« 2007年5月25日 | トップページ | 2007年6月1日 »

2007年5月28日

 スペイン語翻訳者になろう vol.009

     ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

       スペイン語翻訳者になるのに何が必要?
         才能?コネ?学歴?留学経験?
               いいえ。
         「絶対になる!」という信念と
            的を射た努力だけ。

         現役の実務翻訳者である私たちが
        あなたの夢の実現のお手伝いをします。

     ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 きょうの予告欄でお知らせしますとおり、7月7日(土)に
 本メルマガ発行人である私たち2人がナマ講義を開催いたします。
 「目からうろこがボロボロ体験」をしていただこうと、いまから作戦を
 練りに練っておりますので、ぜひぜひご参加くださいませ!
 奇しくもその日は七夕。
 元・天文部員のアースから、☆に関する特別講義があるかも・・・?

 なお、このセミナーについては、近日「セミナー案内・特別号」にて詳しく
 紹介する予定です。
 お楽しみに。。。。

 では第9号も、張り切ってまいりましょう。

-[予告]-----------------------------------------------------------

     ★☆★ 翻訳力と調査力をアップしよう! ★☆★

   ス┃ペ┃イ┃ン┃語┃翻┃訳┃力┃UP┃セ┃ミ┃ナ┃ー┃!┃
   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

  来る7月7日、本メールマガジンの発行人であります私たちピーチ
  &アースがそろって、少人数を対象にナマの講義を行います!この
  メルマガの内容に沿い、翻訳に必要不可欠な「調査術」と、正確で
  読みやすい訳文を作るための「翻訳術」を学ぶためのセミナーです。
  ぜひご参加下さい。

   詳細とお申し込みはこちらから
   →http://www.pie.vc/course.html

------------------------------------------------------------------

  ==<もくじ>=======================
    1) 最低限必要な資料をそろえよう
    2) きょうのキーワード
    3) 実際に訳してみよう
    4) アースの気が散る話
  ==============================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)


┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ 最低限必要な資料をそろえよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私(アース)が大学生だったころの普段使いの資料と言えば、
高橋先生編の白水社『西和辞典』と、三省堂の『スペインハンドブック』
だけでした。この2冊にはずいぶんお世話になりましたが、どちらも
発行からずいぶん月日が経ち、使えなくなっている部分も多いようです。

あのころ(どのころ?)から考えると、いまは
ずいぶん恵まれていますよね。

いまはほとんどなんでもネットで調べることができますが、
ネットの情報が「正体不明」の「細切れ」になりやすいのに対し、
紙の資料にはそれなりの信頼が置け、またまとまっているという
利点があります。

西和辞典だけでも、小学館、白水社、三省堂、研究社と
大手出版社からはだいたい出ており、それぞれに個性が
ありますから、できれば全部そろえておきたいところです。

それから西西辞典。当然ながらこれも必須です。
ここでご紹介しても良いのですが、他のスペイン語サイトでも
紹介されているでしょうから、そちらにお譲りします。
ここでは、翻訳をするときに役に立つ資料を見ていきましょう。

スペイン語以外で絶対に必要なのは、日本語の辞典です。
複数の国語辞典、類語辞典、表現辞典など。

私が頻繁に使うのは、『広辞苑』と『角川類語新辞典』です。
文章の内容によっては、西和辞典5に対して日本語の辞典を1
引いているんじゃないかと思えるくらい引くときもあります。
『逆引き広辞苑』も案外お役立ちです。(ちょっと趣味の範囲
かもしれませんが)

それから英和辞典。
特に新しい単語や技術用語は英語から借用されていることが多いので、
かなりの問題が解決します。

研究社の『リーダーズ』『リーダーズプラス』がお勧めです。
というより、これは必須の部類に入りますね。

英語の場合、各種の専門用語辞典がかなり充実していますから、
ご自分の専門分野にあわせてそろえていくといいでしょう。

その他一般的なところでは、平凡社の『スペイン・ポルトガルを知る事典』
『ラテン・アメリカを知る事典』、早稲田大学出版部の『スペインの政治』
『スペインの社会』『スペインの経済』など。

ここから先は、翻訳する文章の内容によってもずいぶん変わってきますが、
私が普段からよく使っているものをご紹介します。

まずは地図! これ、案外必要です。できれば大判のものがいいでしょう。
ネット上にも地図サイトはたくさんありますが、画面上では小さくて
見にくいし、大きくしようとすると範囲が狭くなってしまうのが
大きな欠点です。

次に地名辞典と人名辞典。人名辞典には有名人しか載っていませんが、
同じつづりの同じ国の人の読み方の参考にはなります。
特に中国・韓国人名は助かります。

本棚を見渡すと他にもいろいろあるのですが、基本的には
だいたいこんなところでしょうか。

在宅で仕事をする限り、必要最低限の資料は自分でそろえておきましょう。
実力とは関係なく、「お金で解決できる」部分なのですから、
ちゃちゃっと解決して、本筋の翻訳力で勝負したいものです。

そう、「資料はお金で買える実力」なのです。

そこでケチっているようでは、実務翻訳者としての第一歩は踏み出せません。
初心者であればあるほど、資料で武装すべき。

RPGゲームにたとえると、同じレベル1で「こんぼう」を
持っているのと、「勇者の剣」を持っているのと、どちらが
強いかってことです(勇者の剣はお金では買えないでしょ〜
というツッコミはなし。ゲームに興味のない方、スミマセン)。


┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│きょうのキーワード 【supuesto】
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

訳しにくい形容詞シリーズ第2弾、今回は supuesto です。

supuesto(形容詞)を辞書で引くと、「仮定の」「想像上の」
「〜と思われている」「うわさの」「偽の」「自称〜」など、
さまざまな訳語が載っています。

つまり、文脈に合わせていかようにも料理できるということです。

「いかようにもできる」からこそ難しい・・ともいえるのですが、
これは沢山の文章に接するなかで慣れていくしかありません。

次の「実際に訳してみよう」で、力試ししてみましょう。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3│実際に訳してみよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇本日の課題

Coca-Cola refuta supuesta presencia de sustancias cancerigenas en
gaseosas

【語注】
Coca-Cola:この場合は、飲料の「コカコーラ」ではなく、コカコーラ社という
      会社を指しています。
sustancias cancerigenas:発ガン性物質
gaseosa:炭酸飲料。この場合はいうまでもなく、あの「コカコーラ」のこと。

【直訳】
コカコーラは、炭酸飲料の中の発ガン性物質の想像上の存在に反論している。

【練り訳】
コカコーラ社は、コカコーラに発ガン性物質が含まれているとの推測に
反論している。


┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4│アースの気が散る話
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

田舎の特徴というと?

きれいな景色?素朴な人々?人の少なさ?・・・

ちっがーう。

「超低速で走る老人の自転車」

です。

ご存知の通り、自転車やバイクは、速く走るより
遅く走るほうがたいへんです。

しかし田舎のおじいさんおばあさんたちは、とんでもない低速で
走る。ぜったいに、ぜーったいに、歩く方が速い。

しかしフラフラしているわけではなく、ちゃんとまっすぐ走る。
(中国雑技団もまっさお)

時には、クワなんか荷台に結び付けちゃって、

 「あんたそりゃバランスとるのたいへんじゃろ!」

と言いたくなったりして。

あのすばらしいバランス感覚はどこから来るのであろうか。。。

◆編集後記◆
アースです。実は東京にいます。なんだかんだで数ヶ月に一回は
上京して、頭を actualizar するように努めています。

いまは静かなホテルの一室でこれを書いていたりして、売れっ子
小説家気分。翻訳家って、ホテルに缶詰めになって訳したり
するのかしらん…?ぜんぜん頭が actualizar されていないことが
わかったところで、ちゃんちゃん。

次号はなんと6月になってしまいますね!ではまた。

| | トラックバック (0)
|

« 2007年5月25日 | トップページ | 2007年6月1日 »