親切にわかりやすく解説いたします。
  購読申し込みはこちら: http://www.mag2.com/m/0000250636.html
----------------------------------------------------------[PR]--

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇本日の課題
Las bolsas europeas tambien caian el lunes, con los inversionistas
decepcionados por el plan de reanimacion economica de 140.000
millones de dolares anunciado el viernes por el presidente de
Estados Unidos, George W. Bush, y temen lo peor para la economia
estadounidense.(AFP)

【語注】
bolsas europeas:欧州の株式市場。複数形ですから、各国それぞれの市場とい
       うこと。
decepcionados<decepcionar:失望させる
reanimacion:蘇生。経済の文脈では「再活性化」ということ。
       plan de reanimacion economica のまとまりで「経済刺激策」
       「景気刺激策」などとしてしまっていいと思います。

【直訳】
欧州の諸株式市場もまた月曜日に下落している。米国のジョージ・W・ブッ
シュ大統領によって金曜日に発表された1400億ドルの経済再活性化策に投資家
が失望したためだ。また株式市場は米国経済にとっての最悪を恐れている。

※con は理由とも付帯状況とも取れると思います(直訳では理由でとってあり
 ます)が、どちらにせよ訳しにくいですね。意味から考えれば、「市場に失
 望した」→「株式を売る」と容易に発想できますので、原文にはないですが、
 「売り」という言葉を入れてしまう方法もあります(練り訳案3を参照)。
 「売り」がなければ「下落」しないわけですから、場合によっては許せると
 いうところでしょうか。

【練り訳:案1】
欧州の株式市場も月曜日に下落したが、それは、米国のブッシュ大統領が先週
金曜日に発表した1400億ドルの経済刺激策に投資家が失望感を表し、米国経済
が最悪のシナリオを描くことを懸念したことによる。

【練り訳:案2】
米国のブッシュ大統領が先週金曜日に発表した1400億ドルの経済刺激策に対す
る投資家の失望感、および米国経済が最悪の状態に陥ることへの不安感により、
月曜の欧州株式市場も下落した。

【練り訳:案3】
月曜日の欧州市場は、ブッシュ米大統領が先週金曜日に発表した1400億ドル規
模の景気刺激策に失望した投資家からの売りで下落。市場はいま、米国経済が
最悪の状態に陥ることを恐れている。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│ アースとピーチの気が散らない雑記
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私たちアースとピーチが執筆メンバーとなって製作した『スペイン語経済
ビジネス用語辞典』が発売されて、来月で一年を迎えます(祝!)。
この一年でどのくらいの数の方々にお求めいただいたのかはヒミツですが、
ユーザーさんたちからたまに寄せられるご感想にはいつも喜ばされ、
励まされています。

いままでいただいた代表的な感想としては、

 「必須ワードのみならず、こんなのあったらいいなというワードまで
  しっかり拾ってある」
 「用例がいい。別のケースにも応用できるし、その語の特徴をとらえやすい
  ものが選ばれている」
 「経済ビジネス辞典といいながら、純然たる経済とビジネスにとどまらず、
  幅広い分野を網羅していてすごい!」

などがありました。

そうしたご意見も当然とても嬉しかったのですが、私たちが辞書を書く
なかでもっとも力をいれていた「ある部分」に触れてくださる方が
いらっしゃらなかったのが少々さびしくもあったのです。。。

ところが、最近ご購入くださった方から以下のようなメールを
いただきました。これが私たちが狙っていたことをほぼ完璧に理解して
くださっている内容で、もう「落涙らくるいラクルイ・・・」
というくらい嬉しかったので、ご本人様の許可をとったうえで
紹介させて頂きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ついに電子辞書を買ってしまいました。
アースさんとピーチさんの6年間の努力の結晶の品、なんだか使うのが
もったいないような気がしましたが、使ってみると、すっごいです!
辞書じゃないみたいですよ。読み物みたいで。
本当に感動しました。
まさか、これは載っていないよねーと思うものでも、ちゃんと拾われていて、
電車の中とか時間の開いたときに、読んでいるだけでもためになりそうです。

(中略)

いやぁ、辞書を読んでいて、
私遠い目になっちゃいましたから・・・
ドンだけ調べものしたのーーー?!と。

(中略)

