« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

 スペイン語翻訳者になろう vol.040

 おはようございます。
 秋分の日も過ぎて、う〜ん、ほんのちょっとずつ涼しくなって
 きたかな?とやっと思える今日この頃ですね。(そしてあと1ヶ月も
 すると、また落ち葉との格闘が始まるのであった…)
 去年の冬は異常な暖冬でしたが、今年はいったいどうなるのか、
 なんだかびくびくものです。
 ところでなんと!気がついてみれば、このメルマガもなんだかんだで
 「40号」。ここまで続けられたのも、皆さまが読み続けて下さっている
 おかげです。ありがとうございます。
 夏の暑さには負けなかったので、今度は冬の寒さにも負けぬように
 がんばります。これからもよろしくお願い致します。
 それでは記念すべき第40号、スタートです。

  ==<もくじ>=======================
    1) きょうのキーワード 【situarse】
    2) 実際に訳してみよう
  ==============================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│きょうのキーワード 【situarse】
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この再帰動詞の基本語義は、

 1)位置する、ある
 2)[数値が]〜である

などです。

2)はともかく、1)のほうは文脈によって訳し方に工夫が要りそうですね。

さっそく「実際に訳してみよう」のコーナーで、例を見ていくことにしましょう。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│実際に訳してみよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇本日の課題
En el Peru, el Indice de Confianza del Consumidor se situa
en un nivel optimista, por lo que el consumo continuara' creciendo
fuertemente en los proximos trimestres.

【語注】
Indice de Confianza del Consumidor:「消費者信頼感指数」。この指数は
日本では発表されていないのでなじみがないかもしれませんが、家計や雇用
の現状と見通しを調査し、それを数値化したものです。

【直訳】
ペルーでは、消費者信頼感指数が楽観的なレベルに位置しており、それゆえに
消費は次の数四半期に強く成長し続けるだろう。

【練り訳】
ペルーでは、消費者信頼感指数が楽観視できるレベルにあるため、 同国の消費
は今後の数四半期にわたり力強く拡大し続ける見込みである。

※実はこの文章のあとに以下の文章が続きます。

La economista del Departamento de Investigacion para America Latina del
banco, Carola Sandy, indico' que el Indice de Confianza del Consumidor
que publica mensualmente la consultora Apoyo se elevo' en agosto
regresando al nivel optimista (por encima de los 50 puntos). Refirio'
que el Indice de Confianza del Consumidor, el cual se extiende de 0 a 100,
aumento' a 52 puntos en agosto desde un nivel de 46 en julio.

ここからもわかるように、un nivel optimistaとは「50を上回っている」状態の
ことです。よって仕事で訳すのであれば、前半部は「ペルーでは、消費者信頼感
指数が判断の分かれ目である50を上回り、『楽観』を示したため」のようにまと
める方法も考えられます。


◆編集後記◆
ピーチです。
記念すべき40号のわりにはあっさりした内容でしたね。
このくらいの長さのほうが皆さんには読みやすいでしょうか?
よろしければ、このメルマガ(今号のみならず)に関する
ご意見やご要望をぜひお聞かせください。

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.039

 おはようございます。
 2週続いた3連休最後の朝ですね。
 がっくりきているひともいるかもしれませんが、でもご安心ください。
 2週間後にはまたしても3連休が控えています。
 ほんとは「仕事が楽しくて連休なんて要らな〜い」というのが最高なのかも
 しれませんが。

 では、さっそく本題に入っていきましょう。

  ==<もくじ>=======================
    1) オフィス環境を整えよう その1
    2) ピーチのメタボリック雑記
  ==============================

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ オフィス環境を整えよう その1
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

在宅翻訳者となるのに必要なことはなんでしょう。

 1)言語能力
 2)言語以外の知識と資料
 3)自己管理能力
 4)忍耐と根性

1と2はもちろん絶対必要。3と4に欠けている人には厳しい。そして
5つめは、これも非常に大事な「環境」です。

いえあの、雨漏りしないとかすきま風が入らないとか近所にやかましい犬が
いないとか、そういうことではなく(それも大事ですが)…翻訳をするうえで
必須の「オフィス環境」のことです。

これも「最低限必要な資料をそろえよう」でお話ししたのと同じで、
大部分はお金で解決できる問題です。資料と違ってかかる費用は段違いに
高いですが、いちど投資してしまえば何年も使えますので、できるだけ
そろえましょう。

まず、誰がなんと言おうと必要なのは、当然ながら電話・ファクス・
コンピュータです。

今どきファクスがいるのかと思う方がいるかもしれませんね。

最近は、原稿がワードファイルやPDFファイルで来ることが多いですが、
個人の依頼による書類の場合は、やはり手書きもしくはタイプ打ちですので、
ファクスはまだまだ必須。特にスペイン語圏発の書類は、企業であっても
「これは手動のタイプライターなのでは〜!?」というようなものにいまだに
お目にかかります。

(大量に原稿がある場合は、最初の方だけファクスしてもらい、後ですべての
原稿を郵送または宅配してもらいます)

ファクス専用機を使っている人はほぼいないでしょうから、電話は問題ない
ですね(電話については、vol.7の「地方で翻訳者になるということ その1」
で、IP電話についてお話しましたので、ご覧ください)。

そして、なにより大事なのがコンピュータです。が、コンピュータ本体に
ついてはまた別の機会にまとめてやるとして、まずは周辺機器について。

まず、机。ご家庭の事情で不可能なお宅もあるとは思いますけれども、
できるだけ大きいものにしましょう。できれば会社で使っているような
奥行きのあるもの。これは多数の資料を同時に広げるためでもありますが、
最近は紙の資料はあまりないので、どちらかというとモニターと
キーボードを体から遠ざけるためです。

小さな机を部屋の隅にT字に置くという方法もあります。ただしその場合は、
モニターを体の正面に持ってくることはできませんが。

モニターも最近は薄型が主流になってきまして、ありがたいことですね。
これを机の最も奥に設置。机が小さいので、窓枠にモニターを置いている
という人もいます。とにかく、モニターの前にキーボードを置くわけですが、
最低でも手首、できればヒジを机に乗せてタイピングできるくらいの位置に
置きたいものです。

モニターとキーボードを遠くに置くのはもちろん、長時間連続して働いても
体(特に目・肩・腰)に負担をかけないためです。目からモニターまでの
距離は50センチ以上とか、少し見下ろす感じが良いとか、そのあたりの
ことは様々なホームページに書かれていますから、そちらをご覧くださいね。

集中するとどうしても体が固まってしまいますし、まばたきの回数も
減ります。私(アース)が辞書制作のときにやっていたのは、(もちろん
緊急時以外ですが)1時間に最低でも1分〜5分は姿勢を変えて、目を
閉じること。そのためにタイマーのソフトを使っていました。

「姿勢を変える」これがまたミソでして、自宅で他に誰もいないのを
いいことに、かなりお行儀の悪い格好をするようにしていました。
運良く電話がかかってきたりしたときは作業が中断できますから、
このときとばかりにいろいろな格好。(具体的にはないしょ)

と、話がずれはじめたので、今回はここでおしまい。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│ピーチのメタボリック雑記
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人間、どうしてもやる気が起きないときがあります。

・・・ありますよね?

自分の身近には「やる気がなくなったことがほとんどない」という驚異の人物
もいるにはいますが(このメルマガの共同発行人のことです)、そういう特別
培養の人は別として、平均的な人間でしたら、
「あ〜かったりー!なんにもしたくねー!」(言葉が汚くてすみません)
というときが必ずあるはずです。

「そういうときは無理に頑張ろうとせず、やる気が復活してくれるのを気長に
待てばいい」
と自分は考えております。

が、しかしです。
翌日に仕事の〆切が迫っている、なんていう瀬戸際的状況下で「Myやる気くん」
が何の断りもなく旅にでてしまったら、どうすればいいのでしょう?
旅から連れ戻すのは時間がかかるし、第一、気まぐれなやる気くんが旅立つ先を
書き残していってくれるはずもなく、探すあてもありません。

わたしのなかに住むやる気くんも宿主に似て自由人なので、〆切間際に忽然と
姿を消してしまうことがあります。

よって、これまでにも
「これはまずい。もうだめかも」
と思ったことは数知れずありました。

よく作家が「原稿を落とす」とか「編集者が遅れに遅れた原稿をもって印刷所
に走る」とかいう話を聞きます。
でも、そんな風に迷惑をかけても次の仕事が来るのは、その人にしか書けない
世界を持っている作家だからこそであって、実務翻訳者のように代替要員がい
くらでもいる(?)職種であれば・・・どうなるかは推して知るべしですね。

ですから、引き受けた仕事はなんとしてでも仕上げなければならない!のです。
しかも一定のクオリティは保った上で。

そんなとき皆さんならどんな風に「やる気氏」を連れ戻しますか?
ぜひ教えてください。

・・と言ってこのコラムを終えたら「こんないいかげんでも翻訳者になれるの
だ」というよろしくない印象をあたえてしまいそうなので必死にフォローいた
しますと、わたしの場合は、旅に出たやる気氏にお戻りいただくのはさっさと
あきらめ、「やる気もどき君」に登場願います。
「やる気もどき君」は「やる気氏」とは別ものですが、「やる気氏にちょっと
似た存在」、つまり「カラやる気」みたいなものです(「カラ元気」のやる気
版と考えていただければOKです)

「やる気もどき君」への登場要請の仕方はいろいろありますが、もっともスタ
ンダードなのは、自分を一度「型」にはめてみること。
これはいいかえると、仕事以外の部分から規則正しくすることです。

たとえば、朝起きて「顔を洗い、水を一杯飲み、新聞を取ってきて見出しに目
を通し、飼い犬の寝姿を確認し、窓を開けて今日の天気を予想する」という一
連の動作を何気なく行っているのであれば、どんなにかったるい気分の日で
あっても、その行程を(一部でも)辿ってみる。
その延長線上に仕事があるわけですから、「朝食の後片付けのあとは仕事」と
いう順番であれば、それを守ってとにかく机の前に座ることです。
そうすると、1行でも2行でも訳せてしまったりします。

また具体的なテク(?)として自分が時々使うのが、前から訳さずに、全体に
ざっと目を通して気が向いた部分(うまく訳せそうな気がする一文など)を取
り敢えず訳してみること。
訳した文を読み返して「なかなかうまく訳せたなあ」と悦に入り、その部分を
何度も眺め、かすかな自信(らしきもの)がわいてくるのを感じながら別の個
所に移っていく。
そのうち「やってみるか」という気になって、最初から訳しだす・・・という
次第です。
(しかし、まずは「型はめ」で机の前に座らないことには、テクを使うところ
まで至れないわけですので、やはり「型」が大事かなぁ。あと、クライアント
や翻訳会社のコーディネーターと知己の場合には「○○さんに迷惑をかけては
いけない」という気持ちから「もどき君」が登場してくれることもあります)

そうこうしているうちに、旅に出たはずのやる気氏が忘れ物を取りに(?)戻っ
てきて、いつのまにかもどき君と入れ替わっていることもありますし、心優し
いもどき君が最後まで居て根性無しの宿主を引っ張ってくれることもあります。

では、どんなに手を尽くしても「もどき君」が登場してくれなかったら?
そんな怖いことは考えたくありません・・・(!!!)


