スペイン語翻訳者になろう vol.546

おはようございます。アースです。
以前は、満開の桜の下で入学式の写真、が定番でしたが、もはや
そんな組み合わせはほぼ望めない状況になってきましたね。
言うまでもなく、気温の上昇が原因であるわけですが…。
先日、気象庁から、今年5月19日以降、「新平年値」を採用するとの
発表がありました。「平年値」は30年間の実績平均をとるのですが、
毎年変わるわけではなくて、例えば今はまだ1981~2010年の値が
使われています(比較対照をコロコロ変えても意味がありません
ものね)。
それを5月から、1991~2020年の値に変更するそうです。
この30年で気温は上昇、降水量もかなり多くなってますから、
これからはそれを「ふつう」として考えますよ、ということ。
となると。
「本日の気温は平年並でしょう」と言われたら、それは「ふつーに
めちゃ暑い」ということ。「本日の気温は平年をかなり上回る
でしょう」と言われたら、それは「ふつーにめちゃ暑かった去年に
輪をかけた地獄のような暑さになる」ということです。
あ〜あ。
というわけで、今年の夏は(も)、「平年並」だからといって、
気を抜かずに過ごしましょう〜。(あ、気温だけじゃありません
からね。雨もですからね)

さてさて、それでは本題に移りましょう〜。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【パラグアイの挑戦〜衛星で感染症監視〜(3)】

◇本日の課題
Una de las misiones de los satelites BIRDS-4 es demostrar que se
pueden recopilar datos a traves de estaciones terrestres en regiones
de dificil acceso. En Paraguay, los cientificos instalaron sensores
para detectar la presencia de triatomino, un insecto tambien conocido
como vincucha o chinche en Paraguay, el cual es portador del parasito
que causa la enfermedad de Chagas.
(NASA Ciencia 13 de marzo)


【語注】
recopilar :(資料などを)集める
estacion :観測所
sensor :センサー
detectar :探知する、見つけ出す
triatomino:サシガメ
chinche :ナンキンムシ
portador :運搬者
parasito :寄生虫
enfermedad de Chagas:シャーガス病

※BIRDS-4:日本の九州工業大学が、パラグアイやフィリピンと共同で、10cm
角の超小型人工衛星を開発するプロジェクト「Joint Global Multi Nation
Birds project」第4弾。一度に複数の衛星を国際宇宙ステーションから放
出する。


【直訳例】
人工衛星BIRDS-4のミッションの一つは、アクセスの難しい地域における地上
の観測所を通じて、データ収集ができることを示すことである。パラグアイで
は、科学者たちが、パラグアイでビンクーチャあるいはチンチェ(ナンキンム
シ)としても知られている昆虫、サシガメの存在を探知するためのセンサーを
設置した。ナンキンムシは、シャーガス病を引き起こす寄生虫の運搬者であ
る。


◇本日の課題(再掲)
Una de las misiones de los satelites BIRDS-4 es demostrar que se
pueden recopilar datos a traves de estaciones terrestres en regiones
de dificil acceso. En Paraguay, los cientificos instalaron sensores
para detectar la presencia de triatomino, un insecto tambien conocido
como vincucha o chinche en Paraguay, el cual es portador del parasito
que causa la enfermedad de Chagas.


【練り訳例】
人工衛星BIRDS-4のミッションの一つは、アクセスの難しい地域に設置された
地上観測所からデータを収集する能力を示すことにある。そのため科学者ら
は、サシガメの生息分布を調査するためのセンサーを全国各地に設置した。サ
シガメは、パラグアイではビンクーチャあるいはチンチェ(ナンキンムシ)と
しても知られる昆虫で、シャーガス病を引き起こす寄生虫を媒介する。


◆編集後記◆
ピーチです。
(以下、超長文な上に、スペイン語とも翻訳とも全く無関係な内容ですので、
お忙しい方や「無意味なことに時間を使いたくない」という方は、お読みい
ただかない方が良いです。jijiji)

これまでも何回も書いていますので、長年の読者の方は「またか」と思われる
と存じますが、わたしは物をよく落としたり失くしたりします。
近年一番失くしているのはエコバッグで、ここ1~2年で考えても、5つ
以上は失くしております(もはや、エコでもなんでもありません)。
あくまで「失くした」のがその数で、「落とした」数に至っては、その倍
以上に上ります・・つまり、2回に1回は、落としたものが戻って来ている、
という計算になりますね。
エコバッグの戻って来やすい落とし場所の第一位は「道」(あくまで自分
基準です)。
持ち手がついているせいか、見つけた人が、その辺の木の枝や、ガード
レールの出っ張ったポールの先に引っ掛けておいてくれることが多いの
です(なんていい人たちなんだ)。
落としたことに気づいて、絶望的な気持ちで来た道を探しに戻り、
諦めかけた時に見覚えのある色と形を遠くに認めると、まるで遭難して
真夜中の森をさまよっていたら向こうから「おーーい」と捜索隊の人たちが
懐中電灯を振り回して近づいて来てくれた時のような、安堵と多幸感で
いっぱいになります(遭難したことも捜索されたこともありませんが)。

そして、つい先日、わたしはまたしても失くし物をしました。
そのブツとは toallas de ban~o。
店で3枚買い、エコバッグに仕舞って自転車の後ろカゴに入れ、帰宅して
バッグを開けてみたら、なんと1枚しかないではありませんか。
どうやら、自転車で移動中、エコバッグから2枚がヒラヒラ(かどうかは
知りませんが)飛んで行ってしまったようなのです。
額に片手を当て、宙を仰いで「ケ・トンタ・ソイ・ジョ」と芝居みたいに
言ってみたところで、気は晴れず。
その時、
「自分にはエコバッグから得た教訓があるじゃないか!」
とひらめき、すぐさま帰って来た道を逆戻りしました。
お目当ては、道路そのものよりも、道沿いの木の枝やポールなどの突起物。
「この町の人たちはみんな親切だから、toalla だって引っ掛けておいて
くれているに違いない」
と期待しながら、道を何往復かしてみました。
・・が、どこにもない。念のため、通ってもいない道まで確認して
みましたが、影も形もありません。
はーー、毎回うまい事いく訳もないですわな。
人の善意に頼って、自分の失態をなかったことにしようという浅はかな
態度が良くなかった・・というか、そもそも落とすなよ自分、ボーッと
生きてんじゃないよ自分、いいかげん失敗から学べよ自分。
それはそうと、飛んで行った toallas は今頃どこでどうしているんでしょ?
「せめていい人の家で幸せにおなり」と思いましたが、ちょっと待ったー、
拾った新品の toallas をがめている(?)時点で、その人は「いい人」とは
言えないのでは?・・と自分で自分に突っ込んで、銷沈した気分を晴らそう
とするPでありました。
(ものをなくさない、落とさないための秘策があったら、どうか教えて
くださ~い!)

 

 

 

 

|