便利という域は超えていると思います。
外国語の辞書、特にマイナーな言語の場合、最低限の意味だけ書いてあって、
あとは自力で調べろ的な感じのものにしか出会ったことがありませんでした
が、こんなに親切に使う側の人のこと考えてくれているなんて、本当に素直に
すごいと思いました。

日Kビジネス用語辞典?とスペイン語の辞書が一緒になったような、
確かに素人の人でもあの電子辞書の訳と解説だけで、
なんとかつじつまが合うように経済記事を訳すことができると思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この方が言及してくださっているのは、辞書に載っている「用語説明」
のことだと思うのですが、先に書いた「ある部分」とは、まさにそこです!

それこそが、私たちがこの辞書を作るなかで一番と言ってもいいくらい
時間と注意を注ぎこんだ箇所であり、辞書を作ろうとした時のそもそもの
基本コンセプトだったのです。つまり「日本語の経済用語辞典とスペイン語
辞典の融合体」を目指したのです。

それをわかっていただけるとは〜!

この方は「こんなに親切に使う側の人のこと考えてくれているなんて」と
お書きです。しかしじつは・・もちろんユーザーのことも考えたけれど、
「現役翻訳者の自分たちが使いやすいもの」を徹頭徹尾目指した結果が
この辞書なのです。

語彙はなるべく多く、既存の西和辞典に載っていない新語も載せたい、
実用的な用例もたくさんほしい、あの分野もほしい、この分野もほしい・・・
欲望はエンドレス。その意味では、現場にいる我々が作った意味は十分に
出せたと思います。

しかし中でも大きかったのが、「なるべくこれ一つで済ませたい」という
欲望でした。つまり仕事の時、あっちこっち資料をひっくり返さなくとも、
それ1台でそれなりの用が足せる物を作りたかったのです。

そのためには、「専門用語には短くてもいいから用語説明が欲しい。でも
そこらの経済辞典にあるようなムズカシイものでは結局役に立たないから
いやだ。こうなったら自分たちで簡単明瞭な用語説明を創作するしかない」
と、壮大とも無謀ともとれる野望をもって辞書製作を始めたのでした。

当然ながら、「難しいことを易しく説明する」ことの途轍もない大変さを
身をもって味わい、身の程ほど知らずな野望を抱いたことを途中で何度も
後悔することとなりました・・・が、そのたび初心を思い出し、沢山の資料を
読みながら、「素人でもすっと理解できる説明」を目指して、ひとつひとつ
オリジナルの用語説明をつけていったのです(用語説明なしであれば、
この辞書、もしかしたら、半分くらいの年月で完成していたかもしれません)。

そのため、監修の先生にはたいへんなご苦労をおかけしました・・。
監修の楠先生、このご恩は一生忘れませんわ〜!(この場を借りて)

・・・というわけで、「辞書発売(もうじき)一周年」を記念して、
久々に辞書の話題を書いてみました。

本メルマガの発行人アース&ピーチが執筆メンバーとなって製作した
この辞書、まだお持ちでない方はぜひこの機会に御検討くださいね。
とくに、実務翻訳者志望の方は必携です。

  『スペイン語経済ビジネス用語辞典』 大修館書店
  (カシオ電子辞書 XD-SW7500 搭載、書籍版はありません)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ★☆★ 3月8日開催セミナーのお知らせ ★☆★

    『スペイン語翻訳者のためのネット調査術+PC講座』

  実務翻訳では必要不可欠なインターネット調査術を生で学べる講座
  です。単なる検索術にとどまらず、調査する理由や検索結果の見極
  め方まで踏み込んで解説。PCコーナーでは、翻訳者として実務を
  行ううえで役に立つコンピュータスキルの一端をご紹介します。

    開催日時: 2008年3月8日(土) 10:00 〜 12:30
    場所  : 東京・渋谷
    申込締切: 2008年1月31日
    対象者 : インターネットを用いた翻訳調査スキルに興味がある方
          翻訳に役立つ効率的なPCスキルを知りたい方など

  ※締切は31日までですが、定員になり次第締め切らせていただきます。
   残り「僅少」となっておりますので、お申し込みはお早めに!