◆編集後記◆
アースです。
よく「いつ見てもやる気まんまんまん」で、常にパワフルエネルギーを
周りに発散している方がいますが、わたしはそんなじゃありませんので〜。
「やる気充填120%」になることもあまりないですが、逆に「かったり〜」
という状態になることもあまりないという、極めて消極的なものです。
(だからといって、物静かな人を想像されると困るのですが(笑))
ま、ピーチ型でもアース型でもどっちでもいいんです。仕事さえ時間内に
仕上がりさえすれば!!!


|

 スペイン語翻訳者になろう vol.038

 おはようございます。
 私たちが主催する新講座が始まって10日がたちました。
 すでに受講者のみなさんには第一回の課題を提出していただき(全員提出!
 拍手〜)、現在ネット上の掲示板で、原文の解釈の仕方や訳し方について自
 由に議論していただいています。
 まだ掲示板開始から2日ですが、かなり盛り上がっているようです。
 他の受講生の訳文も自由に参照できる環境で、気になった語や表現や訳し方
 について、受講生仲間と徹底的に議論する(それも、ネット上なので時間を
 選ばず、自分にできる範囲で)・・・そんな機会はなかなか得られない、非
 常に貴重なものだと思います。

 ということで、メルマガも負けてはいられません(!?)
 今日の内容も大変重要なポイントを含んでいます。
 「編集後記」とあわせてよく読んでくださいね。

  ==<もくじ>=======================
    1) きょうのキーワード 【concepto】
    2) 実際に訳してみよう
  ==============================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│きょうのキーワード 【concepto】
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

受験英語で concept=「概念」としっかり覚えてしまった人は、ちょっと
だけそのネジを緩めてください。もちろん「概念」の意味で使われることも
多いですけれど、それと同じくらい多いのが、

   en concepto de...=「〜として」

en concepto de...が実際に使われているところを見ると、白水社の
西和辞典の「《商業》細目、品目」のイメージのほうがより近いような気が
します。「〜という項目において」のような感じです。

まずは「概念」という大仰なイメージを頭から払拭してから、
実際の使用例を見てみましょう。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│実際に訳してみよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇本日の課題

Un tribunal del estado de California ordeno' hoy a la empresa de
limpieza Carpet Cleaning, el pago de 4,5 millones de dolares a 385
trabajadores en concepto de salarios y prestaciones atrasados.

【語注】
tribunal del estado de California:不定冠詞がついていることに注意。こ
           こでは単に「カリフォルニア州のとある裁判所」と言っ
           ているだけなので、うっかり「カリフォルニア州立裁判
           所」などとしないようにしましょう。
empresa de limpieza:清掃企業
prestaciones    :(複数形で)給付(金)、手当
atrasados     :遅れた(形容詞)

【直訳】
カリフォルニア州のある裁判所はきょう、清掃企業カーペット・クリーニング
に対し、遅れた給与と手当てとして、385人の労働者達に450万ドルの支払いを
命じた。

【練り訳】
カリフォルニア州の裁判所がきょう、清掃企業のカーペット・クリーニング社
に対し、未払給与・手当として、385人の従業員に450万ドルを支払うよう命じ
た。

※現在の練り訳でも十分ですが、いまのままですと「従業員1人あたり450万
 ドルを支払う」ように取られる可能性があります。それを避けるために、原
 文にはありませんが、「総額450万ドル」とする方法もあります。

 ただし!こういった付け加えは、この450万ドルが「本当に総額であった」
 という確信が持てるときのみにしましょう。今回の場合、清掃会社の従業員
 1人あたりの未払給与が約5億円であるということは考えられませんので、
 「総額」としても大丈夫でしょう。自信がない場合は調査するか、あるいは
 原文通り(何も足さず、何も引かず)にしておきます。


◆編集後記◆
アースです。
今回の「実際に訳してみよう」にあるように、数字を訳すときには
ほんとうに神経を使います。大きな数字を間違えずに訳すのは当然
のことですが、できあがった訳文を見たら「あれ50とこれ20を足して
100」みたいになっていることがあって、あわてて原文を見直したり。
だいたいは自分の読み間違いなのですが、原文を穴の空くほど見つめても
「あれ50とこれ20を足して100」になっているときには、仕方ないので
ため息をつきつつ、調査に入ります。残念ながら、スペイン語圏の
記者さんたちはあまり数字に敏感ではないようで、こういったことが
しばしば起こります。頼むから、一回でもいいから見直してよ〜。
そうすればわたしも早く終われるのに〜!(「95億ドルを投資」の
ときに、平気で「100億ドルを投資」にしちゃうのもやめてほしい…)

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.037

 おはようございます。
 次から次へと新機軸が飛び出すこのメルマガ、またまた新コーナー
 の登場です。その名も「最新ワードをスペイン語で学ぼう」。
 日本のニュースでよく耳にするようになった言葉がスペイン語で
 何と言われているのか、気になったことはありませんか?
 この新コーナーは、まだ辞書にも載っていないそうした「新語」を
 ご紹介し、ついでに例文もいくつか見てしまおうというもの。
 私たちは、『スペイン語経済ビジネス用語辞典』の制作の際に
 従来の西和辞典に載っていない vocabulario nuevo を探し求めて
 ネットの海を右往左往しました(おぼれかけたことも一度ならず…)。
 その経験を生かして、なるべく「活きのいい」スペイン語たちを
 ご紹介していきたいと思います。請うご期待!

