« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

 スペイン語翻訳者になろう vol.009

     ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

       スペイン語翻訳者になるのに何が必要?
         才能?コネ?学歴?留学経験?
               いいえ。
         「絶対になる!」という信念と
            的を射た努力だけ。

         現役の実務翻訳者である私たちが
        あなたの夢の実現のお手伝いをします。

     ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 きょうの予告欄でお知らせしますとおり、7月7日(土)に
 本メルマガ発行人である私たち2人がナマ講義を開催いたします。
 「目からうろこがボロボロ体験」をしていただこうと、いまから作戦を
 練りに練っておりますので、ぜひぜひご参加くださいませ!
 奇しくもその日は七夕。
 元・天文部員のアースから、☆に関する特別講義があるかも・・・?

 なお、このセミナーについては、近日「セミナー案内・特別号」にて詳しく
 紹介する予定です。
 お楽しみに。。。。

 では第9号も、張り切ってまいりましょう。

-[予告]-----------------------------------------------------------

     ★☆★ 翻訳力と調査力をアップしよう! ★☆★

   ス┃ペ┃イ┃ン┃語┃翻┃訳┃力┃UP┃セ┃ミ┃ナ┃ー┃!┃
   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

  来る7月7日、本メールマガジンの発行人であります私たちピーチ
  &アースがそろって、少人数を対象にナマの講義を行います!この
  メルマガの内容に沿い、翻訳に必要不可欠な「調査術」と、正確で
  読みやすい訳文を作るための「翻訳術」を学ぶためのセミナーです。
  ぜひご参加下さい。

   詳細とお申し込みはこちらから
   →http://www.pie.vc/course.html

------------------------------------------------------------------

  ==<もくじ>=======================
    1) 最低限必要な資料をそろえよう
    2) きょうのキーワード
    3) 実際に訳してみよう
    4) アースの気が散る話
  ==============================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)


┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ 最低限必要な資料をそろえよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私(アース)が大学生だったころの普段使いの資料と言えば、
高橋先生編の白水社『西和辞典』と、三省堂の『スペインハンドブック』
だけでした。この2冊にはずいぶんお世話になりましたが、どちらも
発行からずいぶん月日が経ち、使えなくなっている部分も多いようです。

あのころ(どのころ?)から考えると、いまは
ずいぶん恵まれていますよね。

いまはほとんどなんでもネットで調べることができますが、
ネットの情報が「正体不明」の「細切れ」になりやすいのに対し、
紙の資料にはそれなりの信頼が置け、またまとまっているという
利点があります。

西和辞典だけでも、小学館、白水社、三省堂、研究社と
大手出版社からはだいたい出ており、それぞれに個性が
ありますから、できれば全部そろえておきたいところです。

それから西西辞典。当然ながらこれも必須です。
ここでご紹介しても良いのですが、他のスペイン語サイトでも
紹介されているでしょうから、そちらにお譲りします。
ここでは、翻訳をするときに役に立つ資料を見ていきましょう。

スペイン語以外で絶対に必要なのは、日本語の辞典です。
複数の国語辞典、類語辞典、表現辞典など。

私が頻繁に使うのは、『広辞苑』と『角川類語新辞典』です。
文章の内容によっては、西和辞典5に対して日本語の辞典を1
引いているんじゃないかと思えるくらい引くときもあります。
『逆引き広辞苑』も案外お役立ちです。(ちょっと趣味の範囲
かもしれませんが)

それから英和辞典。
特に新しい単語や技術用語は英語から借用されていることが多いので、
かなりの問題が解決します。

研究社の『リーダーズ』『リーダーズプラス』がお勧めです。
というより、これは必須の部類に入りますね。

英語の場合、各種の専門用語辞典がかなり充実していますから、
ご自分の専門分野にあわせてそろえていくといいでしょう。

その他一般的なところでは、平凡社の『スペイン・ポルトガルを知る事典』
『ラテン・アメリカを知る事典』、早稲田大学出版部の『スペインの政治』
『スペインの社会』『スペインの経済』など。

ここから先は、翻訳する文章の内容によってもずいぶん変わってきますが、
私が普段からよく使っているものをご紹介します。

まずは地図! これ、案外必要です。できれば大判のものがいいでしょう。
ネット上にも地図サイトはたくさんありますが、画面上では小さくて
見にくいし、大きくしようとすると範囲が狭くなってしまうのが
大きな欠点です。

次に地名辞典と人名辞典。人名辞典には有名人しか載っていませんが、
同じつづりの同じ国の人の読み方の参考にはなります。
特に中国・韓国人名は助かります。

本棚を見渡すと他にもいろいろあるのですが、基本的には
だいたいこんなところでしょうか。

在宅で仕事をする限り、必要最低限の資料は自分でそろえておきましょう。
実力とは関係なく、「お金で解決できる」部分なのですから、
ちゃちゃっと解決して、本筋の翻訳力で勝負したいものです。

そう、「資料はお金で買える実力」なのです。

そこでケチっているようでは、実務翻訳者としての第一歩は踏み出せません。
初心者であればあるほど、資料で武装すべき。

RPGゲームにたとえると、同じレベル1で「こんぼう」を
持っているのと、「勇者の剣」を持っているのと、どちらが
強いかってことです(勇者の剣はお金では買えないでしょ〜
というツッコミはなし。ゲームに興味のない方、スミマセン)。


┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│きょうのキーワード 【supuesto】
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

訳しにくい形容詞シリーズ第2弾、今回は supuesto です。

supuesto(形容詞)を辞書で引くと、「仮定の」「想像上の」
「〜と思われている」「うわさの」「偽の」「自称〜」など、
さまざまな訳語が載っています。

つまり、文脈に合わせていかようにも料理できるということです。

「いかようにもできる」からこそ難しい・・ともいえるのですが、
これは沢山の文章に接するなかで慣れていくしかありません。

次の「実際に訳してみよう」で、力試ししてみましょう。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3│実際に訳してみよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇本日の課題

Coca-Cola refuta supuesta presencia de sustancias cancerigenas en
gaseosas

【語注】
Coca-Cola:この場合は、飲料の「コカコーラ」ではなく、コカコーラ社という
      会社を指しています。
sustancias cancerigenas:発ガン性物質
gaseosa:炭酸飲料。この場合はいうまでもなく、あの「コカコーラ」のこと。

【直訳】
コカコーラは、炭酸飲料の中の発ガン性物質の想像上の存在に反論している。

【練り訳】
コカコーラ社は、コカコーラに発ガン性物質が含まれているとの推測に
反論している。


┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4│アースの気が散る話
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

田舎の特徴というと?

きれいな景色?素朴な人々?人の少なさ?・・・

ちっがーう。

「超低速で走る老人の自転車」

です。

ご存知の通り、自転車やバイクは、速く走るより
遅く走るほうがたいへんです。

しかし田舎のおじいさんおばあさんたちは、とんでもない低速で
走る。ぜったいに、ぜーったいに、歩く方が速い。

しかしフラフラしているわけではなく、ちゃんとまっすぐ走る。
(中国雑技団もまっさお)

時には、クワなんか荷台に結び付けちゃって、

 「あんたそりゃバランスとるのたいへんじゃろ!」

と言いたくなったりして。

あのすばらしいバランス感覚はどこから来るのであろうか。。。

◆編集後記◆
アースです。実は東京にいます。なんだかんだで数ヶ月に一回は
上京して、頭を actualizar するように努めています。

いまは静かなホテルの一室でこれを書いていたりして、売れっ子
小説家気分。翻訳家って、ホテルに缶詰めになって訳したり
するのかしらん…?ぜんぜん頭が actualizar されていないことが
わかったところで、ちゃんちゃん。

次号はなんと6月になってしまいますね!ではまた。

| | トラックバック (0)

 スペイン語翻訳者になろう vol.008

     ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

       スペイン語翻訳者になるのに何が必要?
         才能?コネ?学歴?留学経験?
               いいえ。
         「絶対になる!」という信念と
            的を射た努力だけ。

         現役の実務翻訳者である私たちが
        あなたの夢の実現のお手伝いをします。

     ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 おはようございます。

 きょうは雨が降るのか、さっきからゲコゲコゲコゲコ
 カエルの歌がにぎやかに聞こえてきます。

 もうすぐ梅雨ですね。制服を着て市バスに乗った
 ときのいや〜な感じを思い出します。
 毎年のことですが、うんざりですね。

 朝からうじうじ失礼!
 さて、メルマガの方は元気にまいりましょう。

-[▽PR]-----------------------------------------------------------
 日本初!本格的なスペイン語経済辞典が誕生!
  『スペイン語経済ビジネス用語辞典』 大修館書店
   (カシオ電子辞書 XD-SW7500 搭載、書籍版はありません)
 詳細は→http://www.uranus.dti.ne.jp/~hispana/new/jisho.htm
-----------------------------------------------------------[PR△]-

  ==<もくじ>=======================
    1) トライアルを受けてみよう
    2) ピーチのメタボリック雑記
  ==============================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ トライアルを受けてみよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「翻訳会社のトライアルを受けてみてはどうですか?」

そう勧められたら何と答えますか?

「まだまだ勉強中なのに、トライアルなんて・・早すぎます」
顔の前で片手を大きく振りながら、そう答える方も多いかもしれませんね。

(あ、トライアルとは、簡単に言えば「翻訳会社などが、翻訳者として登録す
るかどうかを決めるために行なう試験」のことです)

もちろん客観的に見て「問題外!」な実力ならば、そういうリアクションに
なってしまうのものも無理はないでしょう。

しかしです。
このメルマガを購読しようというくらいの方の中には、「プロの一歩手前」の
力をお持ちの方も少なくないのじゃないかなぁ。

「自分の力がわからないから、ちょっと・・・」

そういうあなたは、「トライアル」で判断してもらっては?(かなり乱暴?)

スペイン語学習者の中には、スペインのDELEや日本の文部科学省認定
スペイン語検定の合格を目標に頑張っている方も多いようです。
いわば、「勉強の成果を図ってもらうために勉強している」わけですね。

「勉強のための勉強」も、もちろん悪くありません。立派なことです。

しかし、もしもプロを目指すのであれば、いつまでもそれだけを続けていては
道は拓けません。

西検やDELEの資格は、残念ながら、スペイン語翻訳者の世界への
パスポートにはならないのです。(あえて言えば「パスポート申請時にあると
望ましい要件」くらいでしょうか)

西検等の資格だけで翻訳者登録してもらえるケースも「ない」とはいいません
が、そのような登録によって仕事がいただけることはごくごくごく稀、と考え
るのが無難です。

翻訳会社さんは、資格の有無で訳者の基本的な語学力を推し量ることはあって
も、「有資格者=翻訳者として有能」とは考えていません。

だからこそ、「即戦力になる人財かどうか」を知るために、「トライアル」を
行なっているのです。

「自分が翻訳者として使ってもらえる力があるかどうか」を試すため、そして
「学習者」を抜け出し「プロ」への一歩を踏み出すため、トライアルを受けて
みてはいかがですか?

(なお、トライアル情報は、某翻訳ジャーナルのような雑誌を見るなり、ネッ
トで調べた翻訳会社にメールや電話で照会するなりすれば、簡単に得ることが
できますよ。行動あるのみ!です。)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│ピーチのメタボリック雑記
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ことわざが好きです。
日本語にも味のあることわざは多いですが、スペイン語も負けてはいません。
ということで、今の気分で、勝手に「ことわざ部門賞」つくっちゃいました。
(訳や解釈がいい加減かもしれませんがご容赦下さい)

●「こんな人になりたい」部門

A buen entendedor, pocas palabras.

理解の良い人には ほんのちょっと説明すれば十分。
 → 『一を聞いて十を知る』

●「人生の真理」部門

Del dicho al hecho hay un gran trecho.

言葉と事実の間には大きな隔たりがある。
 → 『言うは易く、行うは難し』

●「スペイン語はかわいい」部門

Entre col y col, lechuga.

キャベツとキャベツの間にレタス
 → 『少しは変化もよいものだ』

☆冗談みたいですが、これいいですよね〜。「こる・い・こる」という響きも
好き。

"El refran advierte especialmente sobre la necesidad de variar las
acciones para evitar el cansancio y el aburrimiento por la
monotonia."
ということだそうです。なるほど。

●「自分への戒め」部門

A su tiempo maduran las uvas.

時機が来れば葡萄は熟す
→ 『辛抱することが大切』

●「ラテン系言い訳(?)」部門

Mas vale tarde que nunca.

遅れても、しないよりはまし

☆これ、スペイン語圏のひとたちから何万回聞いたことか・・(自分も
しょっちゅう使ってますが。)

●「簡潔にして真実」部門

Querer es poder.

好きなことならできる
 → 『意志あるところに道は拓ける』

●本日のことわざ大賞

A mal tiempo, buena cara.

つらいときに、いい顔
 → 『困ったときこそ笑顔』

☆本当につらい時にも笑顔でいられるひとこそが、もっとも偉大な人だと思い
ます。

◆編集後記◆
生きているといろいろありますね。
そんなとき自分を力づけてくれる言葉を常備しておくのもよいかもしれませ
ん。
"A mal tiempo, buena cara." もそんな一つ。
しかし、これを実践しようとすると "Del dicho al hecho hay un gran
trecho." を思い知らされるのですが・・。

| | トラックバック (0)

 スペイン語翻訳者になろう vol.007

     ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

       スペイン語翻訳者になるのに何が必要?
         才能?コネ?学歴?留学経験?
               いいえ。
         「絶対になる!」という信念と
            的を射た努力だけ。

         現役の実務翻訳者である私たちが
        あなたの夢の実現のお手伝いをします。

     ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 5月もそろそろ終わりが見えてきました。
 夏が苦手な人間にとってはこれからが怖い季節なのですが、「あつい・さむい
 ・つかれた・いそがしい」の4語は決して言わないのができた人間だそうで。
 (日本一忙しい男「MのMんた」氏がそう述べていたような気が・・)

 う〜ん、そんな立派な人間には一生なれそうもありませんが、せめてこのうち
 の1つは口にしないことを6月からの目標にしようかな・・・と
 とゆるく誓いを立てたところで、第7号のはじまりです。

-[▽PR]-----------------------------------------------------------
日本初!本格的なスペイン語経済辞典が誕生!
  『スペイン語経済ビジネス用語辞典』 大修館書店
   (カシオ電子辞書 XD-SW7500 搭載、書籍版はありません)
 詳細は→http://www.uranus.dti.ne.jp/~hispana/new/jisho.htm
-----------------------------------------------------------[PR△]-

  ==<もくじ>=======================
    1) 地方で翻訳者になるということ その1
    2) きょうのキーワード
    3) 実際に訳してみよう
    4) アースの気の散る話
  ==============================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ 地方で翻訳者になるということ その1
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

地方にいたら一生仕事なんてもらえないでしょって?とんでもない。
だってこのわたしアースは、地方も地方、「ど」のつく田舎に住んで
いるんですよ。それでも仕事はやってきますし、辞書まで作っちゃって
ます。だから大丈夫!

どうやって仕事をゲットするかという話はトライアルの回に譲るとして、
今回は「地方翻訳者の生き残り戦術」をお話ししましょう。

並み居る翻訳者を押しのけ遠方から光る星となるためには何が必要か。

まず最低限必要なのはハード面の充実です。
 「田舎だからインターネットがない」
 「田舎だから電話がない」(んなとこあるか!)
という言い訳は、いまや通用しません。が、こうしてメルマガを読んで
いる皆さんだから、それは大丈夫ですね。

言うまでもなく、電話・ファクス、コンピュータ、ネット接続は必須です。
これは都会の翻訳者の場合も同じですが、特に電器店などがあまりない所に
住んでいる場合は、トラブルの対処に時間がかかることが多いため、
最初からなるべく信頼性の高いものを揃えておくのがいいでしょう。

お金はかかりますが、ここで手を抜くと、後で自分のみならず翻訳会社にも
迷惑をかけることになります。(安物買いの信頼失い)

自分がPCに弱い場合は、知識が豊富で夜中に叩き起こしても
嫌な顔をしないで相談に乗ってくれる人をキープしておくことも大事です。
いまは、そういった有料の専門サービスもあるようですね。

もっとも、自分がそういう人になるのがいちばん確実・無料。

あともう少しで訳文が送れる…という段になってPCクラッシュ!
「直るのは一週間後なんですスミマセン…」ではそれこそスミマセンからね。

「生き残り戦術」、きょうのもうひとつのポイントは電話です。

打ち合わせの必須アイテムですが、翻訳会社にとっては同じ実力、同じ人柄、
同じ顔(?)の翻訳者であれば、かかる電話代が安いほうがいいに決まって
いますよね。

東京から我が家まで、まともに電話すると3分80円、15分400円、
1時間1600円……誰が雇ってくれるだろうか。

ぼーっと構えていたら、会社の近くに住んでいる人に仕事を取られて
しまいます。

いまはIP電話などの便利なツールがありますから、うまく利用しましょう。
IP電話は「相手からかけてもらった場合も安い」ところがミソで、
翻訳会社もIPを備えていれば、うまくすると「無料」になります。

そういった会社の人からは、内線にかける感覚だからか、翻訳に関係のない
相談もされたりします。こちらも気楽に電話できます。電話代を気にしていた
時代にはできなかったコミュニケーションが取れるようになるんです。

コーディネーターも人の子です。ふだんよく話をする人のほうが仕事を
頼みやすいに決まっています。IPでもなんでも、ハイテク機器を駆使して
彼らの頭の中の「常連翻訳者さん」になるようにがんばりましょう。

都会に住んでいる方でも、ひょっとすると遠方の会社(もしかしたら海外の
会社)と仕事をする機会があるかもしれませんから、知っていて損はないと
思います。詳しいことは専門のページに譲りますので、調べてみて下さい。

いまはまだ普及の途中ですが、Skype(http://www.skype.com/)などが
利用できる会社もあるかも。

他にもまだいろいろとお話ししたいことはありますが、今回はここまで。
いつか「精神面」についても書こうと思います。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│きょうのキーワード 【posible】
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これから数回にわたって訳しにくい形容詞を取り上げようと思いますが、
今回はその第1弾です。

posible を辞書で引くと、「可能な」「ありうる」などと載っています。
Es posible terminarlo hoy. (それを今日終えることは可能だ)のように、
posible が ser 動詞の後にくる場合は訳出も簡単ですね。
でも、名詞の前に付く場合は・・・・ちょっと工夫が必要。

とはいえ、「可能性がある」というニュアンスさえ出せれば、あとは
自由に訳して大丈夫な語ですので、おそるるに足りません。

「実際に訳してみよう」のコーナーで練習してみましょう。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3│実際に訳してみよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇本日の課題

Crece expectativa por la posible aparicion de Fidel en los actos por
el Dia del Trabajador.

【語注】
Dia del Trabajador:メーデー
Fidel:キューバの国家評議会議長、Fidel Castro のこと。

【直訳】
メーデーのための式典での、フィデルのありうる登場への期待が
高まっている。

【練り訳】
メーデーの式典にフィデルが登場するのではないかとの期待が高まっている。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4│アースの気の散る話
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

きょうはまともに翻訳の話。

先回の第6号までは調査の基礎についてお話しましたが、
いかがだったでしょうか?
 「じょーしきでしょ、じょーしき」
という方もいれば、
 「翻訳者ってそこまでやるの…?」
と不安に思った方もいるでしょう。

きょうわたしがやっていた記事の翻訳では、間違いなく!翻訳よりも
調査に時間を取られました。時間にして、翻訳1、調査3くらいかなあ。
ひょっとするともっとだったかも。

今回の場合は「定訳」を探すものではなく、あるプロジェクトの概要を
つかむためのものだったので、自分なりに確信が持てるまでに
ずいぶんかかりました。

特にスペイン語圏の新聞は、日本のものとはかなり書き方が違うので、
話の流れがつかめずに困ることがよくあります。最後の最後まで読んで、
「ああ。そういうことだったか・・・」と首肯することも一度ならず。

ここで問題になるのは、「スペイン語の言い換え癖」。初めての事柄
について読むときは、違う言葉をうっかり違うものとして捉えてしまい、
頭のなかワケワカラン状態で読み進み、最後に至って「ぎゃあ」と叫ぶ
わけです。

締切が迫っている時に限って、そういう文章に当たるのよね〜。

それと・・・欧米の新聞は「まず結論が来る」と言われますし、
スペイン語圏のもそうだと言えばそうなのですが…「結論」というより、
「まず記者の言いたいことが来る」と言った方がいいような気がします。

なんでそこに記事のポイントを持ってくるかなぁ〜と思うこともしばしば。
それこそが個性であり、読者としては楽しむべきポイントでもあるのかも
しれませんが、翻訳するときには困るのよ〜!

(すべては自分の実力不足を棚に上げ)

◆編集後記◆
みたび、アースです。
またもやストーブ使ってるんですけど〜!
おまけに足温器までつけてたりして。
さむいさむいさむい。
(はい、できてない人間です)

次号の金曜日には「あつい」と言ってそう…。ではまた!

| | トラックバック (0)

 スペイン語翻訳者になろう vol.006

     ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

       スペイン語翻訳者になるのに何が必要?
         才能?コネ?学歴?留学経験?
               いいえ。
         「絶対になる!」という信念と
            的を射た努力だけ。

         現役の実務翻訳者である私たちが
        あなたの夢の実現のお手伝いをします。

     ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 おはようございます。アースです。

 東京では麻疹が大流行だそうですね。
 こんど上京するのに、怖いよ〜。

 東京に行くたび、こんなに人が集まってちゃ、
 病気も広がるよ…と思います。

 ワクチン以外はほぼ予防法もないそうですが、
 みなさまもご留意を〜。

 では第6号です。

-[▽PR]-----------------------------------------------------------
日本初!本格的なスペイン語経済辞典が誕生!
  『スペイン語経済ビジネス用語辞典』 大修館書店
  (カシオ電子辞書 XD-SW7500 搭載、書籍版はありません)
 詳細は→http://www.uranus.dti.ne.jp/~hispana/new/jisho.htm
-----------------------------------------------------------[PR△]-

  ==<もくじ>=======================
    1) Web時代の翻訳術 〜調査力を磨こう〜
    2) アースの気が散る話
  ==============================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ Web時代の翻訳術 〜調査力を磨こう〜
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【何を調べるの? その2】

前回は、「調査対象」の簡単な例として、辞書に載っていない人名の
読み方を挙げました。それ以外に調査が必要な言葉も、基本的には
西和辞典に載っていないものです。

例えば、地名、書籍名、社名・組織名、映画名。「同時多発テロ」の
ような歴史的事件名。あるいは、言語辞典には載っていない様々な分野の
様々な専門用語。

最新のドキュメントを扱っていれば、「将来は西和辞典に載りそうだが、
いまはまだ載っていない新語」に出会う可能性もあります。
(これを見つけるとうれしいんですよね〜)

こういった「ひとつのスペイン語に対するひとつの日本語」を探すケース
以外にも、調査には様々な種類があります。

例えば一国の政治体制や、行政区分などを調べることがあります。
翻訳するのにそんなことが必要なのかと思われるでしょうか。

presidente del Estado といったら、なんでしょう。まず間違いのない
訳としては「国家元首」ですが、presidente del Estado, Hu Jintao と
あったら、やはり「胡錦涛国家主席」と訳すべきですよね。

もし presidente del estado espanol だったら?そう、「スペイン首相」
です。(あまりこう言われることはないようですが)

これが中国とスペインだからすぐにわかりましたが、あまりなじみのない国の
場合には、その国が議院内閣制なのか、大統領制なのか、あるいは日本語での
定訳などを調べてからでなければ、きちんと訳すことができません。

単に Congreso と言った場合も、グアテマラなら一院制ですが、米国なら
ご存知の通り上下両院の両方を指します。

ほんの少し見ただけで、これだけ調べるべきことがでてきました。
しかもこれらは、基本中の基本です。

翻訳する文章の種類にもよりますが、実際に私たちが仕事をするうえで、
かかった時間の半分以上が調査のためだったということも少なくありません。
頭から湯気が出そうになり(たぶん出た)、画面に向かって毒づくことも
今までに数知れず…。

でも、実は調査というのはかなり楽しいです。私の場合、はっと気がつくと
自分の興味のままに調査が進んでいたということも(それって調査?)。

体はこの部屋にいますが、頭の中はネットに入り込んで、あるときは
スペイン国会に、あるときはメキシコ湾の深海底に、あるときは
アルゼンチンのガソリンスタンドに、あるときはコロンビアの小さな会社の
オフィスに……いつも心は世界旅行。

なあんてフラフラばかりもしていられない。次は調査に使うツール
について、少しお話しようと思います。(次回のこのコーナーは6月
になる予定です)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3│アースの気が散る話
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2階で仕事をしていたら、すごくきれいな鳥の声が
聞こえてきました。窓から双眼鏡で声の主を探してみると…

「イカル(斑鳩)」という鳥でした。きれいでしょ?
http://www.onomichi.ne.jp/~eco/wildbird/wb_1_009.html

この声量は、メスでも誘っているのかなと思いきや、
桜の木のケムシをむしゃむしゃむしゃむしゃ食うわ食うわ。

どうぞ、たくさん食ってくださいませ。

このように、たまにきれいな鳥が家の前の桜の木にやって
くるので、いつでも「さっ!」と取り出せるように、窓辺に
双眼鏡を置いてあります。うらやましい?ふふ。

でもまあ、ふだんはスズメ、トンビ、カラス、ツバメといったところ。
それに最近は、カモメもやってくるようになりました。

海岸線から20〜30キロは離れているのに、なんで?と思ったら、
最近は田んぼであまり農薬を使わなくなったので、タニシなどが
増え、それを狙って来ているということでした。

そういえば近ごろ、田んぼにはたくさんアメンボがいる。
少し前まではあまりいなかったような。

いままで、田んぼはアオサギ
http://www.onomichi.ne.jp/~eco/wildbird/wb_1_001.html
の天下だったのに、最近はカモメに押され気味。
こっちは単独行動、あっちは集団だからなあ。
目つきも悪いし(関係ないって)。

がんばれアオサギ!

◆編集後記◆
ピーチです。
先日、「ゆで卵と卵焼きって、別の材料から作ったみたいに味が違うなあ」
(そんなことないですか?)と、どーでもいいようなことを考えているうち、
どうしてもためしたくなって、「焼きゆで卵(?)」を作ってみました。
白身と黄身を完全に分離して黄身だけで卵焼きをつくり、それを白身で作った
薄焼き卵でくるんだのです。
そしたら、あらびっくり!
ゆで卵とまったく同じ味でした。

材料が同じなんですから当然ですよね・・・あほらし。

でもこの「焼きゆで卵」、色合いがなかなか斬新です。
お暇があったら試してみてくださいね。

| | トラックバック (0)

 スペイン語翻訳者になろう vol.005

     ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

       スペイン語翻訳者になるのに何が必要?
         才能?コネ?学歴?留学経験?
               いいえ。
         「絶対になる!」という信念と
            的を射た努力だけ。

         現役の実務翻訳者である私たちが
        あなたの夢の実現のお手伝いをします。

     ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 5月ももう半ば!
 GWがあるせいか、5月はとくにはやく過ぎるように感じます。
 そうこうしているうちに、あっという間に今年も折り返し地点となって
 しまいそうです。

 そして、このメルマガもはや第5号!
 1号から4号までいかがだったでしょうか?
 ご感想やご要望などありましたら、いつでもお待ちしていますので
 宜しく御願い致します。

 それでは今回も張り切って参りましょう。

-[▽PR]-----------------------------------------------------------
日本初!本格的なスペイン語経済辞典が誕生!
 『スペイン語経済ビジネス用語辞典』 大修館書店
 (カシオ電子辞書 XD-SW7500 搭載、書籍版はありません)
 詳細はこちら→http://casio.jp/exword/products/XD-SW7500/
-----------------------------------------------------------[PR△]-

  ==<もくじ>=======================
    1) Web時代の翻訳術 〜調査力を磨こう〜
    2) きょうのキーワード
    3) 実際に訳してみよう
    4) ピーチのメタボリック雑記
  ==============================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)


┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ Web時代の翻訳術 〜調査力を磨こう〜
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【何を調べるの? その1】

先回このコーナーでは、「翻訳するのに調査は必須」ということを
お話しました。ではいったい、何をそんなに調べる必要がある
のでしょうか。

まずはわかりやすい例を紹介しますので、トライしてみてください。

El presidente chino, Hu Jintao, se entrevisto' en marzo de
2003 en Beijing con el primer ministro paquistani'
Zafarullah Khan Jamali.

もーっ、半分はスペイン語じゃないじゃん!と腹が立ってしまうほど
ですが、この文章には presidente chino と paquistani' という大ヒントが
隠れていますから、解決はそれほど難しくありません。

そう、Hu Jintao は中国の胡錦涛国家主席、Zafarullah Khan Jamali は
パキスタンのザファルッラー・カーン・ジャマリ首相ですね。(ただし
2003年当時。パキスタン首相はすでに交替しています)

ついでに言うと、Beijing は「北京」です。

たったこれだけの文章でも、まったく何も見ずにすらすらと訳せた人は
ほとんどいないのではないでしょうか?新聞を見るなり、ネットで
検索するなり、とにかく何らかの資料にあたったはずです。

これこそが「調査」です。

なーんだ、それならいつもやってるよ!と思われたかもしれません。
そう、これが調査の基本です。

今回の場合、
  Hu Jintao   Beijing   Zafarullah Khan Jamali
の3つは、西和辞典に載っていない言葉でした。だから仕事であっても
原文のまま納品すればいいかというと…それはもちろん許されません。

ごくまれに、原文の固有名詞はそのまま残しても良いという条件で翻訳が
できることもありますが、ほとんどの場合は漢字にせよ、カタカナにせよ、
とにかく日本語にする必要があります。

つまり、なんとかして翻訳者の側で解決せねばならないということです。
それが「調査」であり、実は翻訳プロセスのうちのかなりの部分を
占めています。

一方で、例えば日本ではその存在さえ知られていない小さな会社の
中国人社長などになると、依頼元からの情報がない限り、どうひっくり
かえっても調べようがありません。

そういうものを無理に調べようとするのは、時間の無駄。調べがつくか
つかないか、そのあたりを見分ける「嗅覚」も必要になりそうです。

人名の他にも、基礎的な調査事項はまだまだあります。
次回はそれらについてお話しします。


┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│きょうのキーワード 【demanda】
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

受験英語で demand=「需要」とたたき込んだせいか、スペイン語の
demanda を見てもそればかり頭に浮かんでしまいますね。あるいは
「要求」が思い浮かぶ人もいるでしょうか。

確かにスペイン語でも「需要」「要求」の意味があります。
でも demanda にはもうひとつ、「提訴、訴訟」という語義もあり、
あんがいと出てきますのでぜひ覚えておきましょう。

demanda だけで「提訴状」や「申立書」を意味することもあります。


┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3│実際に訳してみよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇本日の課題

Las principales companias musicales del mundo estan preparando
una demanda contra Yahoo China por infringir los derechos de autor.

【語注】
infringir:(法律などを)侵す
derechos de autor:著作権

【直訳】
世界の主な音楽会社は、著作権を侵すことを理由に、Yahoo! China に
対する提訴を準備している。

【練り訳】
世界の主要な音楽会社は、著作権の侵害を理由に Yahoo! China を
提訴する準備を進めている。

※「練り訳」とは私たちの造語で、直訳を練って作った
 「翻訳として商品価値のある訳文」のことです。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4│ピーチのメタボリック雑記
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨今、「時間活用術」がブームのようで、関連書籍や特集を組んだ雑誌をよく
見かける。
自分もこのテーマに大変関心があるので、見かけるとついつい買ってしまい、
結果、我が家の本棚の一角は似たような背表紙の一群に占拠されている(実際
これらの本はタイトルがそっくりなことが多い。同じテーマなのだから当然で
はあるが)。

時間活用とは、「とにかく1分1秒を無駄にせず、意味のあることに使う
こと」、以前の自分はそんな風に解釈していた。

それは正しいのだろうか?

たとえば、午前9時から正午までの3時間に、あるプロジェクトのための
アイデアを出したいなあ・・と思っていたとする。

いくら考えても何も浮かばず、気分転換に・・とつけたTVで、ワイドショー
やら時代劇の再放送やらをだらだらと見ているうちに11時半になってしまった。

困ったなあ・・伸びをしながらそうつぶやいた途端、あるアイデアが天命のよ
うに舞い降りる。
いそいでメモを取り、企画書にまとめる。
ざっと書き上げて、時計を見ると、ちょうど12時。

この時間の使い方を成功と見るか、失敗と見るか。

「当初の目的がアイデアを出すことで、それをちゃんとできたのだから成功に
決まっているじゃない!」

確かにそうだ。

しかし、その時間の目的が何であったかを明確に意識できていなかったとした
らどうだろう?

「9時から11時半までにもっとがんばっていれば、アイデアをあと3つくらい
出せたかも」
「こんな大雑把な企画書だけじゃなくて、詳細なアクションプランにまで落と
し込めたかも」
「ああ、11時半までテレビを見てしまった時間がもったいなかった・・」
などと不満が残る結果になってしまわないだろうか?

目的を意識化せずに、「ただ頑張ろう」としているとき、人間は時間に支配さ
れ、どんなに頑張っても罪悪感を払拭しきれないというジレンマに陥る気がす
る。

時間活用術とは、「時間をすべて同じ密度(濃い密度)で過ごすための策」で
はなく、「時間内に所定の目的を達するための工夫」ではないのかなあ(言い
かえれば「メリハリのある時間の使い方」をすること)。

もしも「手持の時間をすべて充実させたい」と考えて、それがうまく行かない
ことに焦りを感じたりするのであれば、それは「時間活用」の呪縛にあってい
ることになるのではないだろうか。

・・・と、これは私の考え方である。
だから、「それは違うんじゃ?」と思う人がいてもいいわけで。

結局は「自分の腑に落ちるように時間を使うこと」、それが時間活用ってこと
なのでしょうね。


◆編集後記◆
アースです。どこに住んでいるかは当分秘密(永久に?)ですが、いま
ストーブ使ってます。はっきり言ってさむいです。田んぼの苗も凍えてる
みたいです。つい先日はヘビが道路の真ん中でひなたぼっこするくらい
暖かかったのに〜。体調管理がほんとに大変な今日この頃ですね。
ピーチも企画発作なんか起こしてないで、ちゃんと風邪を治しなはれ。

次号は18日です。ではまた〜。

| | トラックバック (0)

 スペイン語翻訳者になろう vol.004

     ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

       スペイン語翻訳者になるのに何が必要?
         才能?コネ?学歴?留学経験?
               いいえ。
         「絶対になる!」という信念と
            的を射た努力だけ。

         現役の実務翻訳者である私たちが
        あなたの夢の実現のお手伝いをします。

     ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 おはようございます、アースです。
 さわやかな気候になったのは一瞬で、あっというまに
 真夏に突入!という感じですね。と思ったら、また寒く
 なっちゃいました。どなたさまも、ご自愛ください。

 さて、今回からしばらくは、エラソ〜に辞書編纂者を名乗る
 わたしたち2人の面目躍如たる「調査テク」について
 お話ししていきます。まずはごくごく基本編から。

 それでは参りましょう!

-[▽PR]-----------------------------------------------------------
日本初!本格的なスペイン語経済辞典が誕生!
 『スペイン語経済ビジネス用語辞典』 大修館書店
 (カシオ電子辞書 XD-SW7500 搭載、書籍版はありません)
 詳細はこちら→http://casio.jp/exword/products/XD-SW7500/
-----------------------------------------------------------[PR△]-

  ==<もくじ>=======================
    1) Web時代の翻訳術 〜調査力を磨こう〜
    2) アースの気が散る話
  ==============================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ Web時代の翻訳術 〜調査力を磨こう〜
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【調査ってなんのこと?】

「調査? 探偵でもあるまいに」と思ってしまったあなたは、
このコーナーに Bienvenido o Bienvenida。

第1号の冒頭で登場した無邪気な人は、たぶん
 「スペイン語ができればどんな文章でも訳せる」
と思っていることでしょう。でもそうはいかないことを
皆さんはご存知ですよね。

たとえば私が、日本語でもほとんど知識のない医療関係のスペイン語を
読んで訳せるかというと、それは絶対に無理な話です。使える日本語の
蓄積がないのに、訳せるわけがありません。

実務翻訳者はほとんどの場合、その分野の実務に就いたことがない
人たちです。中には、むかし銀行に勤めたことがあって、いまは
銀行関係の翻訳を専門にやっている、という人もいるでしょうけれど、
そんな人はほんの一握り。

しかし第1号でも説明したとおり、実務翻訳はありとあらゆる
分野に広がっており、実務の経験がない私たちも、それらをこなして
ゆかなければなりません。

上の医療の話は極端な例ですが、人間、ありとあらゆる知識を持っている
わけではありませんから、普段から訳している分野の文章であっても、
理解できない事柄や訳せない言葉は必ず出てきます。

特に相手は外国語です。「知らなくて当たり前」です。

そこのところを認めずに、「なんとなくわかっているふり」で訳して
しまうと、最低最悪な翻訳ができあがります。そんなのは「翻訳」とは
言えない、とさえ思います。なにより「商品」としての価値はゼロです。

ではどうするか。無理そうだから諦める?いえいえ、待って下さい。

「調査」です。調べて、調べて、調べまくる。

セサミストリートのビッグバードも言っています。
  The best way to find out is to ask questions.
と。(英語でスミマセン)

以前は図書館に行ったり、やたらめったら本を買い込んだりする必要が
ありましたが、いまはインターネットという便利なツールがあり、
一昔前とは比べ物にならないスピードで調査が可能です。

私たち2人は、辞書を制作するにあたって、それこそありと
あらゆることを、ありとあらゆる角度から、来る日も来る日も
いやというほど調査し続けました。

そしていま、翻訳を行うにあたって、この経験がどれほど
役に立っているかわかりません。

このコーナーではそんな私たちの経験をもとに、翻訳にあたっては
どんなことを、どの程度、どんなふうに調査すべきなのかについて、
実例をまじえながらお話ししていこうと思います。

大変さばかり強調してしまいましたが、調査というのは実は
とても楽しいものです。手持ちの知識とテクニックを総動員して、
「自分が知らないこと」を「知っていること」に変えていく
快感があります。

翻訳というやつは、知識欲を常に満足させてくれます。

※スペインでは Bigbird を Paco Pico と呼んでいるようです。
 これもいま調べました。おもしろ〜い。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│アースの気が散る話
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前号の前書きでピーチが、

 「出す」のは面倒でないのに、
 「しまう」のは何故かくも面倒なのか?
 この謎を解明し、解決策を提示してくれる革命的な研究は
 ないのであろうか? ないならば誰か手がけてくれないだろうか?

と言っていた。

いやいやそれは……「エントロピー増大の法則」ってやつだから、
仕方ない。解決策はない。

熱湯と水が、別々のコップにきっちり分かれて入っているとする。
それを混ぜるのは簡単。どちらかをどちらかに注げばいい。

でも逆のことをしろと言われても、絶対不可能。
同じ温度のぬるま湯を2つに分けることができるだけ。

秩序から無秩序へ向かうのは簡単だが、
無秩序から秩序へ向かうのは大変。

言ってしまえば、「乱雑さ(無秩序)」というのは、
放っておけば増える一方ってことなんだなあ。

つまり、ピーチの家がすさむのも、アースの家が物置き状態になるのも、
宇宙の法則のせいなのだ。

仕方ないのだ。あきらめるのだ。(?)

(はい、とんでも科学的説明デス。ツッコミ禁止。ただし
「エントロピー増大の法則」=「熱力学第2法則」で、本当に
存在しま〜す。スペイン語では ley de la entropia です)

◆編集後記◆
GW明けの一週間がやっと終わりますね。
皆さん、休みボケはありませんでしたか?
私(ピーチ)は、やっちゃいました。
会社にて、デスクトップ型PCのモニターをおもむろに前に倒している
自分がいたのです。
いったい私はなにをしたかったのでしょう? 

答え:家のノートパソコンのつもりで、ふたを閉めようとしていた(でもそこ
   にあったのはふたではなくモニターだったので、閉まる道理がなかった)

久々の会社だったからしょうがないじゃん・・という言い訳は通じる
のでしょうか?

| | トラックバック (0)

 スペイン語翻訳者になろう vol.003

     ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

       スペイン語翻訳者になるのに何が必要?
         才能?コネ?学歴?留学経験?
               いいえ。
         「絶対になる!」という信念と
            的を射た努力だけ。

         現役の実務翻訳者である私たちが
        あなたの夢の実現のお手伝いをします。

     ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 GW,いかがでしたか?
 楽しい思い出、できましたでしょうか?
 自分(ピーチ)は風邪をひき、なにもかも億劫で、どんどんすさんでいく
 家の中でじっとしていると、心まですさみそうでした(笑)。

 「出したらしまう、これができれば家はいつも綺麗♪〜」
 とよく言われますが、「出す」のは面倒でないのに、「しまう」のは
 何故かくも面倒なのか?

 この謎を解明し、解決策を提示してくれる革命的な研究は
 ないのであろうか? ないならば誰か手がけてくれないだろうか?

 ・・・などと阿呆なことを考えているうちに、
 GWが終わってしまいました。

 では、気を取り直して、第3号です!

-[▽PR]-----------------------------------------------------------
日本初!本格的なスペイン語経済辞典が誕生!
 『スペイン語経済ビジネス用語辞典』 大修館書店
 (カシオ電子辞書 XD-SW7500 搭載、書籍版はありません)
詳細はこちら→http://casio.jp/exword/products/XD-SW7500/
-----------------------------------------------------------[PR△]-

  ==<もくじ>=======================
    1) 出版翻訳と実務翻訳の違い その3
    2) きょうのキーワード
    3) 実際に訳してみよう
    4) ピーチのメタボリック雑記
  ==============================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)


┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ 出版翻訳と実務翻訳の違い その3
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回は、実務翻訳の「訳し方」の特徴について、

その1:発行される媒体にふさわしい文体にする
その2:とにかく正確に!「これくらい、いいじゃん!」はだめ

ということをお話ししました。きょうは最後の2点についてです。
念のため、もう一度原文と試訳を挙げておきましょう。

La tabaquera japonesa Japan Tobacco completo' hoy la compra de
la britanica Gallaher, en la mayor adquisicion empresarial de
la historia realizada por una compania nipona y que la consolida
como el tercer coloso mundial del sector.

A)日本のタバコ屋さんの日本たばこ産業が、イギリスのタバコ屋さんの
  ギャラハーを買いました。日本のお店としてはすごく大きなお買い物
  でした。このお買い物で日本たばこ産業は、世界で3番目に大きな巨
  人になりました。

B)日本たばこ産業が本日、イギリスのタバコ企業ギャラハーの買収を完
  了した。日本企業が行った企業買収としては過去最大のもので、これ
  により日本たばこ産業は、世界のタバコ産業で第3位の地位を固めた。

で、Bが実務翻訳としてふさわしいのでしたね。ではなぜAではだめ
なのか、その続きです。

その3:専門用語を使っていない
Aの訳では、completo' compra を「買いました」、adquisicion を
「買い物」としていますね。しかしここでは両方とも、経済の専門用語
である「買収」という言葉を使うべきでした。

自分の判断で専門用語を別の言葉で言い換えたりすると、
通じるものも通じなくなってしまいます。

その4:訳語の統一が取れていない
その3とも通じる話ですが、実務翻訳では compra も adquisicion も
「買収」というひとつの言葉に統一しなければなりません
(もちろんこの文脈で、の話です)。

小説の翻訳なら、「compra はお買い物で、adquisicion は購入に
しようかな」などと工夫するところですけれども、ここも実務では、
同じ意味で使われている言葉には同じ日本語を当てはめます。

スペイン語は言い換えを好む言語であるということは、おそらく皆さんも
感じていることと思います。この compra と adquisicion も、同じ「買収」
という意味で使っているのですが、わざわざ言い換えていますね。

出版翻訳では、「言い換え」を楽しむのもいいかもしれません。
しかし日本の報道文や法律文では、同じ意味の言葉は常に同じいい方を
するのが普通ですし、読者もそれに慣れていますから、
翻訳文もそうしなければなりません。

このテーマではどうも、実務翻訳のストイックな点ばかり強調して
しまいましたが、本当のところそうなので仕方ありません…。
表現をまったく自由に工夫するのも楽しいですが、一定の枠内で
どれだけわかりやすい訳文が作れるかに挑戦するのもなかなか
楽しいものです。

そして「かっちょいい〜!」訳文ができたときは、
ひとりムフフと笑ってみたりして。ムフフ。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│きょうのキーワード 【facilitar】
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

実にいろんな文脈で使われる語ですので、訳出に迷うこともある
と思いますが、核となる意味は

 「(なにかの実行を)簡単にする」
 「(役に立つモノやサービスを)提供する」

の2つ。あとは文脈に「より適した」訳語をあてはめるだけです。

 「・・だけ、といわれてもそれが難しいのよ〜」
 「むずかしーんだよー」
 「難しいのじゃ〜」

と輪唱が聞こえてくるような・・・。そ、そうですよね。
では、「実際に訳してみよう」コーナーで練習してみましょう。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3│実際に訳してみよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇本日の課題

Este programa esta' destinado a contribuir al desarrollo economico y
social de Argelia, promover las relaciones economicas entre Espana y
Argelia, y facilitar la exportacion de las empresas espanolas a dicho
pais.

【直訳】
このプログラムはアルジェリアの経済的社会的開発に貢献すること、
スペイン・アルジェリア間の経済関係を促進すること、スペイン企業の
アルジェリアへの輸出を容易にすることに向けられている。

この直訳では facilitar を「(輸出を)容易にする」としてみましたが、
「(輸出に)便宜を図る」でもOKです。

この直訳でも西文和訳の試験ならば合格点をあげられますが、翻訳としては
まだ少しぎこちない?

【練り訳】
このプログラムの目的は、アルジェリアの経済・社会開発への貢献、
スペイン・アルジェリア間の経済関係の活性化、そしてスペイン企業に
よるアルジェリアへの輸出の促進である。

練り訳では「促進」としてみました。

便宜を図ってもらえば輸出は増える(輸出活動が促進される)と考えるのが
自然ですから、大筋は正しいのですが、若干きれい(?)にまとめすぎたかな
という気もします。

もし、facilitar の語感を十分に生かした良い訳文を思いつかれた方が
いらしたら、ぜひ教えてください。

※「練り訳」とは私たちの造語で、直訳を練って作った
 「翻訳として商品価値のある訳文」のことです。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4│ピーチのメタボリック雑記
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

爪が割れやすいといったら、「女優さんのおもいっきり手袋」なるものを勧め
られた(「どの面下げて女優手袋だよ?」と思った人、でこピン!)

メッシュの網目になっているナイロン製の手袋で、爪を保護すべく、指先だけ
ジョーゼットが二重になっている。
炊事のみならず、シャンプーや洗顔、犬や猫を洗う際にも使えるらしい
(爪の保護以外に、顔やペットなど洗う対象物を爪から守る意味も
あるのですね)。

こうやって爪を守ってくれる手袋。
「なんて親切!なんて画期的!」
そう思って使い出したが、すぐに使わなくなってしまった。

その理由は、「いったん濡らすと、着脱が面倒だから」。

どんなに優秀なものでも、ちょっと便利じゃない点が見えると使わなくなって
しまうのだなあ・・・

使ってもらえるためにはなにより「便利」でなくてはだめなのね。

これは、翻訳者にもあてはまる。

翻訳者は通訳者同様、技術職というよりサービス業だと考えるのが、おそらく
正しい。
クライアントにとって、翻訳会社にとって、「便利」な存在にならなければ、
使い続けてはもらえない。
それは翻訳者のみならず、あらゆる職業に言えることなのだろうけれど。

会社員時代、自分にはこの辺の自覚がまるでなかった。
今思うと、会社にとってかつての自分は、どうしようもなく「不便」な存在
だったのだろうなあ・・・と、台所の片隅でクッタリ横たわる「女優さんのお
もいっきり手袋」を見ながら、思うのです。


◆編集後記◆
アースです。は〜。結局、今年のGWも、まるっと1日休むことなしに
終わってしまいました。経済辞書の制作が佳境に入った2004年秋
くらいから、「暇さえあれば机にへばりつく」習慣がついてしまった
みたい・・・。みなさん、休めるときには休みましょう!!!

| | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »