« 2008年1月9日 | トップページ | 2008年1月23日 »

2008年1月16日

 スペイン語翻訳者になろう vol.059

 おはようございます。アースです。
 寒いですね!このあたりの雪はやみましたけれど、気温はどん底です。
 熱いマテ茶でも飲もうかなあ。と思ったら、切れている〜!
 半径100キロに売っている店はないし・・・しょうがない、
 番茶にしよう。

 さて、3月8日開催のアース&ピーチ企画『スペイン語翻訳者のための
 ネット調査術+PC講座』は31日が申し込み締切となっておりますが、
 定員となり次第締め切らせていただきます。お受けできるのは
 あと「数名」ですので、お申し込みはお早めに!

 詳細・お申し込みはこちら→http://www.pie.vc/course/index.html

  ==<もくじ>=======================
    1) きょうのキーワード 【crecer】
    2) 実例を見てみよう
    3) アースの気が散る話
  ==============================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ きょうのキーワード 【crecer】
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

動詞 crecer でまず思い浮かぶ訳語というと「成長する」でしょうか。
西和辞典には他にもさまざまな訳語の候補が載っていますが、それらを
いちいち覚えるよりは、

 Aumentar <un ser vivo> de tamano o de estatura
 Aumentar <una cosa> de tamano, de intensidad o de importancia
 (Diccionario Salamanca de la Lengua Espanola)

という「原義」を頭に入れておき、あとは文脈に沿って訳語を考えるのが
良いかと思います。

数字が絡む場合は、「crecer+数字」と「crecer en+数字」のどちらも
「(数字の分だけ)成長する、増加する」ということを意味しますので、
覚えておくと便利です。

今回は長文でなく、たくさんの例文を見てみましょう。文脈によって
いろいろな訳し方ができるということがわかると思います。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│ 実例を見てみよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇La violencia domestica crecio' en Espana un 29 por ciento en 2002.
スペインでは2002年にドメスティック・バイオレンスが29%増加した。

◇El numero de accidentes de trafico crecio' un 60,2 por ciento
hasta alcanzar 28.379.
交通事故件数は60.2%増えて28,379件に達した。

◇El numero de usuarios de telefonia movil en Colombia crecio'
en un 109,7 por ciento en 2005.
コロンビアの携帯電話利用者数は2005年に109.7%増加した。

◇El crater del volcan Poas crecio' en unos 400 metros cuadrados
despues de las recientes erupciones.
ポアス火山の噴火口は、最近起った噴火で約400平方メートル広がった。

◇El PIB de Japon crecio' a una tasa anual del 2,4% durante el primer
trimestre del an~o.
日本の国内総生産(GDP)は今年第1四半期に年率で2.4%成長した。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3│ アースの気が散る話
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

数年前からわが家ではIP電話を使っています。相手が同じ会話の回線
を使っていれば無料だし、そうでなくても東京まで3分11円くらいで
かけられるので重宝しています。往時は月に1万円を軽く超えていた
仕事関係の(固定)電話通話料金も、いまやなんと数百円。

でも最近はスカイプ(Skype)がお気に入りです。先日、東京在住の人と
組んで、それこそ缶詰めになって仕事をしたのですが、そこでもスカイプ
大活躍でした。

スカイプは、

 

http://www.skype.com/intl/ja/helloagain.html

の宣伝文句をそのままいただきますと、「Skypeは小さなソフトウェア。
Skype同士なら、世界中どこへでも無料で電話できます。・・・お友達や
ご家族、ビジネス関連のご連絡相手がWebカメラをお持ちなら、Skypeでの
テレビ電話も無料です。・・・」というもの。

要するに無料の電話です。ただしコンピュータとネット接続は必須。
ふつうはヘッドセット(ヘッドフォン+マイク)をつけて相手と
お話しします。カメラをつければ、映像を相手に送ることもできます。
(カメラなしでも使えます)

