« 2007年6月18日 | トップページ | 2007年6月25日 »

2007年6月22日

 スペイン語翻訳者になろう vol.015

     ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

       スペイン語翻訳者になるのに何が必要?
         才能?コネ?学歴?留学経験?
               いいえ。
         「絶対になる!」という信念と
            的を射た努力だけ。

         現役の実務翻訳者である私たちが
        あなたの夢の実現のお手伝いをします。

     ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 22日は夏至です。
 太陽の光の恩恵を最も受けられるはずのこの時期に、
 日本列島は…雨。しょうがないですね。

 文句を言っているのは人間だけで、動物も植物も、
 この時期は生き生きとして見えます。特に植物の貪欲な
 成長ぶりには、毎年のことながら驚かされます。
 (ああ、また衛星放送のアンテナに木の枝がかかる…)

 我々も見習って、貪欲な成長を目指していきましょう。
 では15号です。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ Web時代の翻訳術 〜調査力を磨こう〜
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【大統領・首相の読み方(2)】

きょうは、前回の宿題を解決します。きょうの話は、ふだんから検索を
やりなれている方には退屈かもしれませんが、新しい発見があるかも
しれませんので、初心に戻ってぜひ読んで下さい。

さて、前回は パキスタンの元首相の名 Zafarullah Khan Jamali のうち、
Jamali=「ジャマリ」という発音であることがわかりました。
でも残念ながら、外務省のページにはフルネームのカタカナが
載っていませんでしたね。

実はこの調査、すごく簡単なんです。
Google(http://www.google.co.jp/)で検索するのですが、注意点が2つ。

1)comillas(半角カッコ)で囲う

Google では半角カッコで囲うことによって、「ひとかたまり」で
検索することができます。

カッコで囲わないと、Zafarullah と Khan と Jamali の3つの単語を
含んだページがすべてヒットしてしまうので(つまりページの中で
バラバラに位置していてもヒット)、

  "Zafarullah Khan Jamali"

と入力します。必ず半角カッコを使って下さい。
全角ではひとかたまりと認識してくれません。

2)「日本語のページを検索」をチェックする

検索ボックス(検索ワードを入れるところ)の下に

 ○ウェブ全体から検索  ○日本語のページを検索

のチェック欄があります。ふだんは「ウェブ全体から検索」に
チェックが入っているはずですが、いまは「日本語のページを検索」
の方をチェックしておきます。

ウェブ全体から検索のままにしておくと、世界中のウェブページから
Zafarullah Khan Jamali というかたまりを含んでいるページを
言語を問わずすべて拾ってしまい、今回の場合は参考になりません。
ですから、日本語のページだけに絞り込んでやるわけです。

さて、検索結果ページを見ると、じゃじゃ〜ん。一番上に

 ザファルッラー・カーン・ジャマーリー - Wikipedia

とあるではありませんか!

待てよ。「ジャマリ」じゃなくて「ジャマーリー」?
また新たに問題が出てきてしまいました。でもタイトルの
下をよく見ると…

 「ザファルッラー・カーン・ジャマーリー(ウルドゥー語 :
  〜英語表記 : Zafarullah Khan Jamali, 1944年1月1日 - )は、
  パキスタンの元首相(2002年11月23日 - 2004年6月26日)。
  報道ではジャマーリーを縮めてジャマリと ...」

なぬなぬ!このページに行って、先を読んでみましょう。

 「報道ではジャマーリーを縮めてジャマリと表記されるのが
  一般的である」

なるほどー!これですべての謎が解けました。やったね!
これにて、

 Zafarullah Khan Jamali=ザファルッラー・カーン・ジャマリ

ということが判明しました。おつかれさまでした。

※今回使わせてもらった Wikipedia は非常に有用なサイトですが、
 「誰でも編集できる」ことから、時に大嘘が書いてある場合もあります。
 これはネット調査には常に言えることですので、1つのページでの
 結果に満足せず、なるべく他のサイトでも確認するように
 心がけましょう。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│ピーチのメタボリック雑記
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本をよむことが自分にとって唯一ともいえる趣味でして、平均して月に15冊く
らい読みます。
「仕事して家事して子ども育てて、よくそんな時間あるね〜」
とたまにいわれるのですが、私の生活の実態(仕事や家事や子育てをちゃんと
しているか)はともかくとして、本に関しては、とある速読法を身につけて以
来、200〜300ページレベルの実用書なら、1時間もあれば「読める」(≒その
本の核となるメッセージをキャッチできる)ようになりました。
だから、1月に15冊といっても、それほどたいしたことではないのです。
(ちなみに、私の使っている「速読法」とは、フォトリーディングでもなけれ
ば目を速く動かす類のものでもなく、もっと原始的なものです)