  ==<もくじ>=======================
    1) 最新ワードをスペイン語で学ぼう
    2) 実例を見てみよう
    3) アースの気が散る話
  ==============================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│最新ワードをスペイン語で学ぼう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第1回めは、日本にぜんぜん関係なさそうなのに、もう耳にタコができた?
「サブプライム」です。英語ではもちろん、subprime (loan) ですね。

いちおう説明しておきますと、米国の「サブプライム・ローン」は、
「信用力の低い個人に対する貸出(ローン)」のことを言います。
(「信用力が低い」=お金を返してもらえるかどうか不安だ〜)

最近騒がれているのはこのうちの「住宅ローン」の話なのですが、
「サブプライム・ローン」と総称されてしまっていますね。

いろいろと探してみましたが、スペイン語では大きく3つに
分かれました。

 1)英語をそのまま使っている
 2)なんとかしてスペイン語で言い換えて、subprime を付記
 3)subprima(女性名詞)

だいたいの傾向として、中南米諸国では英語の subprime をそのまま使う
ことに抵抗がないのに対して、スペインでは subprima を使うことが多い
ようです。

上では3つ挙げましたが、もちろん私が見逃しているものもあると
思います。でもだいたい似通った言い方が使われているのでは
ないでしょうか。

次のコーナーでは実際に使っているところを見てみましょう。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│実例を見てみよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇Mercado financiero continua golpeado por Subprime
 金融市場、引き続き「サブプライム」で打撃

◇El credito subprime es una de las modalidades crediticias del
 mercado financiero de Estados Unidos.
 サブプライム・ローンは、米国の金融市場におけるローン形態の一種だ。

◇La crisis de hipotecas de alto riesgo estadounidenses (subprime)
 ha alcanzado al mercado monetario.
 米国のハイリスク・ローン(サブプライム)危機が通貨市場に
 及んでいる。

※hipoteca は西和辞典では「抵当」としか載っていないことが多いですが、
 「(土地や住宅の)ローン」の意味でもしばしば使われます(『スペイン
 語経済ビジネス用語辞典』より)。従ってこの例でも下の例でも、
 hipotecas の部分を「住宅ローン」と訳すことは可能です。

◇Las hipotecas subprima representan casi un 12% del total del mercado
 hipotecario residencial en EE UU.
 サブプライム・ローンは米国の住宅ローン市場全体の約12%に相当する。

※subprima は当然ながら名詞ですが、上記の hipotecas subprima は形容詞
 的に使われている例です。credito subprime も同じことですね。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│アースの気が散る話
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日の夜、久しぶりにたぬきさんに会いました。

 アース「あらたぬきさん、お久しぶりですね」
 たぬき「おやこんばんは。素敵な月夜ですこと」
 アース「きょうはどちらまで?」
 たぬき「いえね、ちょっとそこまで」
 アース「事故が多いみたいですから、お気をつけて」
 たぬき「はいありがとう。それでは失礼しますよ」

・・・という会話をかわしたのではないかと錯覚してしまうような
雰囲気を、たぬきさんは持っています。顔もそうですが、なにより
あのしっぽ。まるまるふわふわしていて、触ると気持ち良さそう。

道路を横切るときも、本人は駆け抜けているつもりなのでしょうが、
あのしっぽが醸し出す雰囲気のおかげで、「ぽてぽてぽてぽて・・・」
という感じ。

対してきつねさんは、とても会話などかわせそうにありません。

 アース「おやきつねさん、おひ・・・」

と言っている間に、あら行ってしまわれた。道路を横切るそのスピード
といったら、はやいことはやいこと。気がついたときにはあの長い
しっぽしか目の端に残っていません。

でもときどき、狭い道を車で走っていると、きつねさんが道路の
真ん中で立ち止まっていることがあります。とうぜん、こちらも
止まります。両者、にらみ合い。でもだめ。あの細面の顔と、不思議な
雰囲気の目には勝てません。思わずこちらが目を伏せてしまいそう。

狸も狐も、様々な昔話に登場しますけれど、登場しても
おかしくないだけの雰囲気を彼らは持っています。狸は本当に
茶釜を背負っていそうだし、狐にも化かされそう。

それにしても、狸も狐も確実にその数は減っています。その姿を
見るのは、年に数回、というところ。まったく見ない年もあります。

ここらへんには熊はいないのですが、温暖化のせいか、えさ不足の
せいか、この地域に生息範囲がじりじりと近づいているらしいです。

くまさんに会ったら、なんてあいさつしようかな・・・
(「おいしくないですよっ」かしら)

◆編集後記◆
ピーチです。
夏の息の根はとまった・・とおもっていたら、ゾンビのごとく生き返った感の
あるここ数日ですね。
来週も3連休だそうですが(他人事)、残暑バテに気をつけて楽しくお過ごし
くださいマセ。
あ、このメルマガのことも忘れないでくださいね。

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.036

 おはようございます。
 ようやくという感じで涼しくなってきましたね。
 涼しくなると、稲刈りが始まっちゃう。稲刈りの風景自体はいいもの
 ですが、稲がなくなった田んぼというのは寂しすぎます。「もうすぐ
 冬よ〜」と宣言されているようで。といいつつ、わたしは寒いのも
 好きなのですが(嫌いなものはないのかい)。
 さて、きょうはエンタメ系「パリスちゃんシリーズ」最終回です。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇先回まで2回分の課題
La millonaria estadounidense Paris Hilton participo' en subastas en
beneficio de ninos enfermos, comenzando asi a ayudar al projimo como
prometio' a su salida de prision el mes pasado, revelo' el martes
la revista People en su sitio en internet.

El domingo pasado, la heredera de una parte de la fortuna del
imperio hotelero asistio' a una gala en beneficio de jovenes con
lesiones de la medula espinal, organizada por uno de sus amigos,
Jesse Billauer, destaco' la publicacion. (中略)

People destaca que la joven, cuya fortuna personal se estima en
decenas de millones de dolares, pago' 17.500 dolares por clases de
surf, en beneficio de la organizacion de Billauer.--(AFP)

◇本日の課題(上記の続き)

Conocida hasta ahora por ser una asidua concurrente a las discotecas,
Paris Hilton se declaro' "cambiada" y con deseos de dedicarse a
acciones caritativas despues de una estancia en prision de 23 dias
por violar las leyes del transito de California al conducir con un
permiso suspendido..--(AFP)

【語注】
asidua:「頻繁な」の意の形容詞。なお、名詞としてはこれ一語で
    「常連(客)」の意味があり、この文の場合でも、練り訳においては、
    asidua concurrente を「常連(客)」と訳せば三重丸です。
concurrente:参加者、列席者
se declaro':declararse+名詞・形容詞・副詞およびその相当語句」で
    「(自分が)〜であると宣言する、表明する」。ここでは "cambiada"
    と con deseos de dedicarse a acciones caritativas の2つが
    se declaro' の補語句となっています。
acciones caritativas:慈善活動、慈善行為
leyes del transito:交通法
permiso suspendido:停止処分にされた免許(証)。この場合、permiso は
    permiso de conducir(運転免許証)のことです。

【直訳】
これまでクラブへの頻繁な参加者として知られていたパリス・ヒルトンは、免
許停止状態のまま運転し、カリフォルニア州の交通法に違反したとして23日間
刑務所に滞留したあと、自分は「変わった」こと、慈善活動に従事する希望を
持っていることを宣言した。

【練り訳】
これまでクラブの常連として鳴らしてきたパリス・ヒルトンであるが、免許停
止中に運転して、カリフォルニア州の交通法違反により23日間収監されたあと、
自分は「変わった」、これからは慈善活動に取り組みたい、と述べた。

◆編集後記◆
ピーチです。月曜日に、ちょくねりメソッドを活用する新講座が始まりました。
いま受講者の皆さんに第1回目の課題に取り組んでもらっているところなので
すが、きっとそれぞれに脳をフル回転し、ときに苦悶の声をあげながら奮闘し
てくださっていることでしょう。
「ある程度の量の翻訳を1週間で」というのは、仕事(家事・育児ももちろん
含む)をしながらではきついとお感じになるかもしれませんが、翻訳者になる
にはそのきつさに慣れていただかなくてはなりません(実際の仕事は、この講
座の何倍もきついです)。
「ずっと勉強し続けて終わるか、仕事に結び付けられるか」は、このきつさに
飛び込む勇気があるか否かで決まってくる、ともいえる気がします。
このことは、私たちの講座の受講者のみならず、誰にでも言えることでありま
すが(そしてもちろん、自戒もこめてます)。

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.035

 おはようございます。
 台風が去って、(首都圏では)蒸し暑い週末となりましたが、皆さんお元気
 でしょうか?
 自分は久々に高熱を出しましたが、結局まったく寝込む暇がなかったことが
 ショック療法となって(?)、復活してしまいました。
 せっかくの寝込むチャンスを失って、ちょっと残念な気もしますが、健康は
 ありがたいものですね。
 今回のメイン記事も面白いですよ。早速始めましょう。

  ==<もくじ>=======================
    1) Web時代の翻訳術 〜調査力を磨こう〜
    2) ピーチのメタボリック雑記
  ==============================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ Web時代の翻訳術 〜調査力を磨こう〜
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【実際に調べてみよう〜スペイン語圏の名前】

さて、先回は以下の記事のうち、「台湾プラスチックグループの創始者である
王永慶」の部分を調べました。

El fundador de Formosa Plastics, Wang Yung-ching, ordeno'
la evaluacion de proyecto de inversion, tras recibir la propuesta en
un desayuno con el presidente de Guatemala, Oscar Berger, y con el
presidente taiwanes, Chen Shui-bian, el 22 de junio, senalaron las
mismas fuentes.--Taipei, 5 jul (EFECOM)

今回は presidente taiwanes, Chen Shui-bian を調べると思ったでしょ?
ところがどっこい、違うんだなこれが。

presidente de Guatemala, Oscar Berger の部分に注目。
まず presidente de Guatemala ですが、グアテマラは大統領制の国
ですから、「グアテマラ大統領」であることは確かですね(自信がない
場合は必ず調べましょう)。

グアテマラの現大統領は、フルネームを

 Oscar Jose Rafael Berger Perdomo

といいます。スペイン語圏なんだから、

 オスカル・ホセ・ラファエル・ベルヘル・ペルドモ

でしょって? 違います。違うんです。最後から2番目の Berger が
クセモノ。試しに「"ベルヘル大統領"」で検索してみて下さい。ほとんど
ヒットしません。いくら小国の大統領だからって、誰もが知っている
「グアテマラ」の首長名の載ったページが数個ということはあり得ません。
つまり間違っているということです。

私はグアテマラに行ったことがないので、現地でどう発音されているのか
わかりませんが、実は日本のマスコミでは「ベルシェ」と表記されるのが
ふつうです。

検索は簡単なので割愛しますが、ここで重要なのは、スペイン語圏の
人名だからといって侮るなかれ、ということ。

名前が完全にスペイン語系ならば問題ないですが、特にラテンアメリカでは
様々な種類の名前が混在しており、注意が必要です。元首級でいいますと、
他にも

 アルゼンチン大統領 Nestor Carlos Kirchner
 チリ大統領     Michelle Bachelet Jeria
 エクアドル元大統領 Jorge Jamil Mahuad Witt

など、どうカタカナにしてよいのかわからない名前があります。
(これらはご自分で調べてみてください。チリの大統領は、この5日
まで訪日していましたから、簡単でしょう)

少しでもスペイン語の名前と感じが違うな?と感じたら、必ず調べるように
しましょう。ただし有名人でない場合は、誰か知っている人がいない限り、
調査は無理ですけれども…。

考えてみれば、日本人の例えば「弘一」という名前にしたって、漢字だけ
では「こういち」なのか「ひろかず」なのかわからないですよね。日本語を
母語としない日本語→○○語の翻訳者さんも、いろいろ苦労があるので
しょうね。

※上の原文で残った presidente taiwanes, Chen Shui-bian もご自分で
調べてみて下さい。これもきちんと調査すればすぐに結果が出ます。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│ピーチのメタボリック雑記
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カフェが大好きなので、看板を見つけると、ちょっとの時間でも飛び込んでし
まいます。
(お昼時に行くことも多いので、もう少し栄養価の高そうなメニューがあれば
なあ・・と思うこともしばしばですが)

カフェで興味深いこと、それはそこに集う人間の観察です。
ここでいう「人間」には、お客のみならず、従業員(スタッフ)も含まれま
す。
スタッフの様子を見て、そこから店の現状を類推したりするのです。

・客の目をしっかり見つめて受け答えしてくれる店では、スタッフ同士の連携
 プレーが見事である。
・スタッフ同士が無駄ばなしをしている店は、たいてい掃除がなってない。
・最後になって注文内容を変えてもいやな顔ひとつせずに(それどころか、と
 てもにこやかに)メニュー変更に応じてくれる店は、たいてい活気があって
 客のローテーションがはやい(だから多分儲かっている)

などなど・・・・。
読み返すと「そんなの当然ジャン」とも「何の根拠で?」とも言われそうな内
容ですが・・・。

これらの類推の真偽は別としても、スタッフを見ていると店の状態がそれなり
に感じられるものです。
(スタッフ諸氏には「余計なお世話!」といわれてしまうかもしれませんけれ
ど)

やはり大切なのは、不動のプロ精神ですかねえ。
自分の体調や精神状態に関係なく、つねに一定レベルのサービスを提供できる
スタッフをそろえた店はやはり強いのでしょう。
これはカフェの店員のみならず、どんな職種でも同じ。
自分も訳者として、講師として、家庭人として、そうありたい、とは思ってい
ます(一番最後のが、実は一番難しかったりするのが、人生の奥深いところ・
・)


◆編集後記◆
アースです。
突然ですが、「ごった煮」が好きです。洋風でも和風でも、とにかく
具が山ほど入っているのが好き。やたらめったらみそ汁に入れるもので、
「これは野菜と豆腐のみそ味の煮物なのでは?」と言われます。
汁が見えん、汁が。でもおいしいんだもーん。
きょうは洋風のごった煮。ラタトゥイユ?そんなきれいなもんじゃ
ありませんが、いい匂いがしてきたよ〜。一晩たつとこれがまた
おいしいんですよね。あしたの朝も楽しみだなあ〜。(食欲魔人)

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.034

 おはようございます。
 関東では今、地域をあげて台風さんを接待中。あばれんぼうな客に翻弄され
 ています。
 皆さんのご無事を祈ります。

 今日はとくに役に立つ(・・と思う)内容です。
 早速入りましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ Web時代の翻訳術 〜調査力を磨こう〜
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【実際に調べてみよう〜台湾の企業名・人名】

今回は実際の報道文を使って調査の練習をしましょう。まずは以下の
記事を読んで下さい。

Formosa Plastics evalua multimillonaria inversion en Guatemala

という記事の途中の段落です。

El fundador de Formosa Plastics, Wang Yung-ching, ordeno'
la evaluacion de proyecto de inversion, tras recibir la propuesta en
un desayuno con el presidente de Guatemala, Oscar Berger, y con el
presidente taiwanes, Chen Shui-bian, el 22 de junio, senalaron las
mismas fuentes.--Taipei, 5 jul (EFECOM)

まさに一行ごとに引っ掛かってしまいますね。きょうは一行目について
解決しましょう。

Formosa Plastics は、同じ記事の中に empresa petroquimica taiwanesa
という説明がありましたので、台湾の石油化学企業であるということが
わかりました。いろいろな調査経路がありますが、

  a)「フォルモサ プラスチック」で Google 検索
  b)"Formosa Plastics"を日本語で検索

などが挙げられます。

a)でも b)でも、すぐに「台湾プラスチックグループ(FPG)」と、
「台湾塑膠工業(フォルモサ・プラスチック)」という2つの答えが
出てきます。FPGは4社からなるグループで、その1つが「台湾塑膠工業」
ということのようです。

どちらが本当なのか、原文の Formosa Plastics だけでは分かりません。
実際、名称(略称)が似ている場合、グループの親会社のことなのか、
その傘下の会社のことなのかがわからなくて、他のソースを求めて
ネット上を右往左往することがあります。(当然ですが、勝手に判断
するのはNG)

でもここは fundador de Formosa Plastics, Wang Yung-ching という
大ヒントがありますから、大丈夫。

  c)"Wang Yung-ching"を日本語で検索

してみましょう。すぐに「王永慶、台湾プラスチックグループ」と
出てきます。ただし今回の場合、ヒットページが極端に少ないので、
必ず他のサイトで裏を取りましょう。

日本語ページで例えば

  d)「台湾 "王永慶"」

と検索して、本当に"王永慶"氏がFPGの fundador か否かを確認します。

ふむ、大丈夫のようですね。なるほど、台湾の松下幸之助ですか。
わお、90歳で現役ですと。やるなぁ。

この人の役職名としては、会長だの代表だの董事長(社長のこと)だのと
ネットにはありますけれど、今回は原文通り「創始者」「創設者」で
いいでしょう。

※これを機会に、Formosa が台湾島の別名であることを覚えておかれると
いいと思います。最初から「台湾プラスチックス」などと見当をつけて
検索できますので。

◆編集後記◆
アースです。
毎週木曜日は生協の配達なのですが、先週木曜日、ごく小さな
段ボールに入った何かが届きました。箱には何も書いてありません。
それをちらとでも開けようとしなかったのがまずかった。
「もう来年のチューリップ頼んだの?」「うん」「はや〜」
チューリップを植えるのは秋ですから、その箱を窓際に置いたまま、
一週間。今週もまた、それと似たような段ボールの箱が…。
「あれっ、またチューリップ来てるよ?」「え、頼んでないよ」
「でもほら、チューリップって書いてあるし」「あ、これ注文した
翌々週くるやつだったんだ」「じゃあ先週来た段ボールはなにっ?」
……おそるおそる先週の段ボールを開けてみると…真っ赤に熟した
トマトが入っていました!!!そりゃもうおいしそうな。あと少し
気がつかなかったら、ぐじゅぐじゅになったか、干からびたか??
ともあれ、思い込みは禁物、まずは疑ってかかれ!という、
翻訳にも通ずる教訓でした(こじつけ?)。
それにしてもトマトでよかった・・・(それより、頼んだものを
覚えておきなさいよ)

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.033

 おはようございます。
 9月になりましたね。我が家の庭にはバードテーブルが設置してある
 のですが、安い小鳥の餌しか置かないからか、いつもスズメしか
 来てくれません。それもこの時期、稲穂が実るころになると、ある日
 突然来なくなるんです。今年は8月31日をもって終了。
 やっぱり、「産地直送・新鮮」な穀物にはかなわないか…。
 「スズメ食堂」は来年の5月まで閉店致します。

 さて、皆さまにお知らせです。先日からお知らせしております
 ピーチ&アース講師による翻訳講座の申込締切は「9月5日(水)」
 です!あと数名ならばお受けできますので、参加ご希望の方は
 お早めにどうぞ。詳細は本メルマガ最後の広告か、もしくは直接
 →http://www.pie.vc/course/index.html
 から直接、資料請求・お申し込みください。

 それでは第33号です。

  ==<もくじ>=======================
    1) きょうのキーワード 【colocar】
    2) 実際に訳してみよう
    3) アースの気が散る話
  ==============================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│きょうのキーワード 【colocar】
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この動詞の基本語義は、皆さんご存知の「〜に置く、配置する」ですが、
そこから転じていろいろな使われ方をします。

よく見られる例は

San Roque se ha colocado a la cabeza del aumento poblacional en Cadiz.
(サンロケ市はカディス県のなかで人口増加率ナンバーワンとなった)

のようなものです。

また、経済の文脈では「(株式を)上場する」「貸し付ける、貸し出す」
「投資する」の意味で使われることも多いです。

これらの用法については、ぜひ私たちが書いた『スペイン語経済ビジネス用語
辞典』(カシオEX-word搭載)を確認してみてください。

今回の「実際に訳してみよう」のコーナーでは、「上場する」の意味で使われ
ている例に挑戦することにしましょう。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│実際に訳してみよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇本日の課題

Vocento pretende colocar en las proximas semanas en el mercado de
valores espanol un 20 por ciento de su capital social.

【語注】
Vocento      :ボセント社。スペインの総合メディア大手
mercado de valores :株式市場、証券取引所
capital social   :資本金

【直訳】
ボセントは、次の数週間のうちに、自分の資本金の20%をスペインの株式市場
に上場することを狙っている。

※直訳から練り訳へのヒント※
スペイン語の原文を直訳すると以上のようになりますが、実際は資本金を上場
するわけではなく、「資本金の20%に相当する株式を上場する」ということで
すから、練り訳では実際の意味を汲み取って訳し変えなければなりません(日
本語で「資本金を上場する」とは言わないため)。

【練り訳】
ボセント社は、今後数週間以内に、自社の株式の20%をスペインの証券取引所
に上場する意向である。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3│アースの気が散る話
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

近ごろこの某田舎に、いわゆる暴走族「もどき」が出没します。

遠くのほうから音しか聞こえないので、どんな姿かはわかりませんけれど、
皆さんご存知のカラぶかし騒音を発生しつつ走る、あれです。

ここらの高齢化率は相当なものなので、夏休みで暇を持て余している
高校生だろうと思うのですが…。

しかし、むなしいことこの上ない。

都会で聞いていてもかなりむなしい(悲しいというべきか)ですが、
田舎で聞くと、むなしさが強調されます。

まず、数が少ない。「集団暴走行為」というだけあって、大集団で
走らないと意味がないでしょう。

次に、音が決してすぐ近くまで寄ってこない。家と家の距離も離れて
いるし、幹線道路から家までの距離もけっこうあるからねえ。

だから、反応する人(怒る人、不快に思う人)がいない。
そのあたりのばあちゃんなんか、「なんだかにぎやかだねえ」とでも
思っているかもしれない。

本当にうるさければまず腹が立ってそれどころではないでしょうけれど、
こんなところで気を落ち着けて(?)聞いていると、皆が反応するから
彼らは喜ぶのだ、という真実がより鮮明に見えてきます。

そんなふうに、衆を頼んで(衆になってないけど)しか自己主張
できない彼らを見ていると、すごく悲しくなります。

同じように悲しくなるのが、車で走っていて、やたらと後ろから
くっついてくる車。わたしはセーフティードライバーを自認して
いますが、田舎道ですと、「ゆっくり走っても意味のない道」
(人、なし、曲がり角、なし)というのは実際あるものでして、
そういうときには周りに合わせる程度にはスピードを出します。

それでも、やたらくっついてくる車というのが必ずいる。これも
かなりむなしい。

そういう車が来たときには、まず、善意の解釈。

  「トイレに突進中なのだなっ」
  「マグロの解体ショーを見逃したくないのだなっ」
  「7時半からの名探偵コナンをどうしても見たいのだなっ」

などど勝手にストーリーを考えて楽しみつつ、先に行ってもらうように
しています。これ、けっこう楽しいし、腹も立たなくなりますので、
お勧めです。

が、ときには、何が楽しいのか、ぬかさないくせに(あるいはぬかす
技術がないのか?)ずっとぴったりつけてくる車がいます。(わたしは
これを「ひっつき虫」とよぶ)

たぶん、わたしがびびりまくって冷や汗かいているとでも思って、
楽しんでいるのでしょう。(うう、むなしい)

しかし。あ〜あ。

わたしの後ろでそれをやっちゃあ〜。どんどん遅くなるよ。
くっつけばくっつくほど、遅くなるよ。ほ〜らほら。ノロノロ。
あらら、我慢できなくなって抜かしていっちゃった。

たいていの車は、これに耐えられないようで、すぐに抜かしていきます。
そっちから仕掛けておいて、忍耐力がないよ、あんた。

これをやるのは、相乗効果で(?)スピードが上がって、揚げ句の果てに
事故に巻き込まれるのがまっぴらごめんだからですが、事故を防いで
あげている、と言えるかも。

都会では逆にトラブルの元かもしれませんが、田舎では70〜90キロなんて
高速並のスピードも普通ですから、遅くしてやらないと、本当に危ない
のです。実際、この「ひっつき行為」で事故になったケースが数々
ありますしね。

だから、感謝なさいよ。そしてできれば、自分の行為のむなしさに
気がついてください。

ピーチが先回の雑記で、人と人との関わりについて書いていましたが、
車社会では会話ができないぶん、態度(車の動き)で示したいものよ、
としみじみ思うのでした。

◆編集後記◆
ピーチです。新講座の開講日が迫ってきました。
今回の講座はいままでに類を見ない新機軸で、主催者側としてもどう展開して
いくのかドキドキものです。
一緒にドキドキしたい方(?)、ご参加をお待ちしております。
「お嬢さん(&お坊ちゃん)、おはいんなさい♪」
の大縄は、5日水曜日午後23時59分まで回っていますよ〜。

------------------------------------------------------------------

       実務翻訳者に必要な能力を徹底的に鍛えよう!

      ス┃ペ┃イ┃ン┃語┃翻┃訳┃者┃養┃成┃
      ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
    ち┃ょ┃く┃ね┃り┃マ┃ス┃タ┃ー┃コ┃ー┃ス┃
    ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
  〈コーチング式自主学習講座〉+〈翻訳力vs日本語力セミナー〉

            ★9月10日開講★

 当メルマガで実践中の「ちょくねりメソッド」を用いて、約3ヶ月にわた
 り、実務翻訳者に要求されるレベルの正確な訳文作成能力と日本語表現力
 を磨く、「自主学習コース+セミナー」の合体講座を開講します!講師は
 本メルマガのアース&ピーチです。

   ※資料請求・お申し込みはこちらから
    →http://www.pie.vc/course/index.html
    (申込期限は9月5日です)

  ※本コースは「自主学習」講座です(添削講座ではありません)。すで
   にある程度のスペイン語力を備えた人が翻訳の力を高めるには、自分
   の間違いを自ら発見し、正しい(より良い)文章へと自ら書き直す訓
   練を行う「能動的」な方法がもっとも効果的であると私たちは考えて
   います。(もちろん、自力でそれをできるだけの材料は提供します)

  ※セミナーに出席できない方のために、自主学習コースのみの
   参加も受け付けます。

   ※前回開催されたセミナーの様子や参加された皆さんの声は
    こちらでご覧いただけます。
    →http://www.pie.vc/report/course_report01.html

------------------------------------------------------------------

|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »