« 2007年6月15日 | トップページ | 2007年6月22日 »

2007年6月18日

 スペイン語翻訳者になろう vol.014

     ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

       スペイン語翻訳者になるのに何が必要?
         才能?コネ?学歴?留学経験?
               いいえ。
         「絶対になる!」という信念と
            的を射た努力だけ。

         現役の実務翻訳者である私たちが
        あなたの夢の実現のお手伝いをします。

     ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 これを書いているのは、穏やかに晴れた日曜日です。
 会社員や学生にとっては週末は待ち焦がれる時間なのでしょうけれど、
 シュフ連にとっては週日以上に仕事が増え、
 「なぜこんなにやることが多いのだ?何かにはめられているのでは?」
 と疑いたくなるような、一種陥穽的なときではないですか?(主婦&主夫の
 皆さん、同意してくれますよね?)
  これの拡大版がこどもの夏休みということなのだろうか?ぞっ・・・。

 そういえば、今日は父の日です。
 「母の日」に比べて存在感が薄く、外部刺激によってやっと、「そういえ
 ば」と思い出されがちな「父の日」。
 父親なんてそんな存在・・と片付けてしまっては、あまりにかわいそう。
 「こんなにがんばっているのに、なぜ報われない?」
 と人生の陥穽にはまる父さんたちに、この日だけでも感謝を捧げましょう。

 このメルマガの読者に、父さんたちも沢山いてくださるといいな、と思いな
 がらの14号です。

  ==<もくじ>=======================
    1) Web時代の翻訳術 〜調査力を磨こう〜
    2) アースの気が散る話
  ==============================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ Web時代の翻訳術 〜調査力を磨こう〜
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【大統領・首相の読み方(1)】

さて、いよいよ今日から、実際の調査テクニックについて
お話ししていきます。

まずは、誰もが最初に頭を抱える「固有名詞の読み方」、中でもどんな
文章でも出てくる可能性の高い、大統領や首相の読み方を調べる方法を
見てみましょう。

例として、前回使用した例文

El presidente chino, Hu Jintao, se entrevisto' en marzo de
2003 en Beijing con el primer ministro paquistani'
Zafarullah Khan Jamali.

から、 Zafarullah Khan Jamali を調べることにします(ウルドゥー語
ができる方はここでご退席を…)。まず、

primer ministro paquistani'=パキスタン首相

は間違いないですね。しかし前回も言いましたとおり、この文章は
2003年当時の話をしており、Jamali さんは現職の首相ではありません。

でも、パキスタンの首相がいつ替わったかなんて知っている人は
それほどいないでしょう。私も知りませんでした。

ということでまずは、現職の首相であるという前提のもとで調査
してみましょう。現職の「首相」もしくは「大統領」の場合、実は日本の
外務省のページで簡単に調べることができます。

■外務省のトップページ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html

に突撃してもいいですが、そこから目的地に行き着くのは大変です。

そこでショートカット。Google で「外務省 パキスタン」と入力→検索
してみてください。そうすると、

■外務省: パキスタン・イスラム共和国
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/pakistan/index.html

が一番上に出てきます。そこでこのページに行ってみると…
おおすばらしい!目的のページに行き当たりました。

そこで、上のほうにある「基礎データ」をクリックします。
すると、面積や人口などの「一般事情」の後に、「政治体制・内政」
というのがあり、その「4.政府(1)首相」として、

「ショーカット・アジーズ」

とありました。ざんねん、Jamali さんは現職の首相ではない
ということがわかりました。

しかーし。よくこのページを見てください。3ヶ所に「ジャマリ」
の文字が。なんとありがたい。そう、

  2002年11月  ジャマリ内閣発足
  2002年10月〜ムシャラフ大統領は行政権をジャマリ内閣に移譲。
  2004年6月、ジャマリ首相の辞任を受け

というヒントが!これで Jamali が「ジャマリ」という読み方で
あること、そのジャマリさんは2002年11月〜2004年6月に
首相職に就いていたこと、がわかりました。

このように、現職もしくは過去数年間の首相・大統領ならば、
ちょちょいのぱっ。で調べることができます。

しかし今回の場合、Jamali=ジャマリであることはわかりましたが、
肝心の Zafarullah Khan が残ってしまいました。日本の普通のマスコミ
では、ファーストネームまで載せる必要があることは稀ですが、
このさい調べておきましょう。

でもきょうはここまで。残りは次回のお楽しみに。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│アースの気が散る話
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超多忙のピーチにかわり、ふたたびわたくし、アースです。
ピーチファンのみなさま、スミマセン。ではスタート。

昔はバイク乗りだったこともあり、車の運転が好きです。
(ぼうそう族じゃありません、念のため)

レースをやってみたいなと思ったこともあるし、狭い峠道なんかでは
『一方通行にしてくれれば、もうちょっとコーナー攻められるのに。ちっ』
とか思ったりしますけど、まあいまは普通のご家庭用の車。

日々の目標は「いかに燃費を上げるか」。

そもそも田舎道なので、10キロくらい信号がないことも
少なくありませんが、我が家は中山間地にあるので、
アップダウンがけっこうあります。

そこを、いかにアクセルを踏まず、いかにブレーキを踏まず、
スムーズに、前後の車にも迷惑をかけず走るか。

あ、そうそう、いまどきオートマチックじゃないんです。
だってオートマチック、つまんないんだもん。

別にケチなのじゃありません。車がなければ暮らせない地域では
あるけれど、少しでも石油資源に頼らずに済むよう、その限界に
挑戦中というところ。

でもいまの車がもう12年目で12万キロ走っているので、
そろそろ次のことも考え中……バイオエタノールもいいけれど、
できればハイブリッドの小型車がいいかなあと思っています。

どこのメーカーでも良いので、早く小型車作って下さい。

ほんとのとこ、欧州のどこかの企業が作っている「エアカー」が
いいんだけどなあ。空気だけで走るって、ものすごく「とんでも科学」
くさいのですが、できれば信じたい。↓

http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20030930301.html

その後、開発が進んだという話を聞いたことがありません…残念。


◆編集後記◆
無駄に元気なのはわたし(アース)の十八番だったはずなのですが、
何年ぶりかで風邪を引いてしまったようです。でも仕事は待って
くれない。
「電話口でくしゃみすな!やかましいっ!」と打ち合わせ相手の翻訳者に
かみつかれ(オニ〜)、ごみ箱はティッシュであふれ、モニターは
涙でかすみ…ながらも誰も替わってくれないこの辛さ。
翻訳者をやるのも辛いよ。

-[▽PR]-----------------------------------------------------------

    ★☆★ 翻訳力と調査力をアップしよう! ★☆★

  先般からご案内しております7月7日・8日のセミナーの「添削参加
  コース」参加希望者を受付中です。

  メルマガの内容に沿い、翻訳に必要不可欠な「調査術」と、正確で
  読みやすい訳文を作るための「翻訳術(ちょくねりメソッド)」を
  扱った課題に挑戦して頂きます。

  スペイン語学習に行き詰まり気味の方やマンネリ感を覚えている方、
  翻訳者になるのにどんな勉強が必要なのか興味がある方などに
  特にオススメ!

    詳細とお申し込みはこちらから
    →http://www.pie.vc/course.html

-----------------------------------------------------------[PR△]-

|
|

« 2007年6月15日 | トップページ | 2007年6月22日 »