IP電話よりさらにいいのは、チャットも同時にできるので、口で言うより
字で送った方が楽!というような場合に威力を発揮すること。ホームページの
アドレスなんかですね。ファイル送信もできます。音声は残りませんが、
チャットはログとして残るので、仕事では重宝します。

わたしの持っているマックにはカメラと内蔵マイクが最初から搭載されている
ので、文字通り「手ぶら」で話すことができます。仕事はデスクトップPCで
やり、右側にノートPCを置いて、しゃべりつつ進めるという、夢のような
状態。

ふつうは仕事中に画像を見る必要はありませんけれど、紙を見せながら
「原稿のここの部分の・・」などと話すこともできそうです。今回は、
休憩中にPCを窓の外に向けて、景色を見せたりして。
 「わ〜雪が積もってる〜!」
仕事が終わった後は改めて画像をつないで、
 「お互い疲れた顔してますね(笑)」
とねぎらい合ったりして。

相手の人はヘッドセットを使っていましたが、なんにしても普通の
オフィスで、ついたての向こうの相手と仕事をしているのとまったく
変わりませんでした(できないのは給湯室でのお茶とトイレでの噂話
だけ!?)。世の中、進歩しています。

ほんとうに、「地方に住んでいるから」などと言い訳できない時代が
やってきました。ますますがんばらねば。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ★☆★ 3月8日開催セミナーのお知らせ ★☆★

    『スペイン語翻訳者のためのネット調査術+PC講座』

  実務翻訳では必要不可欠なインターネット調査術を生で学べる講座
  です。単なる検索術にとどまらず、調査する理由や検索結果の見極
  め方まで踏み込んで解説。PCコーナーでは、翻訳者として実務を
  行ううえで役に立つコンピュータスキルの一端をご紹介します。

    開催日時: 2008年3月8日(土) 10:00 〜 12:30
    場所  : 東京・渋谷
    申込締切: 2008年1月31日
    対象者 : インターネットを用いた翻訳調査スキルに興味がある方
          翻訳に役立つ効率的なPCスキルを知りたい方など

  ※締切は31日までですが、定員になり次第締め切らせていただきます。
   残り数名分となっておりますので、お申し込みはお早めに!

   詳細・お申し込みはこちら→http://www.pie.vc/course/index.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆編集後記◆
ピーチです。
IT度が高いアースとは真逆の、アナログ人間ですので、「アナログ人間版・
最近感動したこと」。

ドストエフスキーの最高傑作「カラマーゾフの兄弟」の新訳(Por 亀山郁夫
先生)が1年半くらい前に出て大きな話題になりましたが、その本に挟まっ
ている栞。
文庫本に通常はさまっている、出版社が作った、何のヘンテツもない、縦長
のよくあるしおり・・・・とおもいきや、これがとんでもないスグレもの。

両面に、おもな登場人物の「愛称・本名・プロフィール」が印刷されている
のです。

たとえば
「アリョーシャ(アレクセイ・フョードロヴィチ・カラマーゾフ)・・・
 フョードルの三男。誰からも愛される清純な青年。町の修道院で暮らす。
 ゾシマ長老を心から尊敬する」
みたいに。

ロシア人の名前はただでさえ長いうえに、日本人にはなじみが薄い分覚えづら
いですし、愛称と本名がかけ離れていることが少なくありません
(例:ドミートリの愛称はミーチャ)。
そうでなくとも、登場人物が多くなってくると、誰が誰だかわけがわからなく
なってくるものですよね。
だから、おもな人物だけでもしおりに刷り込んでいただけると、読書中の確認
にむちゃくちゃ役立つ!というわけです。

こうした「登場人物紹介」が巻頭に書かれていることもよくありますが、読書
中にわざわざ前のほうのページをめくるのって結構面倒なものでして・・・
しかも、名前と相関関係だけでなく、プロフィールまで載っているところが
じつに嬉しい。

こんな便利なしおりを用意してくれたK社さん、貴社は素晴らしいです。

|
|

« 2008年1月9日 | トップページ | 2008年1月23日 »