話は元に戻りますが、それだけ本が好きなわけですから、当然好きな書き手は
沢山います。

そのなかの1人、本田健さんの来日記念講演会に先週行ってまいりました。

ご存知の方も多いかとは思いますが、本田健さんは『ユダヤ人大富豪の教え』
をはじめとする数々の大ベストセラーでおなじみの、「経営者にして作家にし
てお金の専門家」です・・・この肩書きで正確なのかはわかりませんが。
現在ボストンにお住まいで、帰国されるたびに講演会やセミナーをされていま
す。

今回の講演のテーマは「大好きなことを仕事にする8つのステップ」というも
ので、わたしが一番関心をひかれたのは「メンター」についてのお話でした。
ご著書をベースにした内容だったので、本にも書かれている部分であれば引用
しても差し支えないものと思い、ちょこっとだけ紹介いたします。

(あ、「メンターとはなんぞや?」という方のために簡単に説明しておきます
と、メンターとは、「良き指導者、助言者、教育者、師匠」などの意味で、仕
事や人生やキャリアのお手本となり、有益なアドバイスをくれたり、精神的な
支えになってくれたりするひとのことです。昨今は、「メンター制度」を導入
する企業も増えてきているようですね)

本田さんの御説では、大好きなことを仕事にするためのステップには、「メン
ターを探し教えを請う」ことが大切だそうですが、そのためには以下の4つが
必要ということでした。

1.教えがいのある人になる
2.自分が何を学びたいのかを明確にする
3.ペイフォワードの精神を持つ
4.メンターへの恩返しを考える

・・・深いなあ〜と思いませんか?

よくみると、最初の2つが「自分の内部で準備すべきこと」で、最後の2つが
「自分以外の人にお返しすること」という構成になっています。
普通「メンターを見つけよう」とおもったら、「何を教えてもらおう?」とか
「どんな人がいいだろう?」などと自分に利することばかりに目を向けてしま
いそうです。
でも、そういう姿勢ではメンターから何かを「受け取る」ことはできないので
すね・・・。

「もてる知識や情報を、出し惜しみすることなく人に分け与える精神を持った
人が、結局一番多くのものを得る」みたいなことはよく目や耳にしますが、ひ
とから何かを受け取る際にも、ただ「ありがとう」といって受け取って満足し
ておわり、ではなく、受け取ったものを他の人にも役立ててもらうことにまで
考えを及ばせることができるひとこそが、本当の「受け取り上手」なのだろう
なあと思いました。
そして、受け取るのが上手な人は、与えるのも上手。
だからよろこばれて、ますます多くを与えられる。

メンターを探す旅もそうですが、「受け取り上手、与え上手」への道も、まだ
まだ先は長そうです。

(今回の内容は、私の個人ブログで書いたことと一部ダブっております・・も
しもブログをごらんになった方は、二度読みさせてしまってゴメンナサイっ)


◆編集後記◆
ピーチです。
このメルマガを購読してくださっている方々の中にも、ブログをお持ちの方は
多いのでしょうね。
「だれもがすなるぶろぐといふものを、わらわもしてみむとてするなり」とつ
ぶやきながらはじめてみたものの、何となく恥ずかしくてだれにも所在地を明
かせずにいます。
こんな性格の自分に、ブログを続ける価値はあるのでしょうか?
時間と労力の無駄?
これこそ「猫に小判」「豚に真珠」「ピーチにIT」なんでしょうかね。
もしもどこかで私のブログに遭遇した方は、こっそり教えてくださいね(・・
なんていいつつ、そのうちこの場で大公開していそうな気もします。ほら、
「ピーチ心と秋の空」と言いますし...)

-[▽PR]-----------------------------------------------------------

    ★☆★ 翻訳力と調査力をアップしよう! ★☆★

  先般からご案内しております7月7日・8日のセミナーの「添削参加
  コース」参加希望者を追加受付中です。

  メルマガの内容に沿い、翻訳に必要不可欠な「調査術」と、正確で
  読みやすい訳文を作るための「翻訳術(ちょくねりメソッド)」を
  扱った課題に挑戦して頂きます。

  スペイン語学習に行き詰まり気味の方やマンネリ感を覚えている方、
  翻訳者になるのにどんな勉強が必要なのか興味がある方などに
  特にオススメ!

    詳細とお申し込みはこちらから
    →http://www.pie.vc/course.html

-----------------------------------------------------------[PR△]-

|
|

« 2007年6月18日 | トップページ | 2007年6月25日 »