   詳細・お申し込みはこちら→http://www.pie.vc/course/index.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆編集後記◆
アースです。
ふだんはわたしもピーチも、辞書製作のころの苦労などコロッと忘れている
のですが、こうして書いてみると、つくづく思い出すなあ・・・
辞書製作を理由にモニターを買ったりソフトを買ったり膨大な数の辞書を
買ったり、そりゃもうすごい散財でしたが、それを補ってあまりある経験が
できたと思っています。もう二度とやりたくないけど(笑)。

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.059

 おはようございます。アースです。
 寒いですね!このあたりの雪はやみましたけれど、気温はどん底です。
 熱いマテ茶でも飲もうかなあ。と思ったら、切れている〜!
 半径100キロに売っている店はないし・・・しょうがない、
 番茶にしよう。

 さて、3月8日開催のアース&ピーチ企画『スペイン語翻訳者のための
 ネット調査術+PC講座』は31日が申し込み締切となっておりますが、
 定員となり次第締め切らせていただきます。お受けできるのは
 あと「数名」ですので、お申し込みはお早めに!

 詳細・お申し込みはこちら→http://www.pie.vc/course/index.html

  ==<もくじ>=======================
    1) きょうのキーワード 【crecer】
    2) 実例を見てみよう
    3) アースの気が散る話
  ==============================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ きょうのキーワード 【crecer】
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

動詞 crecer でまず思い浮かぶ訳語というと「成長する」でしょうか。
西和辞典には他にもさまざまな訳語の候補が載っていますが、それらを
いちいち覚えるよりは、

 Aumentar <un ser vivo> de tamano o de estatura
 Aumentar <una cosa> de tamano, de intensidad o de importancia
 (Diccionario Salamanca de la Lengua Espanola)

という「原義」を頭に入れておき、あとは文脈に沿って訳語を考えるのが
良いかと思います。

数字が絡む場合は、「crecer+数字」と「crecer en+数字」のどちらも
「(数字の分だけ)成長する、増加する」ということを意味しますので、
覚えておくと便利です。

今回は長文でなく、たくさんの例文を見てみましょう。文脈によって
いろいろな訳し方ができるということがわかると思います。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│ 実例を見てみよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇La violencia domestica crecio' en Espana un 29 por ciento en 2002.
スペインでは2002年にドメスティック・バイオレンスが29%増加した。

◇El numero de accidentes de trafico crecio' un 60,2 por ciento
hasta alcanzar 28.379.
交通事故件数は60.2%増えて28,379件に達した。

◇El numero de usuarios de telefonia movil en Colombia crecio'
en un 109,7 por ciento en 2005.
コロンビアの携帯電話利用者数は2005年に109.7%増加した。

◇El crater del volcan Poas crecio' en unos 400 metros cuadrados
despues de las recientes erupciones.
ポアス火山の噴火口は、最近起った噴火で約400平方メートル広がった。

◇El PIB de Japon crecio' a una tasa anual del 2,4% durante el primer
trimestre del an~o.
日本の国内総生産(GDP)は今年第1四半期に年率で2.4%成長した。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3│ アースの気が散る話
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

数年前からわが家ではIP電話を使っています。相手が同じ会話の回線
を使っていれば無料だし、そうでなくても東京まで3分11円くらいで
かけられるので重宝しています。往時は月に1万円を軽く超えていた
仕事関係の(固定)電話通話料金も、いまやなんと数百円。

でも最近はスカイプ(Skype)がお気に入りです。先日、東京在住の人と
組んで、それこそ缶詰めになって仕事をしたのですが、そこでもスカイプ
大活躍でした。

スカイプは、

 

http://www.skype.com/intl/ja/helloagain.html

の宣伝文句をそのままいただきますと、「Skypeは小さなソフトウェア。
Skype同士なら、世界中どこへでも無料で電話できます。・・・お友達や
ご家族、ビジネス関連のご連絡相手がWebカメラをお持ちなら、Skypeでの
テレビ電話も無料です。・・・」というもの。

要するに無料の電話です。ただしコンピュータとネット接続は必須。
ふつうはヘッドセット(ヘッドフォン+マイク)をつけて相手と
お話しします。カメラをつければ、映像を相手に送ることもできます。
(カメラなしでも使えます)

IP電話よりさらにいいのは、チャットも同時にできるので、口で言うより
字で送った方が楽!というような場合に威力を発揮すること。ホームページの
アドレスなんかですね。ファイル送信もできます。音声は残りませんが、
チャットはログとして残るので、仕事では重宝します。

わたしの持っているマックにはカメラと内蔵マイクが最初から搭載されている
ので、文字通り「手ぶら」で話すことができます。仕事はデスクトップPCで
やり、右側にノートPCを置いて、しゃべりつつ進めるという、夢のような
状態。

ふつうは仕事中に画像を見る必要はありませんけれど、紙を見せながら
「原稿のここの部分の・・」などと話すこともできそうです。今回は、
休憩中にPCを窓の外に向けて、景色を見せたりして。
 「わ〜雪が積もってる〜!」
仕事が終わった後は改めて画像をつないで、
 「お互い疲れた顔してますね(笑)」
とねぎらい合ったりして。

相手の人はヘッドセットを使っていましたが、なんにしても普通の
オフィスで、ついたての向こうの相手と仕事をしているのとまったく
変わりませんでした(できないのは給湯室でのお茶とトイレでの噂話
だけ!?)。世の中、進歩しています。

ほんとうに、「地方に住んでいるから」などと言い訳できない時代が
やってきました。ますますがんばらねば。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ★☆★ 3月8日開催セミナーのお知らせ ★☆★

    『スペイン語翻訳者のためのネット調査術+PC講座』

  実務翻訳では必要不可欠なインターネット調査術を生で学べる講座
  です。単なる検索術にとどまらず、調査する理由や検索結果の見極
  め方まで踏み込んで解説。PCコーナーでは、翻訳者として実務を
  行ううえで役に立つコンピュータスキルの一端をご紹介します。

    開催日時: 2008年3月8日(土) 10:00 〜 12:30
    場所  : 東京・渋谷
    申込締切: 2008年1月31日
    対象者 : インターネットを用いた翻訳調査スキルに興味がある方
          翻訳に役立つ効率的なPCスキルを知りたい方など

  ※締切は31日までですが、定員になり次第締め切らせていただきます。
   残り数名分となっておりますので、お申し込みはお早めに!

   詳細・お申し込みはこちら→http://www.pie.vc/course/index.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆編集後記◆
ピーチです。
IT度が高いアースとは真逆の、アナログ人間ですので、「アナログ人間版・
最近感動したこと」。

ドストエフスキーの最高傑作「カラマーゾフの兄弟」の新訳(Por 亀山郁夫
先生)が1年半くらい前に出て大きな話題になりましたが、その本に挟まっ
ている栞。
文庫本に通常はさまっている、出版社が作った、何のヘンテツもない、縦長
のよくあるしおり・・・・とおもいきや、これがとんでもないスグレもの。

両面に、おもな登場人物の「愛称・本名・プロフィール」が印刷されている
のです。

たとえば
「アリョーシャ(アレクセイ・フョードロヴィチ・カラマーゾフ)・・・
 フョードルの三男。誰からも愛される清純な青年。町の修道院で暮らす。
 ゾシマ長老を心から尊敬する」
みたいに。

ロシア人の名前はただでさえ長いうえに、日本人にはなじみが薄い分覚えづら
いですし、愛称と本名がかけ離れていることが少なくありません
(例:ドミートリの愛称はミーチャ)。
そうでなくとも、登場人物が多くなってくると、誰が誰だかわけがわからなく
なってくるものですよね。
だから、おもな人物だけでもしおりに刷り込んでいただけると、読書中の確認
にむちゃくちゃ役立つ!というわけです。

こうした「登場人物紹介」が巻頭に書かれていることもよくありますが、読書
中にわざわざ前のほうのページをめくるのって結構面倒なものでして・・・
しかも、名前と相関関係だけでなく、プロフィールまで載っているところが
じつに嬉しい。

こんな便利なしおりを用意してくれたK社さん、貴社は素晴らしいです。

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.058

 おはようございます。アースです。
 前書きを書くのも久しぶりなような?
 年末に積もった雪は、少しずつ融けてきました。
 この時期の刈田はそれなりにいい風景だけれど、うら寂しい
 ことも確か。だから毎年、新緑の季節までは「一面の銀世界」の状態
 が続いてくれるといいなあ、なんて勝手なことを考えています。

 さて、先日よりお知らせしております3月のセミナーのうち、
 「経済セミナー」の締切が明日10日に迫っております。
 決心するならいまのうちですよ〜!(笑)
 詳細は本メルマガの後ろの方をご覧ください。

 本メルマガも本格稼働。58号です。

  ==<もくじ>=======================
    1) 最新ワードをスペイン語で学ぼう 【acoso mediatico】
    2) 実例を見てみよう
  ==============================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ 最新ワードをスペイン語で学ぼう 【acoso mediatico】
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のワードは「メディア・ハラスメント」(正確には「マスメディア・
ハラスメント」)です。短縮するのが好きな日本語では、「メディハラ」と
略される例もあるようですね。

「メディア・ハラスメント」とは、読んで字の如く、「マスメディアによる
嫌がらせ」のこと。スペイン語では acoso mediatico と称されています。

mediaticoという単語は、以前はどの西和辞典にも載っていませんでしたが、
昨春発売された小学館の西和中辞典にはめでたく(?)採用されています。

一方、西西辞典を見ると、だいぶ前から掲載されているようですね。
例えば、Maria Moliner の Diccionario de uso del espanol の第3版には、
Un acontecimiento (o un personaje) muy mediatico という用例が載って
います。何となくイメージを喚起させる表現だと思いませんか?

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│ 実例を見てみよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇Sigue el acoso mediatico contra Venezuela:
La guerra mediatica mantenida por Washington contra la Revolucion
Bolivariana de Venezuela no solo se mantiene sino que esta' aumentando.
ベネズエラに対するメディハラが続く:
ベネズエラのボリバル主義革命に対して米国政府が仕掛けたメディア戦争は
現状維持どころか、過熱傾向にある。

※ボリバル主義革命:「21世紀型の社会主義」を標榜してベネズエラの
 チャベス大統領が推し進めている政策。チャベスは反米勢力の急先鋒で、
 ベネズエラと米国との関係は最悪な状態。

◇Los acusados sufrieron un acoso mediatico tan brutal que, cuando se
celebro el segundo juicio en el ano 2001 tuvieron a toda la opinion
publica en contra.
被疑者たちは激しいメディハラに遭い、2001年に行われた第2審では
世論全体を敵に回すことになった。

◇La familia Pitt-Jolie vive una nueva etapa en su vida aleja da del
lujo y el acoso mediatico al que se veian sometidos en Hollywood.
ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの一家は、ハリウッドでの
贅沢な、しかしメディアに追い回される生活から距離を置き、人生の新しい
ステージに入った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ★☆★ 3月8日開催セミナーのお知らせ ★☆★

  『スペイン語翻訳者のためのネット調査術+PC講座』(午前)
  『プロ半歩手前の人のための実戦翻訳講座〜経済〜』(午後)

       ※片方だけの参加も可能です

《午前の部》
   『スペイン語翻訳者のためのネット調査術+PC講座』

  実務翻訳では必要不可欠なインターネット調査術を生で学べる講座
  です。単なる検索術にとどまらず、調査する理由や検索結果の見極
  め方まで踏み込んで解説。PCコーナーでは、翻訳者として実務を
  行ううえで役に立つコンピュータスキルの一端をご紹介します。

    開催日時: 2008年3月8日(土) 10:00 〜 12:30
    場所  : 東京都内
    申込締切: 2008年1月31日
    対象者 : インターネットを用いた翻訳調査スキルに興味がある方
          翻訳に役立つ効率的なPCスキルを知りたい方など

   詳細・お申し込みはこちら→http://www.pie.vc/course/index.html

《午後の部》
   『プロ半歩手前の人のための実戦翻訳講座〜経済〜』

  プロ半歩前にいるが、最後の壁を乗り越えたいという方のための
  超・上級講座です。本講座では経済を取り上げます。単に経済翻
  訳をやってみたいという方も大歓迎。

   ◆本講座は一定以上のスペイン語翻訳力をお持ちの方に限定
    いたしますので、参加希望者には小テスト(無料)を受け
    ていただきます。

   開催日時: 2008年3月8日(土) 13:30 〜 16:30
   場所  : 東京都内
   申込締切: 2008年1月10日(小テストは申込締切後に発送)
   対象者 :プロレベルの翻訳テクニックを身につけたい方、経済
        翻訳に興味のある方、経済は苦手だが一度経済翻訳を
        試してみたい方など

 詳細・お申し込みはこちら→http://www.pie.vc/course/index.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆編集後記◆
ピーチです。
常日頃から「世界にきれいな女性は多いのに、きれいな男性が少ないのはなぜ
か?(男性諸君すみません!)」を思索テーマとしているわたしでありますが、
敬愛してやまない故・米原万里さんの最初で最後の講演集を読んでいたら、
その謎が解けました(!!?)。
実は人類が環境の変化に対応しての結果・・・らしいです(詳しく知りたい方
は、「米原万里の愛の法則」をお読みください)。
ただ生物学的に根拠があるのかは怪しいようではありますが(^^;)。
いいんです。たとえその説が科学的裏付けのない、米原さんの自家薬籠中のも
のだったとしても、「ふーむ、なるほど!」と納得させられたならば、それが
私にとっては真実なのですから(どうせ答えが出る問題ではないのですしね)。

この本には、超一流の同時通訳者だった米原さんならではの、外国語習得に関
する深い洞察とアドバイスも沢山盛り込まれていますので、このメルマガをお
読みの皆様にもぜひお勧めしたい一冊です。読み終えるころには、鱗が10枚は
落ちていると思いますよ。

|

 スペイン語翻訳者になろう 新年特別号

 あけましておめでとうございます!ピーチです。
 今年も宜しくお願い致します。

 大晦日の年末特別号、いかがでしたか?
 感想などをお聞かせいただければ嬉しいです。

 さて、本日も通常号とは趣を変え、「3月の経済セミナー締切直前
 特別企画」として、アースが熱く語ります。

 ※3月8日開催『プロ半歩手前の人のための実戦翻訳講座〜経済〜』の
  申し込みは「1月10日」が締切です!!小テスト受験に人数制限は
  設けておりませんので、積極的なご参加をお待ちしております。

 ※セミナーの詳細はメールの最後に掲載致しましたので、ご覧ください。

  ==<もくじ>==========================
    1) プロへのはじめの一歩を踏み出そう(経済セミナーへの誘い)
    2) 調査力〜プロへのショートカット(調査術セミナーへの誘い)
  =================================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│プロへのはじめの一歩を踏み出そう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アースです。3月8日のセミナーでは私が講師を務めまして、「実務翻訳に
役立つインターネット調査」と「経済翻訳」というテーマでお送り致します。
このうち経済翻訳の方は5日後の10日木曜日が締切となっておりますので、
少しでも多くの皆様に参加していただきたく、きょうは経済翻訳と調査に
関して、私の経験も交えて少しお話しすることにします。

「経済=難しい」と思い込んでいる方が多いようですね。確かに、昔の
自分自身のことを考えると、思い当たるどころか、私は経済嫌いの
急先鋒(?)でした。

そんな私でも経済翻訳を続けてもうずいぶんになります。
最初は当然ながら、経済知識の「け」の字も持っていませんでしたので、
今から考えると、「よく引き受けたなあ」と思います。最初の1年は
正直言って毎回半泣き状態でしたし(ほんと)、慣れるのに時間も
かかりましたが、次第にそれらしくなっていきました。

こんな恥をさらすような話をするのは、経験者として、「経済=難しい」
からと避けるなんてもったいない!と声を大にして言いたいからです。

年末特別号でもちょっと書きましたが、せっかく力を持っているのに、
そのように考えて一歩を踏み出すことをためらっている方が相当数
おられるようです。しかし。難しかろうが簡単だろうが、とにかく
やってみなければわからん!と私は思います。

実務翻訳というのはありとあらゆる分野で発生するものですし、
特にスペイン語業界では需要が少ないぶん、ひとりの翻訳者が様々な
分野をこなす必要があります。声がかかるたびに「苦手だから」とか
「やったことがないから」などと逃げていては、仕事は永久に
やってきません。

だから、なにはともあれまず一歩。踏み出しましょう。私もその一歩を
踏み出したおかげで、いまの自分があるのだと思っています。

                   ★

とはいっても、ひとりの人間がありとあらゆる知識を身に付けておくことは
できないことも確か。つまり、自分にとって未知の分野の翻訳が降ってくる
可能性が結構高いということです。自分が知悉していると思っている
分野だって、いつもスラスラ訳せるとは限りません。それは現役翻訳者の
私とピーチが身にしみて感じていることです。

私が経済翻訳を始めた頃の経済知識といったら、いまから考えると
冷や汗が出るほどの量しか持っていませんでした。経済学部を出たわけでも
財テク(死語?)に走っていたわけでもなく、金融機関に勤めたこともない
私が、それでもなんとかこなしていけたのはなぜか。

それは「経済学の権威」になったからではなく、「諦めずにしつこく
やり続けた」からではなかったかと思います。運動でも同じですが、
「もうこれ以上は誰が何といってもだめ!」・・という一瞬を越えると、
そのあとはなんとかなっていくものです。

ただ、コトは翻訳ですので、そうした「根性」だけではさすがに無理。
もうひとつ理由があるとすれば、「経済翻訳のクセ」みたいなものを
早期につかむことができたからだと思います。経済に限らず、それぞれの
分野の翻訳にはそれなりの「クセ」があり、それを知っておくと、
よりスムーズに翻訳を行うことができるんです。

だいたい、そうでもなければ、一見して「なんなのよこれ〜!」と
叫びたくなるような「超難解な原文」+「鬼のような納期」、
でなければ「別に難しくないけどめっちゃ大量の原文」+「鬼のような納期」
に対処することは絶対ムリです!(いつもいつもそうではありません。
もちろん「すてきな原文+余裕の納期」のときもあります)

3月のセミナーでは、経済翻訳の実情と特徴(つまりクセですね)、
そしてクセを身につけるための実践的方法などについて、実際に原文に
あたりながら詳しくお話しできればと考えています。

セミナー受講をいままでためらっていた方も、そんな話はきょう初めて
聞いた!という方も、1月10日までに決心を固め、ぜひぜひお申し込み
くださいね。

 詳細・お申し込みはこちら→http://www.pie.vc/course/index.html

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│ 調査力〜プロへのショートカット(調査術セミナーへの誘い)
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、上のコーナーではあえて言いませんでしたが、経済翻訳を
やるにせよ、他の翻訳をやるにせよ、絶対的に必要なのが「調査力」
です。私が初めて経済翻訳をやったときには、ひとつの短い文章を
訳すのに確か8時間くらいかかったのですが、そのうち調査に
7時間くらいかけたような気がします。正確に言うと、本当に
必要な調査というよりは「これで大丈夫」と自分が安心するための
確認の調査が大部分を占めていたと思います。なにしろ自分が訳した
経済文を納品するなんて初めてでしたから、ビクビクものでした。

当時はインターネットもPPP接続の料金従量制だったし、PCは
しょっちゅうフリーズするし、そりゃもうたいへんでした。ううう・・・

などという話はどうでもいいのでして、スペイン語の「構造」がわかり、
それを辞書を用いてなんとか日本語にできたとしても、それは横のものを
縦にしただけの西文和訳で、おそらくは何を言っているのかわからない。
そのワケノワカンナイ日本語を、ふつうの日本人にもわかる日本語に
仕上げるのが「翻訳」です。その過程でネット調査はぜったいに
外せません。例えば、

El Gobierno de Morales anuncia logros economicos tras casi dos an~os
gestion.(http://tinyurl.com/29f3hf

というボリビアに関する記事のタイトルがあったとして、辞書だけを使えば

 モラレスの政府は約2年の管理のあと、経済の達成を発表

となります。ここまでひどくはないにしても、つい同じような感じで訳して
しまう人もいると思うんです。日本語だけを改めて見てみると、いかにも
おかしいことはわかる。しかし記事の本文を読めばだいたい言いたいことは
把握できても、正解の

 モラレス政権、発足後約2年間の経済的成果を発表

に最初から行き着けるかというと、どうでしょうか。「gobierno=政府
じゃなく政権かなあ?」とか、「logros economicos=経済の達成って、
言いたいことはなんとなくわかるけど、日本語でなんていうんだっけ〜」
とか、「gestion=管理って何を管理するのさっ」とか・・・山のように
押し寄せる大小の疑問にどう対処するのかというと、ドラえもんがいない
限り、それは調査。とにかく調査で解決です。
(この場合、gestion は「政権の運営」のこと)

調査というと、ふつうは「専門用語の対訳」を思い浮かべますが、上記の
例のような「自分が思いついた日本語が一般に広く通用しているかどうか」
の調査も大いにあり得ます。実際には専門用語より、そちらのほうが多いかも
しれません。9割方自信があっても、念には念を入れて調べることが
よくあります。

スペイン語日本語を問わず、いまは大抵の事柄をネットで調べることが
できます。しかしそれを効率的に行うには、これもちょっとした「コツ」が
必要。3月の「調査」セミナーでは、基本的な検索テクニックから、
スペイン語翻訳ならではの調査まで、私の実体験も交えて貪欲に
お伝えしていきたいと考えています。

おそらく、スペイン語界で調査+PCだけを演目にしたセミナーは
これが初めてではないかと思います。しかしアース&ピーチともに、
実務翻訳においては調査が非常に重要であると確信するからこそ、
このようなセミナーを企画しました。心が動いた!というあなたは、
以下のサイトにて詳細をご覧くださいね。

 →http://www.pie.vc/course/index.html

また、あまり時間は割けないかもしれませんが、当日は「翻訳者のための
PCスキル」についてもお伝えしていくつもりです。私はPCのプロでは
ありませんが、触っている時間が長いぶん、PCをしつける(?)のが
うまい方・・ではないかと思います。

以前のメルマガでもお伝えした通り(39〜47の奇数号)、私の目標は
「事務処理にかける時間を最短にして、そのぶん本筋の翻訳に時間を
かける!」です。ソフトに振り回されて時間ばかりかかり、いつも
プンプン怒っているそこのあなた、PCを見返してやりましょう。

「調査」セミナーと「経済」セミナーは、片方だけの受講も可能です。
皆様のご参加を心よりお待ちしております!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《午前の部》
   『スペイン語翻訳者のためのネット調査術+PC講座』

  実務翻訳では必要不可欠なインターネット調査術を生で学べる講座
  です。単なる検索術にとどまらず、調査する理由や検索結果の見極
  め方まで踏み込んで解説。PCコーナーでは、翻訳者として実務を
  行ううえで役に立つコンピュータスキルの一端をご紹介します。

    開催日時: 2008年3月8日(土) 10:00 〜 12:30
    場所  : 東京都内
    申込締切: 2008年1月31日
    対象者 : インターネットを用いた翻訳調査スキルに興味がある方
          翻訳に役立つ効率的なPCスキルを知りたい方など

   詳細・お申し込みはこちら→http://www.pie.vc/course/index.html

《午後の部》
   『プロ半歩手前の人のための実戦翻訳講座〜経済〜』

  プロ半歩前にいるが、最後の壁を乗り越えたいという方のための
  超・上級講座です。本講座では経済を取り上げます。単に経済翻
  訳をやってみたいという方も大歓迎。

   ◆本講座は一定以上のスペイン語翻訳力をお持ちの方に限定
    いたしますので、参加希望者には小テスト(無料)を受け
    ていただきます。

   開催日時: 2008年3月8日(土) 13:30 〜 16:30
   場所  : 東京都内
   申込締切: 2008年1月10日(小テストは申込締切後に発送)
   対象者 :プロレベルの翻訳テクニックを身につけたい方、経済
        翻訳に興味のある方、経済は苦手だが一度経済翻訳を
        試してみたい方など

 詳細・お申し込みはこちら→http://www.pie.vc/course/index.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆編集後記◆
再びアースです。
きょうはつい力の入った文章になってしまいましたが、最初から
最後まで私の本心です。せっかく力があるのに、進まずにじっと
している人を見ると、つい背中を押したくなるのです。私も周りに
そういう人たちがいてくれたおかげで、いまこの世界にいられるのだと
思っているので、次は私の番。余計なお世話と言えるかもしれませんが、
微力ながら皆さまのお役に立てれば・・と考えています。

|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »